仕事の悩み

優秀なのに評価されない3つの理由と対処法

・結果と評価が見合ってない

・頑張っても評価されない

・評価されないことにモチベーションがさがる

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次の通りです。

  • 優秀なのに評価されない3つの理由
  • 優秀なのに評価されない人の特徴
  • 優秀なのに評価されないときの対処法
  • おすすめのアクションプラン

どれだけ仕事を頑張っても評価されない。

こういった悩みを放置していると最悪「仕事できない」レッテルをはられることになります。

なぜかというと、転職市場では「年収」と「役職」であなたの能力を判断するから。

年収が高い=優秀

こういった評価基準は悔しいですが、転職市場ではあるあるです。

転職市場で評価されないということは逃げ場がないということにもなります。

30過ぎて「年収が400万円を超えていない」「役職がない」こういった状況が起こる理由は会社の評価制度に問題がある場合があります。

また、業界の体質や文化に強く影響を受けます。

なぜかというと、利益率が低い業界では年収に限りがあるし、業界内の成長が低いと労働人口が増えずにポジションが新たに生まれないから。

「ありがとう」「君は優秀だね」そういった言葉も確かに評価かもですが、現実問題として「他人から見れば」あなたの能力は年収と役職でしか判断できません。

「一緒に働いてくれれば優秀さは伝わるはず」そう考えるかもですが。そもそも評価が低いと、働きたい人と働くことができません。

本記事では優秀な人が評価されない理由と対処法を解説します。

優秀なのに評価されない3つの理由

優秀なのに評価されない理由を解説します。

サラリーマンの年収には限界がある

サラリーマンの年収には限界があります。

なぜかというと、日本が美徳を重んじる文化だから。

「一生懸命会社のために尽くして頑張る」こういった美徳を強要するのが日本企業の特徴です。

クソくらえですよね。

頑張ったら頑張っただけ給料を上げてほしいに決まっています。

会社に2億円利益を出しても年収400万円。僕の話です。

とはいえ。部長や執行役員の年収が1000万円超えている企業であれば、まだマシです。

役職を狙って動けば評価が上がる可能性は高いですからね。

まずは、どういった評価をされれば「あなたは満足するのか」明確にしておきましょ。

年収は業界と職種で決まる

年収は業界と職種で決まります。

なぜかというと、1人あたりの生産性が高い業界でレアな職種じゃないと周囲と差がつかないから。

売上とコストの差が利益ですよね。

周囲のスキルとあなたのスキルの差がポジションを決めます。

ちなみにですが「営業部長」も職種です。

・希少価値の高いレアなスキル

・再現性が高いプロセス

・利益を最大化させるノウハウ

あなたが評価されない理由はどちらかです。

  • 年収に上限がある業界で働いている
  • 周囲と能力差がない

「どちらも満たしているけど評価が低いんだよね」って人は社内政治に問題があるかもです。

評価は社内政治で決まる

残念な事実として評価は社内政治で決まります。

なぜかというと、評価には感情が反映されるから。

悔しいですが、評価する人に嫌われたら、いつまでたっても評価されないのが現実。

でも、これってビジネスあるあるなんですよね。例えば株価は株主からの評価で決まります。株主の好みに合わせた発表をすれば株価は上がりますからね。

繰り返しですが評価は社内政治で決まります。

優秀なのに評価が低い人は社内政治が下手な傾向にあります。

優秀なのに評価されない人の特徴

優秀なのに評価されない人の特徴は次の3つです。

・社内政治が下手

・本当に優秀な人を知らない

・評価が低いポジションで働いている

嫌かもですが、評価されたいならゴマすりはある程度必要ですよ。

  • 上司をリスペクトする
  • 上司の好みに合わせた提案
  • 上司の役に立つ

みんな狙って動いてますよ。

自然体で評価される人は稀です。

また「本当に優秀な人を知らない」という「井の中の蛙状態」になっていないかも要注意です。

とはいえ。上には上がいるもの。

ジェフ・ベゾスを目指そうと思ってもなりたくて成れるものではありません。

重要なことは評価が高いポジションで働くことに尽きます。

転職したら年収が倍になった!こういった話を聞いたことはないですか?

能力は同じでもポジションが変わるだけで年収が変わるなんてよくある話。

優秀なのに評価が低い人はポジションと評価の相対関係を理解していない人が多いです。

業界然り、職業然り。

どういった評価を得たいのか明確であれば、業界選びと職業選びが大切ですよ。

優秀なのに評価されないときの対処法

優秀なのに評価されないときの対処法を解説します。

評価制度を確認する

まずは評価制度を確認するべし。

なぜかというと、どういった能力がどういった評価を受けるのか明記してあるから。

人事評価制度がない会社であれば上司に尋ねてもOK。

どうしたら部長になれますか?

まずは部長になりたい意思表示をしましょ。

「部長になりたい」と意思表示してレールを敷いてもらうのが早いです。

仮に望んでいる結果が今の会社で得られないと感じるのであれば転職サイトを見てみることをおすすめします。

なぜかというと、求人票にはどんな能力の人が年収いくらか明記してあるから。

足りない部分があれば勉強してスキルを増やすべし。

繰り返しですが、誰が誰にどんな評価をするのか把握しましょ。

評価しやすい結果とプロセス

評価しやすい結果を出すことは非常に重要です。

具体的に数字に落とし込めるとわかりやすいです。

・売上

・利益

・仕事量

またプロセスも大切でして。

たまたま売上が上がったのではなく「狙って動いた」ら結果が出たという状況が好ましいです。

年間目標と行動計画を上司に報告しておくと更に有効かと。

会社で言うところの事業計画を個人レベルで遂行しましょ。

評価しやすい目標設定と再現性の高いプロセスを用意しておけば仮に評価が低かったときに議論ができます。

「なぜこの評価なのか?」会社にぶつけてみましょう。

フィードバックをもらったら来季の目標を修正するか、納得いかない場合は諦めてそのまま働くか、転職です。

感情に訴える

実は非常に重要なん部分は「感情に訴える」ことだったりします。

・部長になりたいと懇願

・評価されたいと伝える

・モチベーションが高いことをアピール

あなたの心の中はあなたにしかわかりません。

相手に伝えることで見える化しましょ。

転職の年収交渉も然り。

思っているだけでは「意思がない」のと同じです。

・再現性の高いプロセスで成果を出す

・モチベーションの高さをアピール

・社長と仲良くなるために雑談を頑張る

戦略的に動かないと評価はされないですよ。

なぜかというと、給与は会社のコストだから。

アピールしない社員は給与カットの対象です。

悔しいかもですが「アピールすること」意識しましょ。

優秀なのに評価されないときのおすすめのアクションプラン

自分は優秀なはず。だって同期より売上作ってるし新しいジャンルも開拓した。なのに、なぜ自分の評価はこんなに低いんだ。。。

こういった悩みを抱え続けると最悪「鬱」になりかねません。

仕事の悩みって本当に辛いですよね。

とはいえ。1つだけ肝に銘じてほしいことは会社の評価=あなたの能力ではないという事実です。

異業種混合の社外研修で「キレキレですね」と周囲から評価され「会社じゃいつまでたっても雑魚あつかいですよ」と打ち合わけたら驚かれたのは僕です。

転職市場を見てください。

あなたの能力を高く評価してくれる企業は山程ありますよ。

キャリアアップの1つとして転職という手段があることも忘れないでくださいね。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントがおすすめですが。

とりあえず選択肢を見てみてみたいだけなら業界No.2のdodaがおすすめです。

あなたの市場価値を確かめるには転職エージェントに尋ねるのが一番早いです。

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してきてくれるので利用しない理由がないんですよね。

転職するor転職しないはあとから考えれば問題ありません。

>>無料でリクルートエージェントに相談する

>>無料でdodaに相談する

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら