仕事の悩み

仕事やることないの自分だけ。理由と対処法3選

・仕事やることないんだが

・新人なのに社内ニートかもしれん

・対処法が知りたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事やることないの自分だけ【理由3選 】
  • 仕事やることないの自分だけ【対処法3選 】
  • 仕事やることない状況が辛い人におすすめの職業

新人なのに社内ニート。つらすぎますよね。過去の僕もそうでした。

新卒入社で3ヶ月放置され続け、気が狂いそうになったのをよく覚えています。

その後、営業職デビューしたものの毎月残業100時間のパワハラ地獄をくらってしまい。

2年でギブアップしました。

今思うと洗脳するための準備期間が3ヶ月の放置だったのかもしれません。

僕の経験からも仕事やることない状況を作る会社はヤバいです。

何もせずにただ座っているだけでお金がもらえるなんて「楽だ」という人も居ますが。

実は「仕事を過小に与える=仕事を与えない」ことはパワハラです。

過小な要求が続くと気が狂ってしまいますよね。もっとやれるのに、と。

「もっと活躍したい」「活き活きと働きたい」という向上心の強いあなたなら、転職を検討してもいいかもしれません。

本気で転職したいなら業界No.1のリクルートエージェントがおすすめ。

無料で「プロ」がサポートしてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>無料でリクルートエージェントに相談する(公式サイトはこちら)

リクルート公式サイトはこちら

本記事では仕事でやることがない理由と対処法を解説します。

仕事やることないの自分だけ【理由3選 】

なぜ自分を雇ったんだ?不思議ですよね。

やることないのに人を増やすなんて頭おかしいですよ。

「あなただけ」が仕事やることない理由を解説します。

洗脳準備期間

あなたが新人であれば洗脳準備期間です。

なぜかというと、アメとムチの「甘い部分」を強制的に作り出しているから。

これから厳しいムチが待っていると思います。

洗脳準備期間の相場は3~半年です。

1年以上「やることない」状態が続くようであれば本当に仕事がないのかもしれません。

本当に仕事がない

本当に仕事とがない場合もあります。

謎ですよね。

なぜ自分を雇ったんだ…。気が狂いますよね。

暇な状況って本当に辛いです。

1年以上暇な状況が続くようであれば転職を検討してもいいレベルです。

とはいえ。転職面接では「前職の経験」が必ず聞かれます。

仕事を作り出すという能力を身につけるのはありです。

重大な責任が伴う仕事が多い

逆に重大な責任が伴う仕事が多いと社内ニートが生まれる可能性があります。

なぜかというと、会社の業績を左右するから。

間違えると会社に大きなダメージが残るので信頼できる役職者以外に任せられないという場合ですね。

仕事任せてもらえない→いつまでも仕事できない

まさに悪循環です。

僕は新卒でBtoBの営業マンをしていたのですが。新人のときは売上0円の凍結取引先ばかりを担当させられました。悔しかったのを覚えています。

ステップアップして徐々に重要な案件を任せてもらえるかもですが、自分から知識と経験を無理やり身につけないといけない状況は辛く苦しいですよね。

「なかなかステップアップできない」「転職組なのに放置」こういう状況だとかなり辛いかと。

仕事やることないの自分だけ【対処法3選 】

仕事やることない時の対処法を解説します。

人の仕事を助ける

人の仕事を手伝いましょ。

なぜかというと、仕事を覚えられるから。

とはいえ。注意点が3つあります。

・仕事を振る側も疲れる

・手伝いには限界がある

・チームワークであることが前提

そもそも振るほどの仕事量を抱えていて誰でもできる作業や調査を与えてくれる先輩がいるのかが大切です。

教育担当でもない限り内心「めんどくせぇな」と思われています。

手伝いには限界がありますからね。

営業マンなど個人プレー中心の職業は仕事を振りにくいのも事実でして。

新人教育に大して不真面目な会社は多いです。

あなたを雇った理由が謎ですよね。

自分で仕事を作る

自分で仕事をつくりましょ。

・書類整理

・新商品企画

・新規取引アタックリスト

何でもOKですよ。

会社の課題を探して解決する経験を持っていると転職でも強いです。

仕事を作る能力を磨いておけば、どこにいっても通用します。

会社に提案できる人は市場価値が高いです。

提案が通らないときはプレゼンの仕方を工夫しましょ。

「何もしなくていいから座っといて」などと言われた場合はパワハラですよ。

状況を受け入れて諦めましょ。

状況を受け入れる

状況を受け入れましょ。

なぜかというと、疑問が明確になるから。

・雇った理由を尋ねる

・自分に期待することを上司に尋ねる

・1年後の自分に期待することを上司に尋ねる

答えに納得いかないない場合は会社のことを「ただ座ってるだけでお金がもらえる装置」くらいに捉えましょ。

確かに何もすることがないと辛いですが。

座ってるだけでお金がもらえるので開き直りましょ。

とはいえ。悔しいですよね。

普通の人は1年持たないと思います。

僕は会社から放置されて3ヶ月で気が狂いそうになりました。

仮に社内ニートが1年以上続いているなら転職はありです。

仕事やることない状況が辛い人におすすめの職業

仕事やることなくて辛いんだが…。

上記のように感じている人におすすめの職業を解説します。

営業職

営業職は売上を作るのが仕事です。

そのプロセスは割と自由なところが多いです。

自分で工夫して売上を増やす。

僕も過去に営業を経験していますが、結構楽しいので好きです。

ビジネストークも磨かれますし、ビジネスの基本の流れが体に染み付くのでビジネスマンとしてのレベルは確実に上がります。

暇な時間も忙しい時間も自分でコントロールできるのでおすすめの職業ですね。

マーケティング

マーケティングは頭を使います。

最近はWEBに特化したWEBマーケーターという職業も増えています。

基本は調査と仮説検証。

頭を使ってPDCAを回すのが基本なので暇な時間は少ないかと。

デスクトップ調査なんか誰でもできますし「新人にやらせる仕事がない」なんてことは、まずありえません。

調査系は無限に作業できるので暇な時間のコントロールも融通がききます。

コンサル

コンサルは忙しい職業の代表ですよね。

最近だとWEBコンサル/ITコンサル/ECコンサル/SNSコンサルなどジャンルに特化した会社も多いため転職先は山程あります。

「WEBを活用したいけど、どうやっていいかわからない」という会社は多いです。

仕事は無限にとってこれるのでおすすめですね。

チームで仕事することも多いため「自分だけやることがない」という状況は限りなく少ないです。

とはいえ。経営戦略に関わるコンサルは超忙しく体育会系で、そもそも狭き門なのでおすすめはしません。

繰り返しですがWEBコンサルなどニッチジャンルに特化した会社をおすすめします。

WEB業界はこれから確実に伸びるので早めに業界に入り込んでおくのはありです。

「仕事やることないの自分だけ」という人におすすめのアクションプラン

まずは状況を受け入れましょ。

その上で仕事を作り出す能力を磨くことをおすすめします。

課題を発見して解決する能力はどこにいっても通用しますからね。

とはいえ。自分から動かないと仕事がない状況というのは辛いもの。

やることない状況を作っている会社にいると「あなたの市場価値」は下がり続ける可能性もあります。

なぜかというと、経験値が増えないから。

最悪、転職という手段があることも忘れないでくださいね。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントがおすすめ。

担当エージェントは優秀なビジネスマンが多いので内定の確度は確実に上がります。

無料で「プロ」がサポートしてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>無料でリクルートエージェントに相談する(公式サイトはこちら)

リクルート公式サイトへ

とりあえず求人を見たいだけなら業界No.2のdodaがおすすめ。

求人の質が高く担当が物腰柔らかいので転職を急かされることはありません。

転職するor転職しないはあとから考えればいいですよ。

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>無料でdodaに相談する(公式サイトはこちら)

doda公式サイトへ

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら