仕事を辞める

ベテランが辞める会社が迎える3つの未来【みんな辞めていく】

・ベテランが次々辞めていく

・シンプルに将来が不安

・このままこの会社にいてもいいのか悩む

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • ベテランが辞める会社が迎える3つの未来
  • ベテランが会社を辞める理由

このままこの会社にいてもいいのか。。。こういった気持ちで働いているとストレスは増え続ける一方です。

ベテランが次々やめていくと本当に不安になりますよね。

やはり。ベテランがやめていくのは、それなりの理由があるもの。

・上層部とうまく行かない

・給料が低い

・自由も裁量権もなくトップダウン

ベテランの姿はあなたの未来の姿でもあります。

そりゃ不安にもなりますよね。

結論、逃げ道を確保しておきましょ。

いま、あなたにはどんな選択肢があるのか、求人情報を見ておくべし。

いざという場合の逃げ道を確認しておくだけでも気持ちは楽になるものですからね。

転職エージェントは登録だけでも大丈夫ですよ…!

とりあえず選択肢が見てみたいのであれば、業界No.2のdodaがおすすめ。

担当が物腰柔らかい人ばかりなので急かされることはありません。

もちろん、求人の質は高いです。

>>無料でdodaに相談する(公式サイトはこちら)

doda公式サイトはこちら

本気で転職したいのであれば業界No1のリクルートエージェントがおすすめ。

求人数が圧倒的で、エージェントの質も高いです。

もちろん。求人紹介をされたからといって転職活動を始める必要はありません。

無料でプロが相談にのってくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>無料でリクルートエージェントに相談する(公式サイトはこちら)

リクルート公式サイトはこちら

本記事ではベテランが次々辞める会社に残るべきか、経験をもとに解説します。

ベテランが辞める会社が迎える3つの未来

ベテランが辞める会社が迎える3つの未来

ベテランが辞める会社が迎える3つの未来を解説します。

僕が働く会社は年商100億のIT企業。

2019年に中堅社員がごそっと辞めたのですが、まぁ大変でした。

詳しく解説します。

残された従業員の負担が増える

ベテランが次々辞めていくと、残された従業員の負担は増えます。

仕事量も増えますし、責任も増えます。

とはいえ。給料は変わらない、という場合が多いです。

単純に負担が増えて給料は変わらないという厳しい現実が待っています。

意味不明な改革が始まる

意味不明な改革が始まる

ベテラン社員が次々辞めてくと会社は意味不明な改革を始めます。

・モチベーション管理

・オートメーション化

・仕事の見える化

これらがクリティカルに問題を解決すればいいのですが「お金の無駄」になる場合もあります。

なぜかというと、人が会社を辞める理由は小さなキッカケだったりするからです。

・上司が矛盾している

・会社の判断に納得できない

・仕事に飽きた

上記のように感じる瞬間は、ちょっとしたことだったりしますよね。逆もしかり。

意味不明な改革を始めるよりも、そのお金を使って給料を上げるほうが効果的な場合もあります。

そうして生まれた違和感がキッカケで「また人が辞めていく」という負の連鎖が始まります。

会社の雰囲気が悪くなる

会社の雰囲気が悪くなる

ちょっと感情的な話ですけど。

間違いなく会社の雰囲気は悪くなります。

辞めてほしくない人が辞めていくわけですから当然ですよね。

・社外から責任者が転職してくる

・残されたベテランが調子に乗る

・問題児ばかりの集団になる

「明るくてアットホームな雰囲気だったのに、ドライで殺伐とした社内に様変わりした」なんてことは全然あります。

いってしまうと、僕たちは人間です。感情で生きてます。

「ベテランが次々辞めていくなんて上層部に問題があるはず」と、疑うのも自然なことです。

負の感情が社内に漂うことは間違いありません。

「時間が経てば解決できる」ともいいにくいのは事実でして。

社内の雰囲気は社長しだいだったりしますからね。

ベテランが仕事を辞める理由

ベテランが仕事を辞める理由

ベテランが会社を辞める理由は会社の環境や将来性ではなく、自分の未来を考えた結果です。

残念な事実として会社に尽くす時代は終了しました。

どの会社もいつ倒産するかわからにうえに、いざというときに会社は個人を守ってくれません。

勤続年数が長いから有利とかではなく、いまは個人のスキルや能力で評価されます。

出世した結果、仕事が楽しくなくなった人もいるかもですが、そこに学びがあれば辞めませんからね。

なので、会社の将来性ではなく、自分の未来を想像した結果、転職を決断するベテランが多いだけです。

詳しくは辞めてほしくない人が辞める理由と対処法という記事でも解説しています。ご一読を…!

会社を辞めるべきか悩む人へ

会社を辞める判断基準

会社を辞める判断基準は働いていて楽しいかどうかどうかです。

働いていて楽しいなら何も問題ないですよね。

仕事は1日の半分以上の時間を使います。

仕事が楽しくないのにプライベートで心から笑うのは難しいですよね。

繰り返しになりますが、楽しく働けているかは転職を考える際の重要な判断基準です。

不安なひと
不安なひと
仕事なんてどれも大変だし、楽しく働けるなんてありえない…。

 

アドバイザー
アドバイザー
仕事をしていたら嫌なこともあるかもですが、それを上回るほどの喜びを感じない仕事はクソです…!

 働いていて楽しくなくても、学びがあるなら頑張るべき。

スキルアップできれば、あなたの市場価値はあがりますからね。

あなたは思考停止している

あなたは思考停止している

ベテランが次々辞めていくことに対して不安な気持ちになるのは思考停止しています。

なぜかというと、判断を他人にゆだねている証拠だから。

不安なひと
不安なひと
6年も努めた会社をやめるなんて、よっぽどのひどい目にあったんだな。この会社には将来性がないかもしれない…。

それはあなたの想像ですよね?

本当の辞める理由は「マネージャーとしての実力を認めてもらえて高待遇のスカウトが来たから」かもしれません。

会社を辞めるときにネガティブな感情はあるかもですが、ベテランが次々辞めていくからやばい会社というのは軽率かと。

会社の利用価値はあなた次第です。

とはいえ。まともな人から会社を辞めていくと不安になりますよね。

ベテランが辞めたあとはしばらく様子を見るのが吉です。

ベテランが辞めたあとは様子を見るのが吉

ベテランが辞めたあとは様子を見るのが吉

ベテランが辞めた後はとりあえず様子見がいいと思います。

なぜかというと、辞める人とあなたの価値観が完全一致することはないから。

ベテランが仕事に納得行かずに辞めたとしても、同じ仕事をあなたは違和感なくこなせるかもしれません。

一時的に仕事が増えたとしても、あなたのスキルも増えるなら一生懸命がんばるべきです。

辞めたベテランのポジションだから得られるスキルがあるかもしれませんよね?

スキルをしっかり磨いてから、転職を検討しましょう…!

あなたのために会社を利用する

あなたのために会社を利用する

いまは会社のために仕事をする時代ではありません。

なぜなら、どの会社もいつ倒産するか、わからないから。

会社のために尽くすことで得られるものがあるのであれば一生懸命働くべき。学びがないなら、辞めるべきです。

基準は「あなたのためになるか」です。

ベテランが会社を辞め理由は「楽しくない」うえに「自分のためにならない」からですよね。

繰り返しですが、あなたのメリットを考えるべし。

ベテランが辞める会社の特徴

ベテランが辞める会社の特徴

ベテランが辞める会社の特徴は、働いていて楽しくないうえに学びがないことです。

ベテランに役職を与えることもできず、役職についたとしても学びがなければ働く意味がありません。

学びがある = 個人の市場価値があがること。

いまは完全に個人の時代です。

個人の価値観は日に日に多様化しています。

  • 楽しくなければ辞める
  • 学びがなければ辞める

会社の将来性ではなく、あなたの未来をしっかり想像して決断しましょう。

今回は以上です。

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら