仕事を辞める

嫌な仕事はしない【なんなら辞めてもいい】

辞めたいひと
辞めたいひと
最近仕事が楽しくない…嫌な仕事はしたくないです。わがままですかね?このまま続けるべきか悩みます。

アドバイザー
アドバイザー
嫌な仕事は辞めてもOKです。 でも、辞めた後のことは考えておいたほうがいいかと。

本記事の内容は次の通りです。

  1. 嫌な仕事はしないでOK
  2. 仕事の時間全てが嫌なら即辞める
  3. 仕事が嫌だと私生活にも影響が出る
  4. 退職理由がネガティブでも転職は不利じゃない
  5. 転職は辞めた後のことを考える
  6. おすすめの業界はIT系

僕が初めて転職したときは仕事が嫌で辞めました。

結果としては転職してよかったと思っています。

なぜかというと、残業なしの上場企業に就職できたし、今の仕事が純粋に楽しいから。

仕事が嫌すぎて辞めたい人はとりあえずやめたあとの未来を想像したほうがいいかもです。

リクルートエージェントから求人を紹介してもらって具体的な選択肢を見てみると将来についてイメージしやすくなるのでおすすめ。

無料で利用できますし、実際の求人を見てみるとキャリアプランが描きやすいです。

本記事では嫌な仕事はしないでもOKな理由を経験にもとづいて解説します。

嫌な仕事はしないでOK

嫌な仕事はしないでOK

仕事をしていて嫌な気持ちになっているなら辞めてもOKです。

なぜかというと、仕事は無限にあるから。

  • WEBマーケター
  • WEBライター
  • プログラマー
  • 営業
  • 企画
  • 開発

世の中には仕事が溢れています。

あなたが気づいていないだけで、楽しく働ける業界や会社は必ず見つかりますよ。

とはいえ。すこしでも心に余裕があるのであれば、転職という手段は軽率かもです。

詳しくはあほらしくてやってられない!という記事でも解説しています。ご一読ください…!

仕事の時間全てが嫌なら即辞める

仕事の時間全てが嫌なら即辞める

仕事の時間すべてが嫌なら即退職してOKです…!

なぜなら、つらいだけだから。

仕事は人生の3分の1も時間を使います。

時間 = 人生 = 命

嫌で仕方ないことに寿命を削って差し出すなんて馬鹿らしいです。

あなたの仕事が誰かのためにすごく役立つことでも、あなたが幸せじゃないなら意味ないですよね。

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

未来を想像しよう

未来を想像しよう

辞めたいひと
辞めたいひと
とはいえ。石の上にも3年と言うし…。

上司は未来のあなたの姿です。

上司が持っているスキルや能力をあなたも身に着けたいなら耐えるべき、そうじゃないなら辞めるべきです。

我慢には2種類あります。

  1. 給料が低いから生活費をさげる
  2. プログラマーになりたいから勉強を頑張る

後者のほうが圧倒的にいい未来が待っていますよね。

繰り返しになりますが、あなたの我慢がどんな未来をもたらすのか想像するべし。

とはいえ。いまの仕事を頑張りたいけど、頑張れないという人もいると思います。

詳しくは仕事を頑張る方法という記事でも解説しています。ご一読を…!

仕事が嫌だと私生活にも影響が出る

仕事が嫌だと私生活にも影響が出る

仕事は私生活にも影響します。

なぜかというと、仕事を辞めるか悩む時間はプライベートな時間だから。

仕事中も悩んでいるかもですが、プライベートの時間でもついつい考えてしまうもの。

僕は仕事がうまくいかず、当時の彼女に八つ当たりして喧嘩別れしてしまった経験があります。

仕事が嫌だとすべてが狂いますよ。

わりと真実だと思うのですが、あなたが不幸だと周りも不幸になります。

退職理由がネガティブでも転職は不利じゃない

退職理由がネガティブでも転職は不利じゃない

仕事が嫌で転職活動しても不利ではありません。

なぜかというと、あなたは自分の弱点に気がついている状態だから。

どういう状況だと退職したいと考えるのかわかっているので、適切な仕事選びをすることができます。

あなたが嫌だと思う環境を避ければいいだけですね。

辞めたいひと
辞めたいひと
そうは言うけど、仕事をやめた理由がネガティブだと評価が下がって転職先から内定が出ないのでは?
退職理由がネガティブだと転職先でも同じことになると判断されて内定がでにくいとか聞きますが…。

そういう判断をする会社は逆に断るべき。

なぜかというと、相手も前の会社と同じことをすると宣言しているようなものだから。

繰り替えしになりますが、ネガティブな理由で退職しても転職活動では不利じゃないです。

ゴールから逆算する

ゴールから逆算する

転職のメリットはキャリアアップです。

足りないスキルや能力はこれから身につければOK。

実現したい未来 – 現実 = やるべきこと

まずは未来を想像しましょう。

一時的に年収が下がったり辛い環境に行くこともあるかもしれません。

でも、あなたの実現したい未来のためなら頑張れますよね。

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

転職は辞めた後のことを考える

転職は辞めた後のことを考える

転職前は辞めたあとのことを想像しましょう。

なぜかというと、1つの会社に尽くす時代は終わったから。

これからは個人の時代です。

個人スキルや能力を生かしてステップアップするのが当たりまえになります。

どの業界もIT技術の影響で市場の変化が激しくなっています。

なので、あなたも会社も変化し続けなければ生き残れません。

楽しくて学びがある会社なら在籍し続けてもいいかもですが、前提としていつでも外の世界に飛び出せる準備をしておくべきです。

何ができるかよりも何がしたいか

何ができるかよりも何がしたいか

辞めたいひと
辞めたいひと
やめる前提で転職活動したらどこからも採用されないのでは…?

実は何ができるかよりも何がしたいかが重要だったります。

なぜなら情熱は結果を左右するから。

現実問題としてあなたは仕事に対して嫌な気持ちになっているはずです。

仕事中に100%のパフォーマンスを発揮できていますか?

嫌なことにはなかなか集中できませんよね。

没入して取り組むために情熱は必須です。

あいてに情熱を伝える方法

実現したい未来があるなら個人でも行動するべきです。

たとえば副業でもいから、とりあえずやってみるとかですね。

何がしたいかが決まらなければやらないことを決めましょう。

それ以外は全部やるくらいの姿勢でOK。

これからの時代は多動がポイントです。

一本槍みたいな技術も大切ですが、多角的に判断してに視座を上げることであなたの価値はどんどん上がりますよ。

一度決めたことは変えてもいい

一度決めたことは変えてもいい

あなたの実現したい未来は何回変化してもOK。

なぜなら、時代が変化し続けるからです。

しかも、時代の変化は加速し続けています。

いろいろ経験していくなかで、当初とは違う未来に方向転換することは自然なこと。

これからはフットワークの軽さ「とりあえずやってみる」みたいな姿勢が評価されます。

ポイントは多動ですね。

おすすめの業界はIT系

おすすめの業界はIT系

IT系はこれからどんどん伸びる業界です。

会社もたくさんあります。

ITといっても職種は様々なので、初心者でも就職は可能。

また市場の変化が激しいのでトレンドに乗ることが重要でして。

初心者にもチャンスはあります。

転職サイトに登録すると未来が見えてくる

転職サイトに登録すると未来が見えてくる

まずはどんな仕事があるのかリクナビNEXTに登録してみましょう。

あなたの未来を具体的に想像しやするくなるのでおすすめです…!

転職サイトに登録したら、必ず転職しなければいけないわけではありません。

とりあえず登録してから将来について考えればOKですよ。

本気で転職したいなら転職エージェントを使います。

相談相手がいるとあなたの未来を描きやすくなりますからね。

転職エージェントは上記大手3サイトに登録しておけばまず間違いありません。無料ですし、転職する気がなくても利用可能なのでおすすめです。

以上、嫌な仕事はしない|辞めていい理由5つ【‌辞める前提で転職する】という話でした!

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。