仕事を辞める

次の仕事決まってないけど辞める【メリットなんてない】

  • 今の職場に耐えられない
  • 転職先が決まっていない状態で退職する時のメリットとデメリットが知りたい
  • 次の仕事を決めずに転職したひとの体験談を聞きたい

次の仕事が決まっていないのに会社を辞めるのは危険です。

転職サイトと転職エージェトには今すぐ登録するべし。

なぜかというと、未来が想像しやすくなるから。

逆に、退職してから転職サイトに登録する意味ってなんですか?

僕も転職先を決めずに会社を2回辞めています。 結論を言うとお金がないので実家に帰ったし、妥協で転職しました。

スムーズに転職するための条件は次の通りです。

  • 求人が充実している時期か
  • あなたに需要(ニーズ)はあるか
  • 未来(10分後、10ヶ月後、10年後)を想像できているか

本記事では実体験をもとに次の仕事が決まってなけど辞めるメリットとデメリットを解説します。

※この記事を読み進める前に…

仕事がつらいなら環境をリセットするのはありです。働きやすさは環境に依存しますからね。

確かに転職は面倒ですし、万人におすすめできる手段ではありません。僕が転職した理由は現状と選択肢を比較して「いまよりよくなる」と思えたからです。

転職エージェントに相談することで現実問題どんな選択肢があるのかを知ることができます。無料でプロに相談できるので利用しない理由はないんですよね。

無料相談で選択肢を確認することから始めるべし。転職するor転職しないは、あとから考えればいいですよ。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートに相談する

※登録後もお金は一切かかりません。

【メリットなんてねーよ】次の仕事決まってなけど会社を辞めたい

【メリットなんてねーよ】次の仕事決まってなけど会社を辞めたい

次の仕事を決めずに会社を辞めることにメリットはありません。

なぜかというと、選択肢が極端に減るから。

  • もし転職先が5ヶ月以上決まらなかったらどうしますか?
  • 希望の企業や業界からオファーがなかったらどうしますか?
  • スキルや能力が不足していたとしてどこで経験を積みますか?

一般的に言われている転職先を決めずに辞めるメリットは次のとおりです。

・転職活動に集中できる

・時間があるので自己分析・企業分析・面接対策はバッチリ

・仕事をしていないので体力が充実

・平日の面接も余裕で行ける

・退路を立つことで真剣に転職活動に取り組める

これくらい、在職中にできませんかね?

時間がない…ただの言い訳ですよ。

採用側のメリットを考える

転職は需要と供給です。

採用側の気持ちを考えてみてください。

「時間がないので新しい案件は取り組めません…」そんな人、一緒に働きたいですかね?

あなたが次の仕事を決めずに転職活動をしていることに採用側のメリットはありません。

関連記事 >> 「志望動機なんてねーよ!」←余裕で解決できます。

とりあえず仕事辞めるで正解なひとの4の特徴

とりあえず仕事辞めるで正解なひとの4の特徴は次のとおりです。

  • 冷静な判断ができない精神状態
  • 実家に頼れる
  • 20代である
  • 転職場所にこだわりがない

とにかく精神的にヤバい人で、仕事しなくても生活ができて、多少ブランクがあっても市場価値がある若い人なら、次の仕事が決まってないけど辞めるのはあり。

詳しくはとりあえず仕事辞めるで正解なひとの4つの特徴【辞めた後の未来】という記事で解説しています。

※すぐにでも辞めたい人は…

実は転職者のほとんどは在職中に転職活動をしています。なぜかというと、辞めたあとの生活が不安定になるから。

次の仕事が決まってないのに退職するのはリスクが高いです。

すぐにでも仕事を辞めたいのであれば転職のプロに相談するべし。

・全員におすすめ

『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的で幅広い職種に対応。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・20代におすすめ

『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・30代におすすめ

『doda』

特徴:サポート・求人の質が高い。高収入案件も豊富。リクルートについで業界No.2。

公式サイト:https://doda.jp/

※どこに登録するか迷ったら業界No.1のリクルートエージェントで間違いありません。

リクルート公式サイトはこちら

次の仕事決まっていないけど辞めるデメリット

次の仕事決まっていないけど辞めるデメリット

デメリットはつぎの通りです。

  • あなたの市場価値は下がる
  • 計画性のなさが露呈する
  • 金銭的に不安
  • 焦って妥協する

詳しく解説します。

あなたの市場価値は下がる

次を決めずに辞めるあなたの市場価値は下がります。

なぜかというと、買い手が決まっていない商品は値切られるから。

営業マンA:この商品売れ残っちゃって…在庫が余ってるんですよ。なんとか購入いただけませんか?

B社:まとめて買うから半額にして!

有形商材のBtoB営業だとよくある商談です。

冷静に考えてください。

あなたの選択肢は転職する1択ですよね。

人によってはフリーランスになったり自分で事業を始めたりするかもですが、そんな人は転職先が決まっていな状態での退職に悩まないなず。

あなたが何かのスペシャリストであっても能力を活かす場所がなければ価値はありません。

行き場がない商品の値段(あなたの年収)はさがります。

計画性のなさが露呈する

計画性のなさが露呈する

次何するか決まってないけど、とりあえず退職しました…!

明らかに計画性がないですよね。

なぜかというと、未来を描けていない状態だから。

計画性がない人は再現性が低い(狙った結果が出せない)と判断されても仕方ありません。

転職活動は自分を売り込む営業活動です。

どうすれば自分を高く見せることができるかを冷静に考えてください。

「年収が下がるなら転職しない」というカードをわざわざ捨てる必要ありますか?

現職は交渉で使えるカードになりませんか?

金銭的に不安

金銭的な不安は焦りを生み、冷静な判断を奪います。

サラリーマンのメリットは毎月決まった金額が振り込まれることです。

毎月の振り込みがなくなる不安は計り知れません。

お金に対するストレスがあると睡眠不足になるというデータもあるくらいです。

焦って妥協する

無職の状態で内定をもらうと「ここでいいか」という気持ちにもなるかもです。

つまり自分で自分を安売りし始めるということです。

転職活動が長引いているため「焦って妥協する」というパターンは最悪です。

なぜかというと、同じことを繰り返すかも知れないから。

長時間労働が嫌で退職しても、今度はパワハラが待っているかもです。

環境によって得られるスキルや能力はかわります。

現状の問題を解決できなばかりか、将来に起こる問題が増えます。

転職活動で大事な3つのポイント

転職活動で大事な3つのポイント

転職活動で大事な3つのポイントは次の通りです。

  • 求人が充実している時期か
  • あなたに需要(ニーズ)はあるか
  • 未来(10分後、10ヶ月後、10年後)を想像できているか

詳しく解説します。

関連記事 >> ネガティブな転職理由をポジティブに変える【退職の本音と建前】

求人が充実している時期か

1年中同じ求人をだしている企業はありません。

なぜかというと、コストがかかるから。

求人は2~3ヶ月で決めるのが一般的です。

あなたが仕事をやめたタイミングでたまたま募集をかけている企業だけに応募する。

こんなリスク高いことありますか?

転職情報は常にキャッチアップして、希望の企業を粘り強く見つけたほうが後悔は少ないです。

あなたに需要(ニーズ)はあるか

あなたに需要(ニーズ)はあるか

企業の需要(ニーズ)をあなたの供給(能力・スキル・体験)で満たさないと転職は成立しません。

なぜかというと、あなたを採用したあとの明るい未来に企業は期待しているから。

「転職で管理職になりたいなら今の会社で管理職になってから」が一番スムーズです。

なぜかというと、経験したことない業務を任せるのはリスクが高いから。

採用側が望む結果を出せる根拠をあなたが明確に示す必要があります。

実力に見合っていない年収には気をつける

実力に見合っていない年収のオファーが来たら気をつけるべきです。

なぜかというと、転職後に失敗する可能性が高いから。

明らかに実現できない成果を求められた場合はあなたが無理やりレベルアップする以外方法がありません。

  • 長時間労働
  • 意味不明な研修ラッシュ
  • 圧力
  • 過度な期待

耐えられるのであれば「頑張れ」としか言いようがありません。

ただ、人によっては「精神崩壊」するかもです。

未来(10分後、10ヶ月後、10年後)を想像できているか

未来(10分後、10ヶ月後、10年後)を想像できているか

決断(退職・転職)をした10分後、10ヶ月後、10年後を想像できていますか?

転職先が決まってないけど退職を決めた。

・10分後

→ 清々しい気持ちでストレスが減った

・10ヶ月後

→ 転職先が決まらず精神的に病む。実家に帰るが、両親からのプレッシャーが半端ない。

・10年後

→ 転職活動は大変だったが前職では身につかないスキルや能力が身についたし、新しい環境で充実した生活を送れている。

ポイントは具体的に想像することです。

それでも退職したいのであればご自由にどうぞ。

あなたは仕事を選べるほどの価値があるのか?

【メリットなんてねーよ】次の仕事決まってないけど辞めるまとめ

最後に決断するのはあなたです。

自由に決めたらいい。

でも、僕みたいなチキンハートな人は仕事が決まっていないのに辞めることはおすすめできません。

仕事、選べるほど能力高いですか?

あなたが仕事をしているか、していないか、採用側のメリットは一切ありませんよ。

むしろ採用側としては計画性がない人に内定を出すほうがデメリットです。

ご自身の状況をしっかり考えて、決断してくださいね。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら