おすすめの転職サイト

年収300万円以下におすすめの転職サイト・エージェント【年収300万円から脱出する方法3選】

・年収が300万円以下で絶望

・年収を上げたいが今の職場では限界

・転職して年収を上げたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 年収300万円以下におすすめの転職サイト
  • 年収300万円以下におすすめの転職エージェント
  • 年収300万円から脱出する方法3選

年収300万円から脱出するには業界と職種選びが重要。

単純に業界を変えるだけでも年収は変わります。過去の僕もそうでした。

業界は変えずに、製造業からネット通販会社に転職しただけで、僕は過去に年収を100万円上げています。

「そんな仕事に就けるわけがない…」そうやって諦める前に僕がおすすめする転職エージェントに登録してみてください。宝くじは買わないと当たりません。

転職サイトは情報を集める時に使います。

なぜかというと、年収に対して求められる能力が明記してあるから。

年収を上げたいなら転職エージェントを使います。

なぜかというと、内定の確度が上がるから。年収交渉も代行してくれます。

転職サイトで年収と能力の関係を整理して業界/職種を決める。エージェント経由で応募し、年収交渉をするといった流れがベスト。

本記事では転職で300万円から400万円に年収を上げた僕がおすすめする、転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

早速いってみましょう…!

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトはあなたが自分で求人を選んで応募するサービスです。

企業とのやり取りは全て自己管理となります。

転職エージェントはあなたと企業の間に立って転職活動を手助けしてくれるサービスです。

エージェントから紹介される求人へ応募します。

転職サイトで選んだ求人でもエージェントを経由すると面接までたどり着く確度があがる場合もあるため、どちらも併用しましょう。

転職サイトとは

転職サイトは好きな求人を自分で選んで、応募から面接まで進めていくサービスです。

マイナビ転職やリクナビネクストなどが転職サイトに該当します。

転職サイトを使うメリットは「自分で好きな求人を探せること」。

あなたのペースで転職活動を行うことができます。

デメリットは転職サイトからの応募に対して、企業側が学歴や転職回数などのフィルターを設定しているケースがあること。

書類先行の通過率をあげるために転職サイトで見つけた求人でも転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントとは

転職エージェントはキャリアコンサルタントやアドバイザーがあなたにあった求人を紹介してくれるサービスです。

マイナビエージェントやリクルートエージェントが転職エージェントに該当します。

おすすめの求人紹介や応募書類の準備、面接対策、推薦や入社までのフォローをしてくれるため、効率的に転職活動ができます。

転職全般の相談もできるため、転職に不安を感じているのであれば是非活用してください。

個人的には転職活動の練習場所としても使っています。

紹介される求人の質で自分の市場価値が推測できるため、職務経歴書やキャリアの見直しへフィードバックします。

エージェントは企業とも良好な関係性を作っている場合が多く、書類選考の通過率もあがりますし、オファー年収も上がりやすい傾向にあります。

最もおすすめな転職サイト

最もおすすめの転職サイトをご紹介します。

転職サイトは情報収取に使うことが多いため、2~5社くらい登録すれば十分だと考えています。

メインの2社を使いつつ、あなたの状況に合わせて補足していくイメージです。

doda

doda

おすすめ度:

転職サイトのdodaは求人の量と質ともに満足度の高いサイトです。

第二新卒からミドルクラスまで幅広く求人を取り扱っているため、全世代におすすめしています。

転職活動やキャリアの軸を決める段階で非常に有効。

転職エージェントdodaと連携できるため便利です。

>>doda公式サイトへいく

マイナビ転職

マイナビ転職

おすすめ度:

マイナビ転職は未経験でも応募できる求人が多く、社歴が浅いひとでも役立ちます。

他社の転職サイトには掲載されていない穴場の求人があります。

地方や地元に強い印象です。

僕も福岡で転職する際に利用しました。

>>マイナビ転職公式サイトへいく

BIZREAC(ビズリーチ)

ビズリーチ

おすすめ度:

ビズリーチは年収500万以上の転職者がターゲットです。

とはいえ。高収入の求人を見ることであなたのキャリアに足りない部分が見えてくるため幅広く将来設計を検討する段階では非常に有効。

高収入の求人を見ることはあなたの可能性を広げるきっかけになるためおすすめ。

企業レベルも求人の質も高いため登録して損はありません。

もちろん高収入を狙っている転職者は登録必須。

一部の有料プランもありますが基本的に無料で使えます。

>>ビズリーチ公式サイトへいく

最もおすすめな転職エージェント

転職エージェントは各エージェントごとに持っている求人が異なるため複数登録することをおすすめします。

転職サイトと同様メインで2~3社使いつつ、状況にあわせて2~3補足として使いましょう。

doda

doda

おすすめ度:

転職エージェントのdodaは転職サイトのdodaとおなじ管理画面で操作可能。

サービスは手厚く、未経験可からミドルクラス年収まで幅広く求人を取り扱っているため、全世代におすすめです。

転職サイトと転職エージェントのdoda両方に登録して転職活動を始めてみましょう。

転職の方向性が見えてきたら、複数のエージェントに登録して転職活動を加速させます。

実際に僕みたいなチキン野郎でも年収1000万円の求人を紹介してもらえたので、市場価値を測るためには有効かと。

>>doda公式サイトへ行く

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

リクルートエージェントは3回の転職で毎回利用しました。

僕は実際にエージェント経由で内定をもらい転職したこともあります。

取り扱う求人数が多いため細かい希望であっても、それなりの求人を紹介してもらうことができます。

大手だけあって安定感・安心感があります。

>>リクルートエージェント公式サイトへ行く

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:

キャリアが浅い20代のときにもしっかりフォローしてくれたのがマイナビエージェントです。

マイナビ転職のエージェント版で意外と良い求人があります。

経験が少ない状態でも頑張って書類を通してくれるため経歴に自信がないひとは積極的に活用しましょう。

求人は中小やベンチャーが多い印象。

マイナビ転職も一緒に使うことをおすすめします。

>>マイナビエージェント公式サイトに行く

状況に合わせて使う転職サイト

転職サイトは「非公開求人」をメインに見ることをおすすめします。

転職サイトはDMが大量に来るため全部使うと転職活動に時間がかります。

スカウトサービスも活用しましょう。

転職サイトは3~5社くらいでもOK。

dodat以外はあなたの状況に合わせてサービスを選びましょう。

キャリトレ

キャリトレ

おすすめ度:

キャリトレは登録が簡単です。

希望条件や職務経歴書を登録しなくても、あなたにあった求人をレコメンドしてくれます。

「20代で未経験可」という求人が多いので、「幅広く求人を見てみたい」ひとにおすすめのサイト。

20代であれば登録して損はありません。

視野を広くしたい、キャリアの可能性を探している段階では有益です。

>>キャリトレ公式サイトに行く

リクナビネクスト

リクナビネクスト

おすすめ度:

リクナビネクストは最大手のサイトのため求人は大量にあります。ぶっちゃげ見きれません。

とはいえ。幅広く求人を探したいときには便利。

求人以外のコンテンツも豊富なので参考になります。

履歴書と職務経歴書をワードやエクセルに出力できるため重宝します。

>>リクナビネクスト公式サイトに行く

Green

Green

おすすめ度:

GreenはIT業界に転職したいのであれば登録必須。

IT業界に特化した営業職やエンジニア職の求人が多いです。

IT業界はこれからまだまだ伸びるので「将来的な市場価値をあげること」が転職の目的であれば見ておくべきです。

Green公式サイトに行く

状況に合わせて使う転職エージェント

メインの転職エージェントはdoda、リクナビエージェント、マイナビエージェントを使いつつ、状況に応じて転職エージェントを追加していきましょう…!

敷居が高いサービスもありますが、現状を知ることも大切です。

まれに好条件の求人を紹介してもらえる場合もあります。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはミドルクラスやハイクラスの求人を狙っているのであれば登録しましょう。

ビズリーチ同様年収500万以上がターゲットです。

外資系や大手が多いのでキャリアアップや年収アップを求めるひとにマッチし他求人が多いです。

特定の企業においては圧倒的に書類選考の通過率が高く年収交渉も得意な印象。

>>JACリクルートメント公式サイトに行く

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは幅広く求人を紹介してくれるため、可能性を広げる作業において効率が上がります。

数多くの求人を紹介してくれるため、転職市場の動向を知りたいひとや幅広く求人を見てから転職活動をしたいひとにおすすめ。

登録して求人をもらうだけでも価値があります。

年収500~1000万円の求人もあるためキャリアップを狙っていくことも可能。

パソナキャリア公式サイトへ行く

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめ度:

type転職エージェントは大手企業とのパイプが強く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれる印象。

東京都内の求人に強いですが地方には弱いです。

地方で転職するならdodaやマイナビエージェントを使ってください。

転職サイトや転職エージェントの求人と合わせて見るべきサイト

転職サイトや転職エージェントの情報だけで転職すると「実際は違った…」ということにもなりかねません。

転職の基準の参考になるミイダスと、企業の内情を調べる転職会議とOpenWorkはチェックするべきかと。

ミイダス

ミイダス

ミイダスはいくつかの質問に答えるだけで、あなたの年収や紹介される求人のレベルが分かります。

実際に企業からのオファーも届きますが、参考程度に使ってください。

提示されるオファー年収の妥当性やどのくらいの年収で転職すべきかという基準の参考になります。

転職会議

転職会議

転職会議は実際に働いたことのあるひとのコメントを見ることができるため参考になります。

嫌なことがあったから退職したひとのコメントもあるため、ぶっ飛びまくりのネガティブな内容もあります。

とはいえ。転職活動はネガティブな情報も集めるべき。

あなたはどう感じるか、現場をイメージしながらコメントを見ると「自分なら平気だな」という場合もあります。

僕は投稿者の年収と退職理由を中心に見ています。

OpenWork

OpenWork

OpenWorkや転職会議は実際にあなたが過去に働いていた企業を調べると信憑性がなんとなくわかるはずです。

転職サイトや転職エージェントの情報だけで判断すると、「実際は違った…」ということもあります。

転職会議やOpenWorkの情報は「実際はどうか…」エージェントに内情を聞いてみましょう。

転職するなら読むべき本3冊

転職をするなら読むべき本があります。

ご紹介する3冊は転職活動において「実行できること」が具体的に記されています。

本を読んで実行に移すことで転職活動の軸が見えてきますし、間違いなく内定の確度があがります。

転職を意識しているのであれば是非読んでみてください。

  1. 科学的な適職
  2. 転職の思考法
  3. 転職と副業の掛け算

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。