転職活動

転職しないほうがいいケース3選と対処法

・転職しないほうがいいケースを知りたい

・転職したい…けど転職で悩みが解決できるか不安

・納得できる転職先が見つかるか心配

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 転職しないほうがいいケース3選
  • 転職しないほうがいい判断基準3選
  • いますぐ転職活動を始めるべき理由

結論、今より状況がよくならないのであれば転職しないほうがいいです。

なぜかというと、悩みが解決できないから。

とはいえ。諦めてはダメ。

長期戦を覚悟して納得のいくまで転職活動は続けるべきです。

本記事では転職しないほうがいいケースと判断基準を解説します。

※この記事を読み進める前に…

仕事がつらいなら環境をリセットするのはありです。働きやすさは環境に依存しますからね。

確かに転職は面倒ですし、万人におすすめできる手段ではありません。僕が転職した理由は現状と選択肢を比較して「いまよりよくなる」と思えたからです。

転職エージェントに相談することで現実問題どんな選択肢があるのかを知ることができます。無料でプロに相談できるので利用しない理由はないんですよね。

無料相談で選択肢を確認することから始めるべし。転職するor転職しないは、あとから考えればいいですよ。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートに相談する

※登録後もお金は一切かかりません。

転職しないほうがいいケース3選

転職しないほうがいいケース3選

転職しないほうがいいケースを3つ解説します。

転職先に求める条件が不明瞭

求める条件があいまいであれば、転職しないほうがいいです。

なぜかというと、転職後のミスマッチが起こりやすいから。

こんなはずじゃなかった…転職に失敗した時の後悔は半端じゃありません。

転職先に求める条件が曖昧であれば次の質問を自問自答してみましょう。

  • NG条件はなんですか?
  • どんな仕事がしたいですか?
  • どんな環境で働きたいですか?
  • 年収にこだわりはありますか?

最低限でもいいので目指すべき未来を描いていないと転職は失敗します。

未来を描いていない

未来を描いていない

未来を描いていないと転職は失敗します。

なぜかというと、転職先を選ぶ基準ができないから。

未来 – 現状 = 課題

課題を解決する手段が転職です。

何をやりたいかではなく、どんな状態でいたいかを描くことが重要でして。

どんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視しましょう。

目指す状態を考える時は次の2つを軸に考えるべし。

  1. 自分の状態
  2. 環境の状態

自分がどんな状態だとベストか考えましょう。

・得意なことを仕事にしてストレスなく働きたい

・新しいスキルを身につけつつ常に成長を目指したい

上記を基にどんな環境だと望ましいのかを具体的に考えます。

・業界内で業績が伸びているA社であれば得意なことを活かせる

・変化の激しいIT業界で新しいスキル、最先端の知識を身につけたい

未来を描けていないのであれば納得できる転職先など見つかるはずもありません。

自己分析が甘い

自己分析が甘い

自己分析が甘い人は転職してはダメです。

なぜかというと、あなたを採用するメリットを相手に伝えられないから。

自己分析出来ない = 過去を振り返れない

あなたの過去の経験や持っているスキルが転職先で利益を生むのであれば内定がでます。

過去をしっかり分析することで未来を予測できるのは当然かと。

過去に経験したAというプロセスは御社でも再現性があると判断しております。

面接で採用後の明るい未来を伝えるために過去を振り返るべし。

自分の強みは明確にしておきましょう…!

転職しないほうがいい判断基準3選

転職しないほうがいい判断基準3選

転職しないほうがいい判断基準3選を解説します。

NG条件に該当する

内定先があなたのNG条件に該当するのであれば転職しないほうがいいです。

なぜかというと、しんどいから。

・残業45時間までみなし

・年間休日100日

・転勤あり

・出世が見込めない

ちょっとくらい我慢できるかも…と思えたとしても転職してはダメです。

最初から不満がある状態であれば入社後のストレスに耐えられません。

NG条件は主観でOK。

一見よさそうなかいしゃでもストレスの原因は必ずあります。

転職先に完璧を求めるのはよくないですが、NG条件にはこだわるべし。

情報不足

情報不足

こんなはずじゃなかった…転職に後悔する主な原因は情報不足です。

なぜかというと、未来を描けないから。

・年収

・ポジション

・仕事内容

・先輩の性格

・会社の評判

・離職者の退職理由

・会社が目指している未来

情報収集は徹底的に行いましょう。

内定後は先輩社員との面談を設けてもらいざっくばらんに会話するのもありです。

また、オファー面談で労働条件や年収交渉を行うべし。

転職会議にも目を通し、納得行くまで情報を集めましょう。

状況がたいして変わらない

状況がたいして変わらない

今と状況がたいして変わらないのであれば転職してはダメです。

なぜかというと、悩みが解決できないから。

人間関係が理由で転職しても、同業他社であれば似たような人間がいるもの。

特有のルールや文化によって生み出されるモンスター社員はどの業界にもいます。

環境によって働き方は千差万別。

状況がたいして変わらない転職はNGですよ。

いますぐ転職活動を始めるべき理由

いますぐ転職活動を始めるべき理由

いますぐ転職活動を始めるべき理由を解説します。

あなたの市場価値がわかる

転職エージェントから紹介される求人の質によってあなたの市場価値がわかります。

なぜかというと、採用側の条件を満たしていないと紹介しないから。

あなたが「年収を上げたい」と思っていてもそれを判断するのは企業です。

エージェントから紹介される求人の質が低いときの対処法は次の2つです。

  1. 今の仕事でレベルアップを目指す
  2. 複数の転職エージェントから求人を紹介してもらう

どちらにせよ、実現したい未来が定まっていないと求人の良し悪しを判断することはできません。

求人は2~3ヶ月で入れ替わる

求人は2~3ヶ月で入れ替わる

求人は2~3ヶ月で入れ替わります。

なぜかというと、採用にはコストがかかるから。

企業側は短期間で採用を決めてしまう場合がほとんどです。

長期間求人が残っている会社はつぎのどれかかと。

・離職率が高く慢性的な人不足

・採用基準が厳しい

・業績が伸びていて人材不足

ブラック企業の特徴は常に募集していることかもです。

転職市場の動向は常にアンテナを貼っておくべし。

今、希望の求人がなくても3ヶ月後、半年後には理想の求人に出会える可能性はあります。

とにかく今すぐ転職エージェントに応募していつでも動けるように備えておきましょう。

不況でも伸びている業界はある

不況でも伸びている業界はある

2020年はコロナショックで不況が続いています。

不況のときは優良企業の採用が一切ないかといえば、そんな事はありません。

なぜかというと、不況でも伸びている業界はあるから。

コロナという時代が在宅需要を拡大させたことで、インターネットを主軸に活動する企業の業績は一気に伸びました。

どんな時代でも、伸びている企業はあります。

また、どんな時代でも離職者は一定数いるものでして。

空いたポジションを社外から募集したい企業は多いです。

従業員の教育には時間とお金がかかりますからね。

なので「不況だから」などという言い訳はせずに積極的に動くべきです。

転職しないほうがいい理由なんて言い訳

転職しないほうがいい理由なんて言い訳

転職しないほうがいい理由なんて言い訳です。

なぜかというと、どんな状況でも転職はできるから。

35歳超えたら転職はしないほうがいい?クソくらえです。

あなたが魅力的であれば年齢は関係ないですよ。

僕の会社も40歳を超えたマネージャークラスの転職者は多いです。

繰り返しですが、転職しないほうがいい理由なんて言い訳です。

本気で転職したいならやるしかないんですよね。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。