おすすめの転職サイト

【就職shopの評判】ニート・フリーター歓迎!リクルートだから安心

・転職shopを使うべきか悩む

・ニートだけど就職したい

・フリーターなので将来が心配

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 就職shopの評判と口コミ
  • 就職shopの信頼性
  • メリット・デメリット
  • ニートが就職する条件
  • フリーターのまま30すぎると地獄
  • 就職shopがおすすめな人

転職shopは業界No.1のリクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職支援サービス。

もちろん、ニートでも登録OKです…!

正直にいうと、ニートやフリーターのまま30すぎると地獄が待っています。

なぜかというと、お金の安定は心の安定につながるから。

お金の不安は「週5日8時間拘束される苦痛」を遥かに上回ります。

まずは安定して毎月お金が振り込まれる状況を確保するべし。

たしかに就職は面倒ですが、毎月20万円振り込まれるという状況で心が安定するのは事実なんですよね。

とはいえ「就職したいけど、どうしていいかわからない」という人は多いです。

結論、プロに相談しましょ。

本気で仕事を探したいなら複数の転職サービスを利用して選択肢を増やすべきですが、ニート・フリーターが登録するならとりあえず就職shopで間違いありません。

本記事では、転職shopとニート・フリーターの就職について詳しく解説します。

\無料で相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後もいっさいお金はかかりません

就職shopの評判と口コミ

リクルートグループなので企業側も安心して利用できますし「ホワイト企業もちゃんとある」という評判は多いです。

逆に「希望の条件と合わなかった」「担当と対応が悪い」という評判もあります。

ぶっちゃげ就職支援サービスや転職エージェントは相性の善し悪しがあるのもの事実でして。

複数のサービスに登録して相性がいい担当を探す人が多いです。

仮に「転職shopが合わない」と感じた人はウズキャリにも相談してみましょう。

リクルートのデータによれば「転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用した」というデータもあります。

就職shopの信頼性

就職shopはリクルートグループが運営しているため間違いなく信頼できます。

対象に「既卒」も含まれているため「優秀だけど就職できなかった学生狙い」の企業も多いです。

いってしまうと「ホワイト企業」ですね。

ニートやフリーターでも「ホワイト企業を狙った就職」は可能。

「安定した会社で、できるだけストレスの少ない企業を探す」のであれば、そういった企業が集まる就職支援サービスを使ったほうがいいのは当然ですよね。

また、就職shopに求人を出している企業は、少なくとも財政面は安定しています。

なぜかというと、あなたの入社が決まったら企業が就職shopにお金を払うシステムだから。

採用にお金をかける「余裕がある企業」が集まっているのは間違いありません。

\無料で相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後もいっさいお金はかかりません

メリット

就職shopのメリットをまとめます。

求人は未経験が対象

紹介される求人は未経験が対象です。

就職shopの利用者のうち4人に3人が正社員未経験。

就職shop側がニートやフリーターの扱いになれているのはもちろん、企業側も未経験の20代の可能性を信じ育成していく方針です。

就職ミスマッチは限りなく低いです。

幅広い職種に対応

営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あります。

とはいえ。個人的には営業職を一度経験しておくとビジネスセンスが養われるのでおすすめ。

就職したあとに転職して、ステップアップすることも可能です。

何より、毎月安定してお金が振り込まれるようになると自己投資の資金もできます。

しっかりと自己投資してキャリアアップするための1歩目を踏み出してほしいと思います。

書類選考なし

転職shopは書類選考がありません。

履歴書で落とされることがないため「面接さえ対策しておけば」チャンスを掴むことが可能。

もちろん「面接対策のアドバイス」にも期待できます。

100%直接訪問&取材済

こんなはずじゃなかった…。就職して後悔する人もいます。

なぜかというと、思っていた働き方とミスマッチが起こる場合もあるから。

就職shopでは100%直接訪問を行い、取材し、労働環境や仕事内容を確認しています。

過酷なブラック企業に当たる確率は非常に低いです。

オンライン面談可能

転職shopは首都圏または関西にしか店舗がありません。

とはいえ。いまはオンライン面談も可能です。

全国どこからでも相談が可能です。

デメリット

就職shopのデメリットをまとめます。

地方の求人は多くない

地方の求人は少ないです。

なぜかというと、店舗が関東と関西にしかないから。

地方でニートが就職を目指すのであればウズキャリがおすすめです。

30代の求人は少ない

30代であれば、大手転職エージェントを活用しましょう。

なぜかというと、大手転職エージェントは企業からの信頼が厚く、内定の可能性が高い求人を中心に紹介してくれるからです。

最大手はリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

担当の対応に差がある

「担当者の対応に良し悪しがある」という口コミもあります。

複数の転職エージェントを活用して内定の確度をあげましょう。

丁寧な対応を希望するのであればdodaがおすすめです。

ニートが就職する条件

ニートが就職する条件は1つだけです。

しっかりと大人対応すること。

・時間を守る

・身だしなみを整える

・面接対策をする

「当然のことを当然にできること」が最低条件です。

面接対策はマナーです。

面接での質問を想定し準備をする。

面接では仕事のスタンスが現れます。

採用企業のことを下調べしない人は、仕事でも下調べせずに行動するひとだと判断されます。

しっかりと「大人対応」できるように心がけましょう。

フリーターのまま30すぎると地獄

はっきりいうと、フリーターのまま30すぎると地獄です。

なぜかというと、日本にはフリーターに対する偏見が激しいから。

年齢を重ねるほど「負の連鎖」は激しくなり「30過ぎのフリーターはなにか問題を抱えているに違いない」と思われています。

とはいえ。逆にチャンスでもありますよね。

初対面の印象が悪い人がまともなひとだった場合、好印象になるからです。

ゴミ拾いしているヤンキーみたいな感じです。普段はイメージ悪いのに「いいやつ」認定されます。

印象が悪い → 好印象というギャップを作ることができれば30過ぎでも正社員の道はありますよ。

就職shopがおすすめな人

転職shopがおすすめな人

就職shopがおすすめな人は次のとおりです。

・関東・関西で就職したい

・ニート・フリーター

・20代

運営は業界最大手のリクルートなので登録してまず間違いありません。

応援しています…!

\無料で相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後もいっさいお金はかかりません

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら