仕事の悩み

孤立する人間関係を生む職場の特徴3選と対処法

・職場で孤立している

・同僚や上司に話しかけにくいから仕事がうまく進まない

・職場に居づらい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 孤立する人間関係をつくる職場の特徴3選
  • 職場の人間関係で孤立する人の特徴3選
  • 職場の人間関係で孤立した時の対処法3選

僕は3回転職していますが、孤立している人がいる職場には共通点が3つありました。

・小規模

・トップダウン

・ストレスが多い組織

確かに孤立する人にも特徴はありますが、そもそも環境が悪いケースが多いです。

なぜかというと、環境が変わるだけで孤立しなくなる人を山程みてきたから。

本記事では孤立する人間関係をつくる職場の特徴と孤立したときの対処法を解説します。

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

孤立する人間関係を生む職場の特徴3選

孤立する人間関係を生む職場の特徴3選

孤立する人間関係を生む職場の特徴はつぎのとおり。

  1. 小規模
  2. トップダウン
  3. ストレスが多い組織

なんだか孤立しているな…そう感じる人は環境を疑うべし。

詳しく解説します。

小規模

小規模

会社の規模が小さいと孤立する確率が上がります。

なぜかというと、逃げ場が少ないから。

会社全体が300人くらいでも所属している営業所が10人前後なんてよくある話です。

1つのフロアーに20人以下しかいないような会社で1度孤立すると関係回復にはかなりの時間と労力がかかります。

・売上が伸びていない

・衰退産業

・昔から営業手法に変化がない

上記のような会社も孤立を生みやすいです。

なぜかというと、現状に満足している人が多いから。

自分たちの文化に馴染めないのであれば排除するという幼稚なスタイルの大人は残念ながら多いです。

現状に満足している人は少数派の意見に耳を貸すことがありません。

今現在職場で孤立しているひとは環境を疑うべし。

トップダウン

トップダウン

トップダウンで経営している会社は孤立を生みやすいです。

なぜかというと、現場の意見など求めないから。

また、トップダウンの会社によくいるのが「勘違い部長」や「勘違いお局」です。

「自分は偉い」「自分の言うことは絶対」などと勘違いしている人は相当ヤバイです。

自分たちの文化に馴染めないのであれば排除するという幼稚なスタイルの残念な大人がいるのは事実でして。

「相手を変える」「正しいのは自分だ」などと歯向かうと孤立します。

よくある話として、そういう会社に限って業界全体が威圧的だったりしますよね。

僕は営業マン時代に取引先からカツアゲされたことがありますし。笑

上司から無視 or 言葉の暴力で追い込まれた新人を腐るほど見てきました。

「気に入らない人は排除」「力関係を重視する」職場に異常な雰囲気がないかよく観察してみましょう。

ストレスが多い組織

ストレスが多い組織

ストレスが多い組織は孤立した人間関係を生みやすいです。

なぜかというと、人間は他人を使ってストレス発散したいから。

非常に厄介です。

ストレスフルな俺様上司が相手だと、気を使いまくりですよね。

とはいえ。上司もその上の上司からいじめられているかも知れません。

ただでさえストレスが半端じゃないのに部下が言うことを聞かない…想像しただけでもエグいです。

というわけで、言うことを聞かない部下は排除します。

会社全体が孤立を作っている場合は手の施しようがありません。

職場の人間関係で孤立する人の特徴3選

職場の人間関係で孤立する人の特徴3選

職場の人間関係で孤立する人の特徴はつぎのとおりです。

  1. 仕事のレベルが低い
  2. 正論を武器にする
  3. 他人からの感謝を集めない

環境には問題がなさそうだけどなんだか孤立しているって人は自分自身も振り返るべきかもです。

詳しく解説します。

仕事のレベルが低い

仕事のレベルが低い

仕事のレベルが低いと相手にするのが大変です。

なぜかというと、期待以下の仕事しか返ってこないから。

仕事のレベルには様々ありますが「あいての期待を超えない」というのを1つの基準にするとわかりやすいかもです。

売上ノルマ1000万円に対して毎月800万円だと残り200万円を誰かが補填しなければいけません。

上記のような状況であればそのうち、営業というポジションから外されると思います。

実力不足で孤立するケースは多いです。

レベルが低いという部分が気になる人はレベルの低い人を相手にしない方法という記事でその特徴を詳しく解説しています。ご一読を…!

正論を武器にする

正論を武器にする

正論だけで意見されると疲れます。

なぜかというと、1人で完結する仕事は世の中にないから。

確かに正論ですね…でも今の状況だとこれがベストです。

みたいなことはよくあります。

相手の気持ちや立場を理解せずに正論だけで物を言い、意見が通らないとすねる。

社会人としては最悪です。

・他社よりも安くて品質がいい商品を作るべきだ!

→ できたらいいですね。

・そっちよりこっちのほうが効率いいのになぜやらない!

→ 他の部署の意向もあります。

正論を武器に戦おうとする人は嫌われがちですよ。

理不尽かもですが、それが世の中です。

他人からの感謝を集めない

他人からの感謝を集めない

他人からの感謝を集めないと孤立します。

なぜかというと、あなたを必要としてくれる人がいないから。

「恩を売れ」とか「ゴマをすれ」とか言うつもりはないですが、相手に感謝される仕事を意識するべし。

逆に小さな感謝を相手に伝えるのも手段です。

お互いに感謝する風潮を作れないと孤立した人間関係を生みます。

褒めない上司は裏でボロクソに言われてますよ。

感謝しつつ感謝されるような人間関係を目指しましょう。

職場の人間関係で孤立した時の対処法3選

職場の人間関係で孤立した時の対処法3選

職場の人間関係で孤立した時の対処法はつぎのとおりです。

  1. 仕事に集中する
  2. 仕事で成果を出す
  3. 環境を変える

自分本位で構わないので、過ごしやすい環境づくりを目指しましょう…!

職場で無視されていてつらい…という人は相手を吹き出物と思って接したほうがいいかもです。

吹き出物は薬を塗るとき以外触らないのがベスト。必要以上に触ると悪化します。

詳しくは職場で無視されても気にしない方法3選という記事でも解説しています。

仕事に集中する

仕事に集中する

人間関係など忘れて仕事に集中しましょう。

なぜかというと、誰にも迷惑をかけないから。

スッキリはしないかもですが、やることやってりゃ文句を言う人はいません。

孤立している状況で成果を出せるのであれば、あなたの実力は大したものです。

「自分の成果」にこだわって仕事をこなすことで「少しだけ自由」を感じるもの。

なぜかというと、ちょっとした工夫をしなければ成果は伸びないから。

ちょっとした工夫があなたの裁量権です。

工夫する → 仕事する → 成果を振り返る → また工夫する

ポジティブなサイクルにハマると自然とモチベーションは上がりますよ。

仕事で成果を出す

仕事で成果を出す

とにかく仕事で成果を出すことを意識しましょう。

なぜかというと、まわりはあなたを認めざるを得ないから。

偉そうな部長:売上1000万円

あなた:売上5000万円

誰が見てもあなたのほうが実力は上です。

実力者は味方が増えます。

あなたの近くにいると得すると勘違いする人もいますからね。

また「あなたと仕事したい」という人も増えるはずです。

とにかく仕事で成果を出すことにこだわりましょう。

環境を変える

環境を変える

・仕事で一切の工夫を許されない

・環境のせいで成果を出すことができない

・人間関係に疲れた

そう感じるのであれば転職もありです。

僕は転職で人間関係をリセットしたことがあります。

当時は「今いる場所がすべて」みたいな感覚に陥っていましたが、完全に勘違いでした。 世界は広いです。

会社が変われば働き方が変わります。

「レベルの低いいじめ」や「嫌がらせ」など一切ない会社は山程あります。

・伸びている業界

・勢いがある会社

・若い世代が多い

僕は上記のようなIT系の上場企業に転職して価値観が変わりました。

人間関係の悩みは多少はありますけど、以前の会社に比べたら全然働きやすいです。

まずは、転職エージェントに登録して紹介される求人と現在の職場を比較してみましょう。

職場の人間関係で孤立した時の対処法まとめ

職場の人間関係で孤立した時の対処法まとめ

職場の人間関係で孤立した…辛いですよね。

あなたは何も悪くありません。

まずは環境を疑いましょう…!

いじめはいじめられる方にも原因はあるかもです。理由もなしに孤立するなんて納得できませんからね。

とはいえ。いじめはいじめたほうが100%悪いです。

職場で孤立している…それはもはや「いじめ」です。

転職は確かに大変ですよね。

でも「このままじゃダメだ!」「変わりたい!」という向上心の強いあなたなら頑張れるはず。

応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら