仕事の悩み

職場の嫌いな人への対応10選 【転職しろ】

・職場に嫌いな人がいる

・上司が苦手

・嫌いな人が気になって仕事に集中できない

・あの人のせいで仕事が進まない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容はつぎのとおり。

  • 職場の嫌いな人への対応10選
  • 転職しろ

嫌いな人とも一生懸命働いているあなたは頑張っていますよ。それだけで十分素晴らしいです。

あなたに知ってほしいことは、職場の嫌いな人へ適切に対応することで働きやすさが変わるということ。

とはいえ。他人を変えることは不可能なので、どうしてもしんどいときは転職もありです。

本記事では職場の嫌いな人への対応10選を解説します。

職場の嫌いな人への対応10選

職場の嫌いな人への対応10選

職場の嫌いな人への対応10選はつぎのとおりです。

  1. 他人はコントロールできない
  2. 嫌いな理由を考える
  3. 関わらない
  4. 自分の仕事に集中する
  5. 割り切る
  6. ルールを決める
  7. 利用する
  8. 味方を増やす
  9. 人事に相談する
  10. 部署異動する

詳しく解説します。

他人はコントロールできない

他人はコントロールできない

他人をコントロールすることは不可能です。

なぜかというと、自分の体に命令できるのは自分だけだから。

「部下が言うことを聞かない」とかであれば、命令して行動をコントロールできるかもですが、一歩間違うとパワハラにされてしまいます。

そもそも他人はコントロールできないことを理解しておかないとまずいです。

教育して変えてやる…無駄な労力を使うのは辞めましょう。

何回言っても変わらない人を相手にするのは時間の無駄です。

嫌いな理由を考える

嫌いな理由を考える

どこが嫌いなのか理由を考えてみましょう。

・言い訳する

・価値観が違う

・バカにしてる

・筋が通っていない

・仕事が出来ない

嫌いな理由によっては解決できる可能性もあります。

「価値観が違う」のであればチームとして目指しているゴールを理解させればいい。

「仕事が出来ない」のであれば結果に影響する重要な決断を任せなければいい。

嫌いな理由を明確にすることで課題を解決することは可能です。

ただし「筋が通っていない」「バカにしてくる」とかはちょっと解決が難しいかもです。

関わらない

関わらない

解決が難しい問題を抱えているのであれば関わらないという選択が一番有効です。

なぜかというと、接点が減れば影響を最小限に抑えられるから。

ぶっちゃげ、あなたの嫌いな人って相当レベルが低いんじゃないでしょうか?

  1. 重要なところは自分で判断する
  2. そっと離れる
  3. 環境を変える

レベルが低い人は相手にする必要なし。

詳しくはレベルの低い人を相手にしない方法という記事で解説しています。ご一読を…!

自分の仕事に集中する

自分の仕事に集中する

自分の仕事に集中しましょう。

なぜかというと、だれも文句を言えないから。

誰かのせいで仕事がうまくいかなくても「あなたの仕事が完璧」であればあなたに非がないのは明らかです。

誰がみてもわかるように失敗の原因を明らかにしておきましょう。

「自分の仕事はここまで」「あとは知らない」というスタンスを貫くべし。

割り切る

割り切る

嫌いな人と関わらない…上司が相手だとそうもいきません。

上司が白といえば、黒も白に変わります。

ぶっちゃげサラリーマンなんて嫌な仕事でもやるしかないんです。

もちろん、ビジネスマンとして意見や提案はするべきです。

でも、すべてを頭ごなしに否定される状況であれば辛いですよね。

割り切ることもときには大切。

【徹底解説】嫌いな上司にストレスが限界!という記事も参考にしてくだい。

利用する

利用する

嫌いない人は徹底的に利用します。

なぜかというと、労働力が増えるから。

相手を利用できないか状況を観察してみましょう。

・上司であれば他部署と交渉させる

・同僚であれば雑用をふる

・部下であれば重要じゃないけど、誰かがやらないといけない仕事をふる

利用価値があればつかえばいいだけです。

ポイントは利用するというマインドで接すること。

ルールを決める

ルールを決める

定期的に接点があるけど馬が合わない人であればお互いにルールを決めるのもありです。

なぜかというと、ルール通りに動くだけだから。

最も有効なルールは裁量権の線引です。

Aさん:マーケティングで戦略を決定することが仕事

Bさん:戦略に基づいてデザインを決めることが仕事

Aさんはデザインを細かく指定しない。Bさんは戦略に口出ししない。

お互いの仕事に口をださないルールをくりましょう。

自分の仕事に集中したほうがお互いのためです。

味方を増やす

味方を増やす

味方は多いほどいいです。

なぜかというと、1人で完結する仕事はこの世にないから。

嫌いな人抜きでも成果が出せる状態を目指すべし。

数の正義で主導権を握りましょう。

人事に相談する

人事に相談する

嫌いな人のせいで仕事に支障が出る…切羽詰まっているのであれば人事に相談するのもありです。

なぜかというと、人事は採用だけではなく教育も管轄だから。

嫌いな人の指導を人事に一任するのは有効。

外部の研修にでも参加させてマインドを変えさせましょう。

部署異動する

無慮移動する

あなたが部署移動するのも有効です。

なぜかというと、嫌いな人と物理的に距離をとれるから。

勝手知ったる社内であれば、希望の移動先も伝えるべきです。

あなたが働きやすい環境に移動しましょう。

転職しろ

転職しろ

今の職場にこだわる必要ってなんですか?

言ってしまうと、人間関係をリセットする転職もありです。

  1. 環境を疑う
  2. 外の世界を知る
  3. 仕事は選べる

あなたが嫌いな人は相当レベル低くないですか?

レベルが低い人を放置している会社はかなり問題があります。

詳しく解説します。

※すぐにでも辞めたい人は…

実は転職者のほとんどは在職中に転職活動をしています。なぜかというと、辞めたあとの生活が不安定になるから。

次の仕事が決まってないのに退職するのはリスクが高いです。

すぐにでも仕事を辞めたいのであれば転職のプロに相談するべし。

・全員におすすめ

『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的で幅広い職種に対応。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・20代におすすめ

『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・30代におすすめ

『doda』

特徴:サポート・求人の質が高い。高収入案件も豊富。リクルートについで業界No.2。

公式サイト:https://doda.jp/

※どこに登録するか迷ったら業界No.1のリクルートエージェントで間違いありません。

リクルート公式サイトはこちら

環境を疑う

環境を疑う

まず疑うべきは環境です。

なぜかというと、あなたの嫌いな人を採用している会社とはマッチングが悪いから。

嫌いな人が超優秀だとしてもフィーリングが合わないのであれが、おそらく会社の風土とあなたの性格があっていないと思います。

あなたの嫌いな人のレベルが超低いのであれば、疑うまでもなく環境のレベルも低いです。

本当にあなたがいるべき場所はそこではないかもしれません。

外の世界を知る

外の世界を知る

あなたが仕事を選べないと思いこんでいるのであれば、世間を知らないだけかもです。

なぜかというと、仕事なんてくさるほどあるから。

世界は広いです。

単にあなたのレベルが高すぎて職場や同僚と価値観が合わないだけかも知れません。

もっと視野を広げて世間を観察してみてください。

いまより魅力的な仕事はないですか?

仕事は選べる

仕事は選べる

仕事は選べます。

僕は文系ですがIT企業で働いています。

文系営業マンは仕事で重宝される存在です。

理由はつぎの3つ。

  1. コミュニケーション能力が高い
  2. ビジネスセンスが高い
  3. 売上への執着が強い

どうやったら儲けるか突き詰めていくと、営業マンのように「売り込む」という動きはどのシーンでも必須。

詳しくは、文系は仕事が選べない【営業職以外に転職する方法5選】という記事で解説しています。

職場の嫌いな人への対応まとめ

職場に嫌いな人がいるのであれば「関わらない」「割り切る」というのを徹底するべし。

相手にするだけ時間の無駄です。

あまりにも酷いのであれば環境を疑うべし。

転職は確かに面倒です。

でも「レベルの高い環境で働きたい」という強い意思を持ったあなたであれば頑張れるはず。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら