仕事の悩み

ストレスが限界に達したときに出る症状5選【対処法も解説】

・生きてるだけで辛い

・ストレスが限界かもしれない

・助けてほしい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • ストレスが限界に達したときに出る症状5選
  • ストレスが限界に達したときの対処法5選

結論。ストレスが原因で体調に変化が現れ始めたらストレスは限界に達していると判断しましょ。

ぶっちゃげ、ストレスが限界に達する前に環境を変えたほうがいいです。

なぜかというと、ストレスには良し悪しがあるから。

良いストレス → 自分の脳力が試される緊張感

悪いストレス → 自分では改善できないことへのプレッシャー

たとえば、商談やプレゼンに対するプレッシャーは良いストレスかと。

自分の脳力を発揮して状況打破できると最高に気持ちがいいものです。

上司から過去の失敗を繰り返し説教されるのは悪いストレスかと。

なぜかというと、結果は変えられないからです。

ストレスが限界に達して体調に変化が現れると鬱になりかねません。

鬱になるとかなり厄介です。

繰り返しですが、ストレスが限界に達する前に環境を変えることをおすすめします。

本記事ではストレスが限界に達したときに出る症状と対処法(アクションプラン)を解説します。

ストレスが限界に達したときに出る症状5選

ストレスが限界に達したときに出る症状5選

ストレスが限界に達したときに出る症状を解説します。

体調不良

体調不良に自覚があるなら、あなたのストレスはおそらく限界です。

なぜかというと、自律神経がダメージを受けている証拠だから。

・体がだるい

・頭痛がする

・動機・息切れ

・特定の場面で震える

・大量に汗を書く

・10円ハゲ

体調に変化が現れるほどのストレスを感じているのであれば、早急に対処しなければ鬱になりかねないので注意が必要です。

ストレスが原因で体調が悪いなら、カウンセリングを受けるか、病院に行くことをおすすめします。

まずは体を大切にしてほしいと思います。

思考停止

ストレスが限界に達すると思考停止します。

なぜかというと、頭の中がプチパニックになっているから。

マーケティング業界には「混乱した脳はNOしかいわない」という言葉もあるくらいでして。

・考えがまとまらない

・上司とまともに会話ができない

・議論ができない(意見を言えない)

思考停止して依頼を受けたのはいいものの「どこから手を付けていいかわからず余計ストレスが増える」なんて状況であればまさに負の連鎖に陥ります。

妄想が止まらない

思考停止とは逆に、妄想が止まらない状況もストレスは限界に近いです。

なぜかというと、現実逃避を始めているから。

何だよさっきのパワハラ発言。労基に訴えようかな。というか、明日会社が潰れたらいいのに…。

完全に意味不明な妄想を始めていたらかなり危険ですよ。

現実逃避したいほど切羽詰まった状況であれば、逆に、冷静に行動することをおすすめします。

ネガティブなときは判断能力が落ちている場合が多いです。

とにかく落ち着いてください。

謎にイライラ

「最近、謎にイライラする」という場合はストレスが溜まっている可能性が高いです。

なぜかというと、ストレスは蓄積されるから。

コップのふち、ギリギリまで水が入っているような状態ですね。ちょっと水が入るだけで溢れます。

そもそも水(ストレス)の量を減らすことも大切ですが、コップ(心)の容量を大きくすることも大切です。

対処法はこころに余裕がない人へという記事でも解説しています。ご一読ください。

虚無感

何もやる気が起きない…。生きてるだけでつらい。

虚無感が襲ってきて行動できないひとはかなり危険です。病院へ行きましょ。

・朝から涙が止まらない

・仕事に行くのが怖い

・家族へ八つ当たりして罪悪感がある

カウンセリングでもいいです。とにかく「こころのプロ」に話を聞いてもらったほうがいいです。

まずは、あなた自身を大切にしてほしいと思います。

ストレスが限界に達したときの対処法5選

ストレスが限界に達したときの対処法5選

ストレスが限界に達したときの対処法を解説します。

思いっきり寝る

思いっきり寝ましょ。

なぜかというと、体力が回復できるから。

ミシガン州立大学の研究によると、睡眠不足のグループは、その他のグループに比べて翌朝の注意力が大きく欠如していたという結果も出ています。

注意力が欠ける → ミスる → 自己嫌悪 → ストレス

まずは100%パフォーマンスを発揮できる状況を作るべし。

生活リズムを整える

・毎日決まった時間に起きる

・朝日を浴びる

・朝食を食べる

・軽い運動をとる

・毎日決まった時間に寝る

脳科学者の茂木健一郎さんによると、常に高いパフォーマンスを維持するために、体調管理に細心の注意を払っており、特に毎日リラックスして眠ることが重要だといいます。 

生活リズムを整えることでストレスを減らしましょ。

行動を変える

ストレスの原因が環境に起因している場合は、いっそ環境を変えることも手段です。

とはいえ。環境が変われば解決する問題なのかは慎重に判断するべし。

嫌なものから物理的に距離を取るのは簡単です。

・引っ越しする

・部署異動する

・転職する

とはいえ。やはり、最終手段なんですよね。

環境を変える方法は何も物理的な距離を取るだけではありません。

上司との関係に悩んでいるのであれば「上司の好みに合わせた提案をする」という手段もあります。

上司の好みに合わせた提案なんてストレスだ!と言う人もいるかもですが、どこの職場でも同じことは起こりえますよ。

なぜかというと、上司も社長の好みに合わせた判断をしているから。

もっというと、社長はユーザーの好みに合わせた判断をしています。

意思決定者が対面している本人とは限りません。

繰り返しですが、環境を変えて解決する問題かは慎重に判断する必要があります。

壁を乗り越えた経験を積んでおかないと同じことを繰り返す結果になりかねません。

壁を乗り越えた経験を積んだ上で、環境を変えるのはありです。

味方を増やす

・同僚

・友人

・恋人

・カウンセラー

あなたの味方を増やすべし。

なぜかというと、多角的に物事を捉えないと判断精度は低くなるから。

また、話を聞いてもらうだけでもストレスが減るのは事実です。

仕事なら助けてくれる同僚がいるだけで、状況は大きく変わります。

まずは、周りに助けを求めましょう。

嫌なものにはNOを示す

嫌なものから物理的に距離を取ることでストレスが大きく減ります。

嫌なものにはNOといえる状況をつくりましょ。

とはいえ。仕事を断り続けたら会社に居づらくなりますよね。

会社にとって必要なことだとわかっているのに嫌だと感じる仕事が多いのであれば、会社とあなたの価値観が合っていないだけかと。

家庭でも同じです。

NOが多い環境は確実にストレスに繋がります。

ではどうするか。客観的に判断してもらいましょ。

他人の価値観を知ることで、あなたの判断が正解に近いのか見えてくるもの。

友人でも、同僚でもいいので今抱えているものを話してみましょ。

カウンセリングを受けるという手段もあります。

1人で悩まずに他人に助けを求めてみましょう。

ストレスが限界に達したときのアクションプラン

ストレスが限界に達したときのアクションプラン

今の会社に居続けてもいいのか…。

将来が不安になるほどストレスは増えていくばかりですよね。

正直言うと、みんな似たような不安を抱えています。

ストレスを放置していると最悪「鬱」になりかねません。

まずはあなたの心と体を大切にしてほしいと思います。

解決策は選択肢を持っておくこと。

いざとなれば「転職する」という選択肢を持っておくことでチャレンジングな提案にも踏み込めるようになるもの。過去の僕もそうでした。

転職業界No.2のdodaであれば内定の可能性が高く、質の高い求人を提示してくれます。

もちろん、転職する気がなくても利用可能です。

転職するor転職しないは、あとから考えればOKですよ。

無料で、マッチングが高い求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

求人は約3ヶ月に1回入れ替わりますし、30代になると対象求人が少ないので、早めに登録しておかないとチャンスは減る一方です。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントがおすすめですが、とりあえず選択肢を見てみたいということであればdodaがおすすめです。

dodaは担当者からの催促が少ないので気が焦ることもりません。

まとめると。ストレスが限界に達しているなら第3者に選択肢を提示してもらうべし。

あなたのストレスが少しでも軽減されることを祈っています。

\無料でdodaに相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後も一切お金はかかりません。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら