仕事を辞める

仕事が長続きする職場の特徴5選【仕事が続かない原因と対処法】

・どこにいっても仕事が続かない

・職場でいい人間関係が作れない

・転職先の環境が悪くどうしようもない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事が続かない原因3選
  • 仕事が長続きする職場の特徴5選
  • 仕事が続かないときの対処法3選

「仕事なんか辞めたい」誰もが感じたことのある気持ちです。

あなたは悪くありません。普通です。

とはいえ。1年以内に仕事を変え続けるのは社会的信用がめちゃめちゃ下がるので人生がハードモードになるのも事実でして。

あなたがなにかのスペシャリストで、転職市場において需要が高いのであれば気にしなくてもいいかもですが。

そうではない人がほとんどだと思います。

本記事では仕事が長続きする職場の特徴5選と仕事が続かない原因と対処法を合わせて解説します。

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

仕事が続かない原因3選

仕事が続かない原因3選

仕事が続かない原因は次のとおりです。

  1. 完璧な職場を求めている
  2. 手に職がない
  3. 仕事選びが下手

現実問題としてあなたの希望を100%叶えてくれる職場はありません。

なぜかというと、会社は株主のものだから。

経営は株主の意向が反映されるため、働き手主体の構造にはなっていません。

株式を公開していない場合でもワンマン社長なんかがいい例です。

詳しく解説します。

完璧な職場を求めている

完璧な職場を求めている

・理想の上司

・成果に見合った報酬

・楽しく愉快な仲間たち

完璧な職場…そんなものありません。

なぜかというと、受け取り手によって変わるから。

Aさん:部下の役割を明確にし、導いてくれるのが理想の上司だ

Bさん:部下を信頼して、現場を任せてくれるのが理想の上司だ

上司がタスク管理を行っている場合、Aさんにとっては理想の上司かもですが、Bさんにとってはうざい上司です。

繰り返しですがあなたの理想を叶える完璧な職場なんてありません。

成果に見合った報酬をもらっているサラリーマンなんていませんよ。

仕事に理想を求めすぎると現実とのギャップに嫌気が差して仕事をやめたくなるもの。

仕事を長続きさせたいなら「まぁこんなものか」といったある種の開き直りは必要です。

手に職がない

手に職がない

手に職がないと仕事は長続きしません。

なぜかというと、仕事選びの軸がないから。

WEBデザイナーとかプログラマーになれと言ってるわけではありません。

営業職でもマーケティングでもなんでもOK。

「この分野なら負けない」みたいな「得意なこと」がないと仕事は長続きしません。

得意なこと = 直感的に働ける仕事

直感で働けるようになると感情抜きで動けるので「楽しくないな」と感じる場面でも「苦痛」はありません。

「仕事つまらない」が辞めるほどの理由にならないということです。

もちろん、得意なことは一朝一夕で身につきませんし「実績」がないと説得力がありません。

1つの分野を極めるつもりで仕事選びをすれば多少辛くても頑張れるはずです。

仕事選びが下手

仕事選びが下手

仕事が長続きしない最大の原因は仕事選びが下手なことです。

  • なぜ今の仕事を選んだのですか?
  • 今までどんな基準で仕事を決めてきましたか?

仕事が長続きしない人は、明確に答えられなかったり、客観的に見て判断が甘い可能性が非常に高いです。

たとえば「家族のために今の仕事を選んだ」という人もいるかもですが、本当に家族はその転職先を望んでいましたか?話し合いましたかね?

ぶっちゃげ「選ぶ」という行為は本人以外に出来ません。

今の仕事を選んだのはあなたです。

仕事選びを失敗したという事実を受け入れて、同じ失敗をしないと誓うべし。

仕事が長続きする職場の特徴5選


仕事が長続きする職場の特徴5選

仕事が長続きする職場の特徴はつぎのとおり。

  1. 労働条件がゆるい
  2. ちいさな達成感がある
  3. 社会貢献がわかる
  4. やるべきことが明確
  5. 仕事に多様性がある

上記をしっかりおさえて仕事を選ぶべし。

詳しく解説します。

労働条件がゆるい

労働条件がゆるい

語弊を恐れず言います。労働条件がゆるい職場を選んでください。

長時間労働や少ない休日は確実にあなたを不幸にします。

なぜかというと、ライフワークバランスの崩壊は心身を破壊するから。

週41時間以上の労働で脳卒中のリスクが高まるともいわれています。

悪は善よりも遥かにパワーを持っています。

悪いことばかりに目がいって些細な幸せに気が付けない状態、想像できますよね。

環境が悪い…と退職して自由な時間を満喫していると、ストレスが急激に減る感覚は僕も覚えがあります。

労働条件は超重要です。

僕の場合は残業NG(あっても20時間まで)年間休日は最低100日以上が最低条件です。

はっきりとNG条件を決めておくことは、失敗しない仕事選びの鉄則です。

ちいさな達成感がある

ちいさな達成感がある

ちょっとでも前に進んでいる感覚は重要です。

なぜかというと、飽きるから。 飽きは鬱に繋がります。

「毎日同じことの繰り返しで生きてる気がしない」テリーとドリーを知っている人は僕と同世代です。笑

  • 昔からの営業手法に変化がない
  • メーカーの型番品を卸して売るだけ
  • 会社規模が縮小している
  • AI・IT・IOTなど時代の変化についていけない

上記のような会社は要注意です。

とはいえ達成感を感じる瞬間を見つけられるのであれば「老舗」でもいいとは思います。

社会貢献がわかる

社会貢献がわかる

社会貢献が明確な仕事は「ちいさな達成」に近い感覚になれます。

なぜかというと、誰かの役に立っている感覚は幸せになれるから。

社会貢献がはっきり目に見えるのであれば「老舗」でもOK。

例えば「酒蔵」なんかは毎年同じことの繰り返しですよね。

気温や天候によって微妙に調整するので内容や味に多少の変化はあるものの、工程が大きく変わる事はありません。

とはいえ。めちゃめちゃ社会貢献してますよね。

蔵開きの日なんかは達成感半端ないと思いますよ。

大小はあれど、何一つ社会の役に立ってない仕事だったり、社会貢献が目に見えない仕事は長続きしにくいです。

やるべきことが明確

やるべきことが明確

やるべきことが明確じゃないと苦労します。

なぜかというと、正解やゴールが見えない状態だと不安になるから。

時代は変わり続けるので10年後を完璧に「当てる」ことは不可能です。

とはいえ。ある程度の未来予測はしつつ、現実とのギャップを埋める作業が「やるべきこと」ですよね。

やるべきことが明確じゃない状態は「ゴールがないマラソン」を走っているようなもの。

まじで疲れるし不安になります。

会社のビジョンが不明確。ビジョンを達成するためにどんなプロセスで「なにをすべきか」はっきり回答できない企業は確実に苦労します。

お金のためだけに会社経営してるんだよねって職場は要注意。

従業員もお金のために働いているだけなので、モチベーションが低く雰囲気は最悪かと。

仕事に多様性がある

仕事に多様性がある

仕事に多様性があるかは重視したいところ。

なぜかというと、飽きるから。

毎日ドッグフードを袋に詰めるだけの仕事したいですかね?

原材料の発注から工程管理、コスト管理やシフト管理など幅広く携わりつつ、ドッグフードの袋詰ならまだマシです。

1つの仕事を極めると関係性の高い仕事がかならずあります。

世の中に1人で完結する仕事はありませんからね。

ドッグフードを売る人だっているわけですよ。

幅広く知見を学べる環境を目指したほうが長続きします。

仕事が続かないときの対処法3選

仕事が続かないときの対処法3選

仕事が続かないときの対処法は次のとおりです。

  1. 真剣に仕事を選ぶ
  2. 仕事を選べる立場になる
  3. 自分で稼ぐ

仕事の選び方には上手い下手があります。

とはいえ。真剣に取り組むことは必須。

ポテンシャルだけで勝負できる天才なんて、この世の中に1%もいないと思いますよ。

詳しく解説します。

真剣に仕事を選ぶ

真剣に仕事を選ぶ

真剣に仕事を選びましょう。

独身であれば東京や大阪などの都心部の企業も候補に入れるべきです。

なぜかというと、本社は都心部に集中しているから。

規模が大きい会社は働き方が多様です。

業績が伸びている企業はビジョンや社会貢献が明確で「やるべきこと」がはっきりしている場合が多いです。

人間関係に関しても人数が多いほうが逃げ場を見つけやすく、メリットは大きいかと。

仕事を選ぶおすすめの方法は点数をつけること。

・今の職場と比較する

・転職先同士を比較する

比較するときは点数をつけて見える化するべし。

詳しくは後悔しない転職先の選び方はたった1つという記事で解説しています。ご一読を…!

仕事を選べる立場になる

仕事を選べる立場になる

仕事を選べる立場になりましょう。

具体的には職務経歴書を意識して働くことをおすすめします。

なぜかというと、職務経歴書はあなたの市場価値を相手に伝えるツールだから。

スカウトサービスのビズリーチはあなたの職務経歴書を見て求人を紹介してくれます。

職務経歴書を定期的に見直して働き方を工夫してみましょう。

詳しくは職務経歴書が書けない!4つの対処法 【作り方と実物を公開】という記事で解説しています。

自分で稼ぐ

自分で稼ぐ

いっそ会社に縛られない生き方をめざすのもありです。

とはいえ。簡単な道のりではありません。

本ブログ(チキンライフ)は副業で運営しています。

とてつもない時間をかけてインプットしました。

アウトプットの中で知見は広がりましたし、ビジネスマンとして成長した実感はあります。

とはいえ。やはり。自分でお金を稼ぐのは大変です。笑

詳しくはブログ型アフィリエイトを始める全知識【親友へ愛を込めて】という記事で解説しています。

仕事が続かない時の対処法まとめ

仕事が続かない時の対処法まとめ

長続きする仕事を選ぶ基準は次のとおりです。

  1. 労働条件がゆるい
  2. ちいさな達成感がある
  3. 社会貢献がわかる
  4. やるべきことが明確
  5. 仕事に多様性がある

真剣に仕事を探して後悔のない選択をしましょう…!

確かに転職は面倒です。

でも、真剣に取り組めばきっといい結果になります。

「このままじゃだめだ」と感じている向上心の強いあなたなら頑張れますよ!

応援しています。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら