仕事の悩み

仕事にやる気がなくなった理由と対処法

・仕事に対するモチベーションがあがらない

・仕事にやる気が出ない

・仕事が楽しくない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事にやる気がなくなった理由
  • 仕事にやる気がなくなるデメリット
  • 仕事にやる気がなくなった時の対処法

仕事にやる気がなくなった…サラリーマンあるあるです。

なぜいかというと、仕事に慣れてしまうから。

いってしまうと、仕事に飽きちゃうんですよね。

とはいえ。仕事に飽きたからといって明らかに手を抜くと会社からの評価は下がります。

最低限やるべきことはやるべし。

ただ、どうしてもやる気がでないときは、選択肢を増やすことでモチベーションを上げる方法もあります。

たとえば、転職サイトで求人と今の仕事を天秤にかけてみるのもあり。

自分で選んだ選択肢であれば、やる気がなくてもやるしかないという状況になるため、自分の行動に納得感が出ます。

職務経歴書を登録するだけでスカウトが来るビズリーチくらいは登録しておきましょう。

無料で使えますし、転職エージェントとの面談もないので気が楽です。 転職する気がない人でもビズリーチを使っているひとは多いですよ。

本記事では仕事にやる気が出なくなる理由と対処法を詳しく解説します。

仕事にやる気がなくなった理由

仕事にやる気がなくなった理由

仕事にやる気がでないと楽しくないですよね。

なんのために仕事してるんだっけ…などと考えつつ働いても突き抜けた成果はでないもの。

仕事にやる気が出ない理由を把握することで対策が立てやすくなります。

詳しく解説しますね。

仕事に飽きた

仕事に慣れるとやる気が出なくなります。

なぜかというと、仕事に飽きるから。

何年も同じ作業をしていると、やはりつまらないですよね。

新しいチャレンジや変化がない仕事はだんだんとモチベーションが下がります。

無理難題が多すぎる

無理難題が多すぎる

無理難題が多すぎると、萎えます。

なぜかというと、プレッシャーが半端ないから。

どうやっても失敗する可能性が高いと、どんよりした未来が見えて嫌な気持ちになりますよね。

命令だからやるけどさ、無理ゲーじゃね?などと感じた瞬間やる気は一気になくなります。

今年は昨対比200%達成したから来年はさらに200%伸ばしてくれ!できるよね?

→ 勘弁してくださいよって感じです。

無理難題が多いとつらいです。

職場に不公平がある

職場に不公平がある

・同僚と仕事量に偏りがある

・自分ばかり気が重い案件が来る

・自分は出来ないくせに仕事を押し付けてくる上司

職場に不公平があると嫌な気持ちになりますよね。

世の中の不公平に不満を持っている人は多いです。

偉そうなことをいいながら、自分はできない上司なんてクソです。

あまりにも理不尽な要求が続くようであれば、転職で環境を変えるか、成果を武器に給料交渉を行うべし。

仕事の裁量権がない

仕事の裁量権がない

仕事に裁量権がないとやる気はでません。

なぜかというと、自分の意志が仕事に反映できないから。

あなたの成果が上司の成果になる場合もありますよね。

いちいち反論してくる上司はマジで萎えます。

自分の意見が入ってないと気がすまない上司は多いです。

とはいえ。上司の印鑑がないと進められない案件がある仕事もありジレンマ。

自分の意志に反する行動を取るストレスは半端じゃないです。

繰り返しですが、仕事に裁量権がないとやる気はでません。

周囲からのサポートがない

周囲からのサポートがない

周囲からのサポートがないと単純につらいです。

なぜかというと、1人の能力には限界があるから。

1人で頑張るより、みんなで頑張る方がモチベーションは上がります。

周囲からのサポートがないとスムーズに仕事が進まない場面もありますよね。

「自分は必要とされてないのかな」と自己嫌悪にもなります。

誰かに頼られたり、頼ったりする状況は自己肯定に繋がります。

周囲からのサポートがないとしんどいです。

仕事にやる気がなくなるデメリット

仕事にやる気がなくなるデメリット

仕事にやる気がなくなるデメリットを解説します。

仕事が楽しくない

モチベーションが低い状態で働いても楽しくないですよね。

なぜかというと、仕事に興味がわかないから。

1日に8時間以上も楽しくない時間を過ごすと気が滅入ります。

職場にいっても楽しくないのが目に見えているとモチベーションは下がるのは当然かと。

適切な判断ができなくなる

やる気がない状態で働いていると、適切な判断ができなくなります。

なぜかというと、思考が浅くなるから。

「まぁこれくらいでいっか」みたいな手抜きをしだすとミスに繋がります。

凡ミスが続くようであればモチベーションが低下していないか疑うべし。

社内からの評価が下がる

モチベーションが低い社員は評価が下がります。

なぜかというと、経営は命がけだから。

やる気満々の上司にとってモチベーションの低い社員は非常に厄介な存在です。

やる気がない社員の仕事は精度が低い場合も多く、同僚にも悪影響を及ぼしかねません。

「モチベーションが低いと評価が下がる」という事実を社内でオフィシャルにすることで緊張感を高めたい側面もあるかと。

社内からの評価は給料にも直結しますし、なにより仕事がしにくくなります。

やる気がない従業員を熱心にサポートする気徳な人はほぼいませんよね。

仕事にやる気がなくなった時の対処法

仕事にやる気がなくなった時の対処法

仕事にやる気が出なくなったときの対処法を解説します。

無心でタスクをこなす

当然ですが、最低限やることはやりましょう。

なぜかというと、周囲に迷惑を掛けるから。

しんどいかもですが、やるしかないです。

ポイントは無心でタスクをこなすこと。モチベーションなど不要です。

ただひたすら目の前にあることをこなしてください。

無心でタスクをこなしたら、さっさと定時で帰りましょう。

適度に休む

適度に休む

適度に休憩を入れることは重要。

なぜかというと、休憩しないとエネルギーは増えないから。

いっそ有給休暇でも使って1日のんびり過ごすといいですよ。

「我慢することは良いことだ」みたいな意味不明な価値観は無視しましょう。

まずは心と身体を大事にしてほしいと思います。

詳しくは会社が怖くて行けない3つの原因と7つの対処法という記事で解説しています。

新しいチャレンジをしてみる

新しいチャレンジをしてみる

新しいチャレンジをするとモチベーションが上がります。

なぜかというと、刺激が増えるから。

・新商品の提案

・新規取引先の開拓

・業務改善の提案

普段の仕事とは関係ないことでも提案を会社に上げていきましょう。

普段使わない脳みそを使うと退屈とはおさらばできます。

積極的にポジティブな提案をする社員は評価も上がりますし、一石二鳥です。

プライベートを充実させる

プライベートを充実させる

仕事以外の楽しみを作っておくのも有効。

なぜかというと、頑張った先にご褒美を用意できるから。

・仕事が終わったら帰りにアイス食べよ

・家に帰ったら韓国ドラマを見よう

・週末は1人キャンプに挑戦しよう

ご褒美はなんでもOK。 仕事が終わったあとに楽しみを作っておくと、仕事の時間が早く感じる場合もあります。

繰り返しですが、自分にご褒美を用意しましょう。

得意なことを仕事にする

得意なことを仕事にする

得意なことを仕事にすると無心で働けます。

なぜかというと、適当にやっても一定の成果が出るから。

得意なことを仕事にすると人生がイージーモードになります。

得意なことを仕事にすると「楽しくはないけど苦でもない」みたいな状況は楽。

一定の成果が出せるので「ちょっと楽しい」とすら思えるときがあります。

思い切って転職する

思い切って転職する

もし「今の仕事がなんだか苦手だな」と感じていてやる気がでないのであれば思い切って転職もありです。

なぜかというと、業界が変われば働き方が変わるから。

・定期的に新しいクライアントに出会えるコンサル

・新規開拓ができる営業マン

・毎年新商品を考える商品企画

変化がある仕事は飽きが少なくモチベーションは維持しやすいです。

僕も元営業マンですが、転職して今は商品開発をやっており、ぶっちゃげ超楽しいです。

転職で職種を変えたり業界を変えたりするのはかなり有効かと。

やる気が出ないなら、興味を維持できる仕事を選ぶべし。

確かに転職は面倒かもです。でも「モチベーションが低い自分が嫌だ」「もっとやりがいのある仕事がしたい」という向上心の強いあなたなら頑張れるはず。

応援しています…!

最後に無料で使えるおすすめの転職サイトをご紹介します。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら