仕事を辞める

仕事から逃げる!辞める時の注意点3つ

・仕事から逃げたい

・職場にいるのが辛すぎる

・逃げると転職活動で不利でしょうか?

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事から逃げたい心理状態
  • 仕事から逃げてもいい理由
  • 辞める時の注意点3つ

僕も仕事から逃げたことがあります。

転職先も決まっておらず、やりたいことも特にない。ただただ辛くて退職しました。

ぶっちゃげ死ぬほど辛いなら逃げてもいいです。

「逃げるな」「甘えるな」そんな外野は無視してOK。

仕事が辛すぎて逃げた僕は今、上場企業で働いています。仕事が楽しいとすら思っています。

仕事から逃げたい人はいますぐ転職エージェントに登録して転職活動を始めるべし。

なぜかというと、選択肢が増えるから。

少しでも明るい未来を感じる転職先を探してください。

仕事のために生きても満足度が高い人がいるのは事実でして。

やはり、仕事選びは重要です。

詳しくは働くために生きても人生の満足度が高い1つの理由という記事で解説しています。

本記事では仕事から逃げたいときの注意点を解説します。

仕事から逃げたい心理状態

仕事から逃げたい心理状態

仕事を辞めることは逃げではありません。

なぜかというと、転職はただの選択肢だから。

楽しくもない仕事に、上司からの圧力。取引先は超わがままで、ストレスフルな職場。

それでも毎日仕事にいっているあなたはすごいです。えらい。もう、十分がんばりましたよ。

繰り返しですが、転職は悪ではありまん。

転職は人生を良くするための手段です。

仕事をやめることは甘えではありません。

とはいえ。転職先を決めていないのになんとなく退職するのは詰めが甘いです。

仕事を辞めたいのであれば、いますぐ転職活動を始めるべし。

詳しくは、仕事を辞めたいのは甘えではないという記事でも解説しています。ご一読を…!

厳しい労働環境

厳しい労働環境

・残業が100時間を超えた

・上司から売上をド詰めされる

・職場がハラスメントの巣窟

厳しい労働環境は悪です。

なぜかというと、ただ辛いだけだから。

何1つ喜びを感じない職場に居続けるストレスは半端じゃありません。

極限なストレスの先にあるのは体調不良です。

体を壊してまで今の仕事を続ける意味ありますか?ないですよね。

「逃げる」ことは自分の命を守るための重要な選択肢です。

仕事へのプレッシャー

仕事へのプレッシャー

仕事へのプレッシャーが以上に多いと仕事は辛いです。

なぜかというと、達成感を感じる余裕がないから。

・目標を達成しても喜ぶまもなく次の目標への詰め

・目標を達成することは当たり前で、業務改善を求められる

逆に、自分の能力を試される場面であれば達成感を感じるはずです。

・プレゼンで商談を成功させる

・目の前の仕事を工夫して作業効率があがる

内側から外にむかって発揮する緊張感であれば自己成長に繋がりますよね。

得られるものがなにもない緊張感に悩まさせることは無駄なエネルギーです。

「相手に気に入られよう」「機嫌を損ねないように」などと気を使って仕事をするとストレスが貯まります。

人間関係が辛い

人間関係が辛い

人間関係が辛いのであれば逃げてよし。

なぜかというと、質の悪い人間を作っているのは職場だから。

・上司も社長から詰められている

・モチベーションが低い同僚

・意味不明な後輩

社員のモチベーションをコントロール出来ない職場は経営の怠慢です。

もっと働きがいのある職場を目指してOK。

やりがいのある仕事は世の中に山程ありますよ。

もっと世界に目を向けるべし。

仕事から逃げてもいい理由

仕事から逃げてもいい理由

仕事からは逃げてもいいです。

なぜかというと、環境が変わるから。

環境が変われば働き方も変わります。今の職場の常識は他の職場では非常識かもです。

逃げることはだめなことだと思うかもですが、そんなことはありません。

意味のない戦いはしない。

もっと平和に生きましょう。

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ。

なぜかというと、環境が変われば行動が変わるから。

あなたが悪いのではなく、組み合わせによって悪いことが起こっているのは事実でして。

悪いことが起きる組み合わせを見つけるべし。

・上司と合わない

・仕事が合わない

・業界に興味がない

環境が変われば組み合わせは変わりますよ。

詳しくは人生詰んだら環境を変えるという記事で解説しています。

今いる世界が全てではない

今いる世界が全てではない

今いる世界が全てではありません。

なぜかというと、世界は広いから。

言ってしまうと、あなたが抱えているトラブルなんて誰も知りません。

・いまより大きな業界

・いまより社会貢献ができる職種

・トレンドを追いかける仕事

あなたにマッチする仕事は必ず見つかります。

逃げてもいいです。そのかわり人生の満足度があがる仕事を探してください。

あなたの選択肢は無限です。

可能性に蓋をして行動しないほうがよっぽど逃げかと。

いまの状況に甘えて向上心を捨てた人に「逃げだ」などと言われても気にする必要はありません。

詳しくは仕事をやめたい人へという記事をご一読ください。

人生に失敗はない

人生に失敗はない

人生に失敗はありません。

キングコング西野亮廣さんの言葉です。

失敗は失敗と思うから失敗になる。

成功するまで行動し続けたら過去の失敗は無駄にはなりません。

涙する夜もあると思います。でも、いつか笑える日が必ず来ます。

繰り返しですが人生に失敗はありません。

あのとき逃げてよかったと思える日が必ず来ます。

僕は「あのとき逃げてよかった」と心のそこから思っています。

詳しくは転職失敗して人生終わりな人へという記事をご一読ください…!

辞める時の注意点3つ

辞める時の注意点3つ

仕事を辞めるときに最も重要なことは自分中心に考えることです。

なぜかというと、あなたの人生はあなたのものだから。

あなたが幸せになるのであればそれで良し。

他人になんと言われようが、自分の人生の満足度を上げることにコミットするべきです。

詳しく解説します。

自分のために生きることを決意する

自分のために生きることを決意する

自分のために生きることを決意してください。

・仕事を辞めること

・逃げること

・新しい道に進むこと

自分のために生きることは自然なこと。

だれもが自分中心に考えて行動しています。

他人のためにあなたの人生を無駄にしないでください。

あなたの人生はあなたのものです。

繰り返しですが、気持ちを強く決意しましょう…!

ぶっちするなら退職代行を使う

ぶっちするなら退職代行を使う

いますぐ逃げたいのであれば退職代行をつかてください。

なぜかというと、退職には手続きがあるから。

保険証を返却したり、会社によっては独自のルールがあります。

ぶっちすると鬼のように連絡が来ることは間違いありません。

退職代行を使えば今この瞬間から、二度と職場の人間と接することはありません。

「二度と関わりたくない」「今すぐ逃げたい」と思うのであればぶっちしてもいいかもですが、面倒な手続きはプロに任せればOK。

繰り返しですが、ぶっちするなら退職代行をつかいましょう…!

転職先を決めておく

転職先を決めておく

在職中に転職活動することは鉄則です。

なぜかというと、無職は辛いから。

単純に生活費が足りなくなりますよね。

また、転職先が決まっていれば退職しなければいけません。

仕事を辞める以外の選択肢がない状況をつくることで決意を固めましょう。

まだ転職活動を始めていないのであれば、今すぐ転職エージェントに登録するべし。

仕事を辞める、逃げる、普通です。

仕事を辞める、逃げる、普通です。

インターネット通販のアマゾンは戦略的撤退を何度も何度も繰り返しています。

18の新規事業を短期間で辞めているとも言われてまして。

アマゾンは試し上手の辞め上手。

詳しくはアマゾンの事業撤退の事例から成功の秘訣を学ぶという記事をご一読ください。

「うまくいく」と思っていても「実際は違った」という場面は必ず発生します。人生も同じです。

アマゾンほどのIT企業がビッグデータを使っても未来を予測出来ないのに、一般人の僕たちが未来を予測することは相当難しいかと。

やってみて、だめだったら潔く撤退しましょう…!

仕事を辞めること、逃げることは普通です。

諦めずに新しいことに挑戦し続ければ「あのとき逃げてよかった」と思える日が必ずきます。

もし、仕事選びに迷っているのであれば後悔しない仕事選びの方法という記事も参考にしてください。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

挑戦回数が増えれば成功確度はあがります。転職エージェントは複数登録するべし!

リクナビエージェント

マイナビエージェント

doda

ビズリーチ

応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら