仕事を辞める

貯金なし。でも、仕事やめたい【5つの解決策】

辞めたいひと
辞めたいひと
仕事辞めたいな…。次の仕事は決まってないけど、貯金っていくらあったら大丈夫なんだろう。というか次が決まってないのに退職してもいいのだろうか。

アドバイザー
アドバイザー
貯金は0でもいいです。 ただし、在職中に転職活動したほうがいいですよ。

本記事の内容はつぎの通りです。

  1. 仕事を辞めるとき貯金は0でいい3つの理由
  2. 在職中に転職活動する
  3. アルバイトする
  4. 実家に帰る
  5. 借金する
  6. 3ヶ月は自力で生きる必要あり

仕事はやめたいけど、貯金がない。とにかく不安ですよね。過去の僕もそうでした。

僕は貯金0で仕事をやめたことがあります。25歳のときです。実家に帰って親から金銭的な支援をもらいました。

いますぐ辞めたいほど辛い仕事なら、仕事を続けた場合のリスクを考えたほうがいいかもです。

とはいえ。お金の不安は精神的にしんどいのも事実でして。

とりあえずdodaにでも登録して転職活動を始めることをおすすめします。

\無料でdodaに登録/

無料でdodaに登録(公式サイトはこちら)

※登録後も一切お金はかかりません。

本記事ではお金なしで仕事を辞める5つの解決策を解説します。

仕事を辞めるとき貯金は0でいい3つの理由

仕事を辞めるとき貯金は0でいい3つの理由

貯金がなくても仕事をやめていい理由はつぎの3つです。

  1. 生活コストはさげることができる
  2. サラリーマン以外でもお金を稼ぐことができる
  3. 借金できる

ぶっちゃげ、なんとでもなりますよ。

今すぐ辞めたいほどストレスが多い仕事を続けるほうがリスクです。

なぜかというと、心の病気にでもなって倒れたら再起するまで膨大な時間がかかるから。

心の病気になるほど悩んでいないなら在職中に転職活動をしましょう

貯金が0でも仕事をやめるための解決策を具体的にご紹介します。

在職中に転職活動する

在職中に転職活動する

心の病気になるほど悩んでいないなら在職中に転職活動をしましょう。

貯金がないなら次の転職先を決めておくことがベスト。

転職先がすぐに見つかるとは限りませんからね。

お金に不安がある状態で転職活動をしても焦るだけです。

次の仕事が決まってないのに仕事を辞めるメリットは一切ありません。

在職中の転職活動は当たり前

在職中の転職活動は当たり前

貯金の有無に関わらず、在職中の転職活動は当たり前です。

なぜかというと、現職と比較しつつ検討できるから。

納得のいく労働条件や仕事はすぐに見つかりません。

現職と比較しつつ希望条件を精査していくことも重要。

外の世界と比較することで現状の問題点が浮き彫りになってくるはず。

希望の条件に確信を持つためにも在職中に転職活動をするべきです。

在職中の転職活動は問題ない

在職中の転職活動は問題ない

職場に転職活動がばれないように配慮しましょう。

転職活動がバレるとお互いにいい気分になりませんよね。

現職場には敬意を持って行動するべし。

とはいえ。あなたの人生のほうが大切です。

あなたはもっと将来について真剣に考えるべきですよ。

あなたの人生に責任を取れるのはあなただけです。

ベタですけど人生一度きりですからね。

貯金がないならアルバイトする

貯金がないならアルバイトする

我慢できないほどのストレスを抱えているなら仕事は今すぐ辞めてもOK。

僕も残業が月100時間を超え、上司からのプレッシャーに耐えきれず逃げるように退職しました。

体力も心も消耗して行き着く先は闇が深いですよ。

貯金がないならアルバイトでもして生活を維持しましょう。

アルバイトしつつ転職活動すればOKですよ。

アルバイトなんていつ辞めてもいいですからね。

アルバイトを1日で辞める!初日に退職する手順と4つの注意点でも解説していますのでご一読を…!

貯金がないなら実家に帰る

貯金がないなら実家に帰る

生活コストを極限までさげるためには実家がベストです。

色々イヤミは言われるかもですが、背に腹は変えられません。

親から金銭的に支援を受けたいのであれば正直に伝えましょう。

将来についてある程度考えをまとめておくと、親の不安も少しは軽減されますよ。

親に退職を伝える方法は親に退職を伝えるときは未来を示す【支援を受けたいなら具体的に】という記事で解説しています。

最終手段は借金

最終手段は借金

サラリーマンであればクレジットカードくらい持ってますよね。

カードローンでも50万くらいは借りれます。

最終手段ですが、借金もあり。

返せないほどの借金は人として最低なのでご利用は計画的に。

ぶっちゃげ僕も昔は借金まみれでした。

最終的に完済して、誰にも迷惑をかけないのであれば問題ないですよ。

最低3ヶ月は自力で生きる必要あり

最低3ヶ月は自力で生きる必要あり

転職先が決まってないまま退職すると3ヶ月は自力で生きる必要があります。

なぜかというと、失業保険であれば3ヶ月、職業訓練受講給付金であれば1~2月、お金が振り込まれるまでに待機期間があるから。

計画的に貯金をしてから退職したいのであれば3ヶ月は生きていけるようにやりくりしましょう。

詳しくは仕事から逃げるときの3つの注意点という記事でも解説しています。ご一読を…!

職業訓練受講給付金をもらう

職業訓練受講給付金をもらう

生活がある程度維持できるなら職業訓練は価値ありです。

なぜかというと職業訓練受講給付金という制度は勉強しながらお金がもらえるから。

お金がもらえる条件はちょっと厳し目ですが、月10万円程もらうことが可能。

僕のまわりのWEBデザイナーも職業訓練で勉強してキャリアチェンジしたひとがかなり多いです。

申込みはお近くのハローワークに問い合わせしましょう…!

失業保険は当てにしない

失業保険は当てにしない

ぶっちゃげ失業保険はあてにしないほうがいいかもです。

失業保険は確かにお金がもらえますが、振り込みまで時間差があります。

退職理由が自己都合の場合は、お金が振り込まれるまで3ヶ月は自力で生きていく必要もあります。

3ヶ月以内に就職が決まれば失業保険はほぼ振り込まれません。

再就職手当もありますが…就職した後なのでもらえないよりマシくらいに思ったほうがいいかもです。

貯金がないならいますぐ転職活動を

貯金がないならいますぐ転職活動を

退職後の生活費が心配であれば在職中に転職活動しましょう。

転職活動をしていると、ぶっちゃげ「今のままでもいいかも」と思うこともあります。

現職と比較しつつ求人を見ているとなんとなく気持ちの整理がついたりしますからね。

確かに転職は面倒です。でも行動しないと現状は変わりません。

転職活動で得られるものは未来の選択肢です。選択肢もなしに悩んでも時間の無駄ですよ。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。無料でプロの見立てが聞けるので利用しない理由がないんですよね

とりあえず将来の選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

転職する気がなくても利用可能。転職サイトと転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに登録する/

無料でdodaに登録する(公式サイトはこちら)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

転職実績は業界No.1で求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートエージェントに登録する(公式サイトはこちら)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら