仕事の悩み

やりがいを感じる仕事の見つけかた5選【ヒカキンが教えてくれた】

辞めたいひと
辞めたいひと
最近仕事が楽しくないな…。もっと楽しく働きたいけど、どうやったら仕事にやりがいを感じるんだろう。今の仕事にやりがいがない場合は転職すべきですかね。
アドバイザー
アドバイザー
やりがいがあろうがなかろうが目の前の仕事に全力で取り組めないのであれば転職しても意味はないです。転職して解決する問題もあるかもですが、まずはあなたがやりがいを感じる瞬間を見つけることが大切です。

本記事の内容はつぎの通りです。

  1. やりがいを感じる仕事はヒカキンが教えてくれた
  2. やりがいを感じる仕事の見つけかた5選
  3. 思い切って転職はあり

僕は3回転職していますが、圧倒的に今の仕事にやりがいを感じています。

なぜかというと結果と評価がわかりやすいから。

僕は小売業でバイヤーをしていますが、自分が仕入れた商品の売れ方でお客様に満足していただけたかが一目瞭然。売上はお客様からの評価ですからね。

やりがいは人それぞれですが、やりがいを感じる仕事の見つけかたには共通点があります。

本記事で詳しく解説します。

やりがいを感じる仕事はヒカキンが教えてくれた

やりがいを感じる仕事はヒカキンが教えてくれた

ヒカキンさんは日本のトップユーチューバです。

「久々のオフなのでプライベート多めな1日」として始まる動画のヒカキンさんの1日のスケジュールはつぎの通りです。

  • 朝9~13時まで自宅で動画編集
  • 14時~18時会社でミーティング X 2
  • 18時~21時プライベート(買い物)
  • 21時~できる限り 自宅で動画編集

これでプライベート多めという感覚です。

普段どれだけ仕事やってんだろ…って思いますよね。

やりがい以上の使命に近い感覚がないとここまでは頑張れないかもです。

もはや仕事 = 生活の一部かもですね。

【ヒカキン1日密着】プライベート&仕事 朝から晩まで丸一日撮ってみた。【全てiPhone11 Proで撮影】【Vlog】

やりがいを感じる仕事とは

やりがいを感じる仕事

やりがいを感じる仕事は誰にどれだけ影響を与えるかに尽きると思います。

なぜかというと、やりがいを求める行為は精神的欲求だから。

マズローの欲求5段階説でいうと承認欲求や自己実現欲求に該当します。 「他者から価値のある存在だと認めてもらいたい」「自分の能力を最大限発揮したい」という感情は普通です。

繰り返しになりますが、誰にどれだけ影響を与えるかによってあなたの価値を認めてもらえますよね。

最大限影響を与えるためにはあなたの実力を発揮する必要があります。

主体性を持って動く

主体性を持って動く

より多くの影響を与えるためには主体性を持って動く必要があります。

なぜかというと、他者との接触回数が増えるから。

たとえばあなたの考えに基づいて「意見する」「実行する」ということです。

ポイントは「あなたがどうしたいか」です。

意見が採用されればあなたの価値は上がりますし、実行した結果によって影響値は変わります。

業種や職種によって、できることは限られるかもしれません。

誰にどれだけ影響を与えるか

誰にどれだけ影響を与えるか

あなたの行動で変化する対象を考えましょう。

ぜかというと、誰のためになる仕事か理解することで、対象への影響値を観察することができるからです。

  • 看護師であれば → 患者さん
  • 営業であれば → 取引先
  • 営業事務であれば → 営業 
  • 企画であれば → 開発
  • ヒカキンであれば → 視聴者

誰にどれだけ影響を与えているかしっかり見極めましょう。

とはいえ。その背景にはお客様がいることを忘れてはいけません。

最終的に考えるべきことはお客様への影響です。

もっというと市場ですね。

もっというと世の中です。

市場に与える影響、世の中に与える影響、対象が大きくなるほどやりがいは増します。

売上はお客様からの評価

売上はお客様からの評価

売上はお客様からの評価です。

なぜなら消費者はいい商品やサービスだと判断して購入するから。

売上を伸ばすことだけが、判断基準ではないですが1つの基準として捉えるべきでしょう。

定量的に捉える感覚が必要です。

評価が高いとその分あなたが認めてもらえた証拠ですよ。

やりがいを感じる仕事の見つけかた5選

やりがいを感じる仕事の見つけかた5選

やりがいを感じる仕事の見つけかた5選を解説します。

あなたの価値を認めてもらう

「頑張ったね」「いつもありがとう」という言葉だけでも十分な人もいます。

とはいえ。一番わかりやすいのは給料ですよね。

あなたの価値を認めてもらった結果、報酬は上がるべきです。

実務内容と報酬が釣り合っていな場合はやりがいを感じないかもしれません。

ヒカキンでいうと、視聴回数かと。

ヒカキンに「好きです」と伝えたいなら、Hikakin TVをチャンネル登録して動画を見まくったほうがいいです。

実力を発揮する

実力を発揮する

実力を発揮できるポジションになることも大切です。

なぜかというと職種によって権限は変わるから。

意見を実際の形にデキるひとは評価が上がります。

評価が上がればやりがいも感じることができるはず。

他者から認めてもらうためには結果を示すことが一番わかり易いですよね。

あなたが活躍できる仕事を探すべし。

あなたに適したことをする

あなたに適したことをする

自己実現のためには、あなたに適した仕事をする必要があります。

適したことをしていない限り、新たな不満が発生して落ち着かなくなります。

マズローの5段階欲求説によるとすべての欲求は自己実現に紐づくとされています。

なにがあなたに適したことなのか、実際にやってみないとわからない部分もたくさんあると思います。

まずは目の前の仕事に全力で取り組みつつ、時折内省して振り返りを行いましょう…!

繰り返しですが、あなたが活躍できる仕事を探すべし。

やりがいを見つける方法は全力でやること

やりがいを見つける方法は全力でやること

やりがいを見つけるためには目の前の仕事に全力で取り組みましょう。

なぜかというと、少なからず他者に認めてもらえるようになるから。

極端な話、仕事を通じてあなたを認めてくれる人が1人だけでもいれば承認欲求は満たされます。

たった1人に感謝されてもやりがいを感じないのであれば、より多くの人に認めてもらえるポジションに職種を変えることも手段です。

自己満足するポイントを見つける

自己満足するポイントを見つける

誰からも認めてもらえないなら自分で自分を褒めましょう。

なぜかというと、あなたのとこを一番理解しているのはあなただから。

自己満足で仕事しても問題ありませんよ。

世の中にないものを作るとか、誰かの役に立つとか、自己満足できるポイントを見つけるべきです。

自己満足できる環境を探しましょう。

思い切って転職はあり

思い切って転職はあり

仕事にやりがいを見つける最終手段は転職です。

なぜかというと、ポジションが変わると影響力が変わるから。

年収は業種と職種によって決まります。

年収は他者から価値のある存在だと認めてもらった結果ですよね。

お金が全てではなのですが、一つの判断基準にはするべきかと。

実力を発揮して影響力を最大化させていくことで、あなたの価値は上がります。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。無料でプロの見立てが聞けるので利用しない理由がないんですよね

とりあえず選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

dodaは業界No.2。転職する気がなくても利用可能です。エージェントには「いい求人があれば検討したい」と伝えましょう。

自分で求人を探す転職サイトと、転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに登録する/

無料でdodaに登録する(公式サイトはこちら)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは業界No.1。さすがの転職ノウハウは利用価値が高いです。

求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートエージェントに登録する(公式サイトはこちら)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら