仕事の悩み

精神的な理由で仕事を休みたいときの対処法【メリット・デメリット】

・精神的にしんどくて仕事に行きたくない

・精神的な理由で仕事を休むと気が引ける

・精神的な理由で仕事を休むのは甘いでしょうか?

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 精神的な理由で仕事を休みたい人は多い
  • 精神的に仕事を休みたい理由
  • 精神的な理由で仕事を休むメリット・デメリット
  • 精神的に仕事を休みたい時の対処法

精神的に辛いときは休息が大切です。

なぜかというと、過度なストレスは仕事のパフォーマンスをさげるから。

僕も圧力的な雰囲気が蔓延している建築業界で毎月100時間残業していたときは精神的に辛かったです。

とはいえ。休みにくい職場環境があるのも事実でして。

「転職で環境を変える」という手段があることも忘れないでください。

最終手段として転職があると知っているかどうかで働き方も変わるものですよ。

本記事では精神的に仕事を休みたい理由と対処法を解説します。

\無料で使える転職エージェント/

20代におすすめの転職エージェントランキングはこちら。

※登録後もお金はかかりません。

\無料で使える転職エージェント/

30代におすすめの転職エージェントランキングはこちら。

※登録後もお金はかかりません。

精神的な理由で仕事を休みたい人は多い

精神的な理由で仕事を休みたい人は多い

精神的な理由で仕事を休みたい人は多いです。

なぜかというと、仕事はストレスがつきものだから。

同僚や上司からの評価を考えると、モチベーションの低さを露呈して働くわけにもいきません。

いっそ仕事を休んでしましたいと思うのは自然なことです。あなただけではありません。

精神的な理由で仕事を休むのは全然OK。

英気を養って、また頑張れるのであれば問題ありません。

精神的に仕事を休みたい理由

精神的に仕事を休みたい理由

仕事には行きたくないし毎日家にいたいと思うのであれば脳が疲れている証拠です。

精神的に仕事を休みたいなら、無理はせずに休みをとりましょう

「人間関係」「仕事がうまくいかない」「モチベーションが低い」という状況であれば精神的に疲れてしまうものです。

詳しく解説します。

人間関係がうまくいかない

人間関係がうまくいかないと精神的につらいですよね。

なぜかというと、周囲に気を使うから。

1日中気を張って仕事をしていては疲れるばかりです。

たまには1人でゆっくりしたいと思うのは自然なことですよ。

仕事がうまくいかない

仕事がうまくいかない

仕事がうまくいかないときは会社に行きたくなくなるもの。

・上司からの叱責

・同僚への配慮

・取引先への謝罪

明らかに分が悪い戦いが目に見えているときは職場に行きたくなくなりますよね。

とはいえ。仕事が一段落ついてから休むことをおすすめします。

なぜかというと、休日に仕事のことを完全に忘れるのが難しくなるから。

「休みの日なのに次回出社での立ち回りを考えてしまう」なんてこともよくある話です。

今の仕事が一段落したら休むなど計画的な休養がおすすめです。

モチベーションが上がらない

モチベーションが上がらない

モチベーションが上がらないと職場にいるのが辛いですよね。

なぜかというと、仕事が楽しくないから。

精神的に落ち込んでいる状態では、何をやってもうまくいかないのは当たり前です。

タスクは問題なくこなしながらも、仕事で新しいチャレンジをしたり、プライベートを充実させるなど「休み以外の対処法」も大切です。

仕事にやる気がなくなった理由と対処法という記事でも詳しく解説していますのご一読ください。

精神的な理由で仕事を休むメリット・デメリット

精神的な理由で仕事を休むメリット・デメリット

精神的な理由で仕事を休むメリットとデメリットを解説します。

メリット

精神的な理由で仕事を休むメリットは英気を養えること。

体力は十分残っているはずなので、思いっきり遊んだり、普段参加できないイベントに参加するなど充実したプライベートを過ごすべし。

有給休暇には独特な特別感がありますよね。

プライベートが充実すると仕事にメリハリが出てモチベーションは上昇するもの。

嫌な気持ちをリセットして心を充実させることが出来ます。

デメリット

精神的な理由で休むでデメリットは罪悪感を感じることです。休んでいる気になれません。

休日は何をしても自由です。

罪悪感など感じる必要はないのですが、真面目な人ほど有給休暇を満喫できない傾向にあります。

有給休暇に罪悪感を感じるのであれば、仕事で成果を出してストレス発散するという手段もあることを忘れないでください。

精神的に仕事を休みたい時の対処法

精神的に仕事を休みたい時の対処法

精神的に仕事を休みたい時の対処法を解説します。

とにかく休む

精神的に辛いのであれば適度に休みをとってください。

有給休暇が使えないのであれば、こまめにコーヒーブレイクを入れたり、プチおやつをとったり休憩多めでやり過ごしましょう。

急な有給休暇が使いにくい職場であれば計画的に休みをつかって英気を養うのもおすすめ。

詳しくは会社が怖くて行けない3つの原因と7つの対処法という記事も参考にしてみてください。

考え方を変える

考え方を変える

精神的に辛いのであれば考え方を変えてみるのも1つの手段です。

仕事を適当に流すという手段もあり。

真面目に仕事をこなして頑張るのもいいかもですが、適度にエネルギーを調整するものありです。

生産性に目を向けてみればモチベーションが全てではないことに気がつくはずです。

詳しくは【適当でいい】仕事を流す3つのコツという記事で解説しています。 

行動を変える

行動を変える

・目の前の仕事に工夫をしてみる

・会社に提案を上げる

・新しいチャレンジをする

新しい動きをしてみると刺激が増えるので仕事が楽しくなります。

仕事がつまらない最大の原因は慣れによる飽きです。

精神的にしんどいなと思うのであれば自分がやりたい仕事を提案してみましょう。

詳しくは周りは忙しいのに自分だけ仕事が暇という記事で解説しています。

経験資産の貯蓄を狙う

経験資産の貯蓄を狙う

サラリーマンのメリットは経験資産の貯蓄です。

なぜかというと、経験資産が増えると市場価値が上がるから。

他業種でも再現性が高いプロセスを経験していれば、あなたを中途採用したい企業は増えます。

ちょっとゲスいですが、あなたの価値が上がる動きをしてみましょう。

・スキルの増加

・マネージャー経験

・新規プロジェクトのリーダー

あなたの得になる働き方を考えるべし。

詳しくはサラリーマンのメリットは「経験資産」の貯蓄という記事で解説しています。

思い切って転職する

思い切って転職する

思い切って転職するのもありです。

なぜかというと、環境が変われば働き方も変わるから。

会社からプレッシャーを与えられて頑張れる人もいれば、自ら進んで動くことで成果を出せる人もいます。

・個人プレーが好き

・チームワークが好き

・売上をつくる役割が楽しい

・総務的な内部管理が楽しい

あなたの正確にマッチした働き方を目指すべし。

転職は人生をよりよくするための手段です。

精神的なつらさが働き方に起因しているのであれば「環境を変える」という手段があることも忘れないでください。

精神的なつらさは解消しなければいけない

精神的なつらさは解消しなければいけない

精神的な辛さは解消しなければいけません。

なぜかというと、労働時間は長いから。

人生の3分の1以上の時間を使って、辛い思いをし続けるなんてバカバカしいですよ。

仕事のストレスは仕事で発散するという考え方もあります。

でも、精神的に辛いのに休めない状況は、ぶっちゃげ環境が悪いです。

確かに転職は面倒かもです。でも「このままじゃ嫌だ」「モチベーション高く働きたい」という向上心の強いあなたなら、もっといい環境を手に入れることは可能ですよ。

マイナビエージェントに相談して転職活動を始めてみてください。

選択肢が広がると未来は想像しやすくなりますからね。

応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら