転職活動

楽な仕事11選【楽な探し方の探し方も解説】

  • 楽な仕事をしたい
  • 働きたくない

そう思っているひとは多いと思います。

僕はFランク大学卒業後パワハラ系ブラック企業に就職しました。

3回の転職を経てホワイトな上場企業で働いています。33歳です。

一般的に「楽な仕事」といわれているものが「あなたが楽だと感じる仕事」とは限りません。

なぜかというと、性格や環境に左右されるから。

とはいえ。ハードすぎる仕事は精神的にも体力的にも長続きしません。長時間労働は避けるべきです。

また、ルーティンワークで簡単な仕事は楽かもですが、楽なだけの仕事は多分つまらないですよ。

毎日ドッグフードを詰めるだけの仕事したいですか?

本記事では楽な仕事をご紹介しつつ、ほどよく緊張と緩和が取れた仕事の探したかたも合わせて解説します。

※今の仕事をすぐにでも辞めたい人は…

実は転職者のほとんどは在職中に転職活動をしています。なぜかというと、辞めたあとの生活が不安定になるから。

次の仕事が決まってないのに退職するのはリスクが高いです。

すぐにでも仕事を辞めたいのであれば転職のプロに相談するべし。

・全員におすすめ

『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的で幅広い職種に対応。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・20代におすすめ

『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・30代におすすめ

『doda』

特徴:サポート・求人の質が高い。高収入案件も豊富。リクルートについで業界No.2。

公式サイト:https://doda.jp/

※どこに登録するか迷ったら業界No.1のリクルートエージェントで間違いありません。

リクルート公式サイトはこちら

楽な仕事の判断基準

楽な仕事の判断基準

楽な仕事を見極める基準は次のとおりです。

  • 体力的に楽
  • 精神的なストレスが少ない
  • ノルマがない
  • 面倒な人間関係がない
  • 忙しすぎない
  • 休日が多い
  • 残業がない
  • 責任が大きすぎない

逆に楽な仕事を探したいなら次の条件は外して考えるべきです。

  • 給料が高い
  • やりがいがある
  • 達成感がる
  • 社会的貢献を感じる
  • 勤務地にこだわる

また、職種は同じでも業界や会社によって「落さ」が異なるため業界研究や企業研究は必須かと。

事務職A:データ入力のみで定時上がり

事務職B:お客様から電話で受注 → カタログで品番を調べる → 発注・発送手配をこなしつつ毎日2~3時間残業(営業マンの携帯電話につながらないと事務所に電話するひともいます。)

職種でフィルターをかけてもいいですが、転職先が「どんな会社」で「何を求めているか」最低限調べないとミスマッチが起こります。注意しましょう。

楽な仕事11選

楽な仕事11選

一般的に「楽」と言われている仕事を11つご紹介します。

とはいえ。あなたにとって「楽」かという基準で見てほしいと思います。

なぜかというと、得意不得意があるから。

データ入力なんかはきっと楽ですけど「じっと座っているのが苦痛な人」にとっては楽ではないですよね。

詳しく解説します。

データ入力

データ入力

事務職の中でもデータを入力するだけの仕事は超楽です。

何も考えなくていいですし、1日中座って作業できるため体力的に楽です。

向いてるひと

・ルーティーンワークが苦じゃない

・PC操作が得意

向いてないひと

・じっと座っているのが苦手

・人からの指示で動くのが苦手

ルート営業

最初のうちは商品や業界の知識を覚えるのが大変かもです。

とはいえ。お客様といい関係ができてしまえば、自動的に注文が入るため超楽です。

営業職は残業や休日は業界や会社によって大きく差が出てしまうため注意が必要です。

向いてるひと

・話すのが得意

・売り込むのが得意

向いてないひと

・コミュ障

・数字が苦手

地方公務員

残業もなく、休日も多いです。

仕事内容はルーティンワークなので楽かと。

基本は困っているひとを助ける仕事なので丁寧な接客は必須です。

向いているひと

・公務員試験の勉強を頑張れる

・行政に興味がある

向いていないひと

・年功序列が嫌

・丁寧な接客が苦手

販売員

販売員

いってしまえば売り場に立っているだけです。

繁忙期はレジ打ちが大変かもですが、単純作業ですよね。

多少の事務作業もあるかもですが、大したことはありません。

向いているひと

・暇な時間があっても平気

・接客できる

向いていないひと

・立ち仕事が苦手

・接客が苦手

インストラクター

たとえば、ヨガやダイビングなど専門性の高いインストラクターは慣れてしまえば楽です。

興味のあることをひとに教えるので仕事を楽しいとすら感じるかもです。

向いているひと

・興味のあるジャンルがある

・ひとに教えることが得意

向いていないひと

・興味のある専門分野がない

・ひとに教えることが苦手

団体職員

たとえば、浄水場の管理や公益財団法人スタッフなど「非営利団体」はノルマもないし労働環境はいいかと。

財政が安定している場合が多いので定年までしっかり働ける可能性が高いです。

向いているひと

・ひとのために尽くせる

・人間関係を含む調整が得意

向いていないひと

・他人に興味がない

・きっちりとしたルールに縛られるのが苦手

清掃員

清掃員

清掃するだけです。

拘束時間や忙しさは会社に左右されるため注意が必要です。

向いているひと

・きれい好き

・ひとに尽くせる

向いていないひと

・大雑把なひと

・きれい好きじゃない

在宅ワーク

リモートワークやフリーランスなど、自宅で作業ができると精神的に楽です。

とはいえ、高い専門性を求められる場合が多いのでスキルに自身がないひとは難しいかも知れません。

向いているひと

・自己管理ができる

・専門性を持っている

向いていないひと

・自己管理ができない

・仕事に集中できる自宅環境ではない

警備員

基本的には鍵の管理と見回り点検が仕事になります。

まれに面倒なテナントがビルにはいっているかもですが、毎日トラブルが起こることはありません。

向いているひと

・男性

・トラブルに冷静に対応できる

向いていないひと

・ルーティンワークが苦手

・シフトワークが苦手

トラック運転手・配送員

トラック運転手・配送員

体力に自信があるのであればトラック運転手はおすすめです。

運ぶ荷物の種類に左右されますが、積み込んで目的地に降ろすだけの単純作業です。

向いているひと

・体力に自信がある

・運転に自信がある

向いていないひと

・体力に自信がない

・運転に自信がない

工場作業

工場はラインであれば単純作業です。

慣れてしまえばこれ以上楽な仕事はないかと。

毎日ドッグフードを詰めるだけの仕事です。

とはいえ設備投資によって仕事そのものが将来的に無くなる可能性もあるため注意が必要です。

向いているひと

・単純作業が得意

・細かいところに気が利く

向いていないひと

・単純作業が苦手

・仕事にやりがいを求める

楽な仕事に就くために必要なこと

楽な仕事に就くために必要なこと

楽な仕事に就くために必要なことは次の4つです。

  1. 自分がどういう点に「楽だ」と感じるか明確にする
  2. 面接や面談で詳細を聞く
  3. 実際にその仕事をしている人から話を聞く
  4. 転職エージェントに相談する

ちょっと解説します。

自分がどういう点に「楽だ」と感じるか明確にする

今の仕事つらいですか?

どんな仕事だと楽だと思いますか?

想像してください。

あなたが思う楽な仕事を見つけたら、実際に働く姿もイメージしましょう。

ぶっちゃげ、「楽な仕事」は人それぞれです。

僕は毎月100時間以上残業していたので、定時に仕事が終わるだけで気持ちが楽です。

パワハラにトラウマがあるので信頼できる仲間と仕事中にちょっとした談笑をするだけでもがんばれます。

楽な職種を選ぶよりもあなたにあった仕事を探すことをおすすめします。

詳しくは後悔しない転職先の選び方はたった1つ【失敗しないポイント15選】という記事をご一読ください…!

実際にその仕事をしている人から話を聞く

TwitterなどのSNSで同じ仕事をしているひとを探してみましょう。

また、転職会議を使ってネガティブな情報を積極的に集めます。

なぜかというと、あなたも同じ状況になる可能性があるから。

情報を集めた後に「あなたはどう思うか」自分ごととして考えてみましょう。

面接や面談で詳細を聞く

面接や面談で話を聞く

今の仕事の問題点を転職で解決したいなら面接や面談で詳細を確認しましょう。

なぜかというと、ミスマッチが減るから。

ミスマッチはお互いに損します。

採用側も「労働条件が合わない」と感じれば採用はしません。

面接で聞きにくいことは内定後の「オファー面談」や「先輩社員との面談」で確認してもOK。

面談の設定は転職エージェントを経由するとスムーズです。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに素直な気持ちを相談しましょう。

あなたにマッチした求人を紹介してくれますし、プロとしての見解を教えてくれます。

転職エージェントは企業との関係も大切にしているので、「長続する可能性がある求人を紹介」してくれます。

たまに、転職をゴリ押しするエージェントもいますが、冷静に対応しましょう。

転職エージェントは求人の紹介と転職サポートをしてもらえるサービスのこと。時間がない中で効率よく転職活動を進めることが可能です。

自分で求人を探して直接応募する転職サイトに比べると、確実に書類通過の確度は上がります。

エージェントのサポート内容…

  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたにあった仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削&面接対策のサポート
  4. 推薦状付きで応募してくれる
  5. 面接日程を調整してくれる
  6. 内定獲得後の給料交渉をしてくれる

無料でサポートしてくれます!

転職エージェントを利用しない場合は上記をすべて1人で対応することになります。

時間がない中で企業に気配りをしながら転職活動を進めるのはストレスです。

転職エージェントを利用すれば、情報収集や面接対策に集中できますよ。

転職エージェント利用の流れ

  1. 公式サイトから無料で登録
  2. エージェントと面談
  3. 紹介された求人を確認
  4. 職務経歴書の添削(エージェントに相談)
  5. 求人へ応募
  6. 面接対策(エージェントに相談)
  7. 企業との面接
  8. 内定後エージェント経由で給料交渉と入社日の調整

※求人に納得できな場合は無理に応募する必要はありません。内定を断ることも可能です。

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

登録したからといって無理に応募する必要はありません。

まとめ

楽なだけの仕事を求めてもいいかもですが、そもそも「あなたが転職に何を求めているか」が最も重要です。

職種だけに焦点を当てると失敗する確率があがりますので、ご注意ください。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら