仕事の悩み

【終わってる】未来のない会社の特徴5選と3つの対処法

・会社の未来が想像できない

・会社や上司の指示に納得できない

・ストレスが限界かもしれん

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 【終わってる】未来のない会社の特徴5選
  • 【終わってる】未来のない会社で働く「あなたの未来」
  • 【終わってる】未来のない会社で快適に過ごす対処法3選

「終わってる」「未来がない」会社に不信感を抱えながら働くの、普通に嫌ですよね。

こういった悩みを放置していると最悪「鬱」になりかねません。

仕事のストレスって本当に辛いです。

1つだけ気をつけてほしいことは「終わってる会社」「未来のない会社」で働き続けるとあなたの人生も「終わっている」「未来のない」状態になる可能性があるということ。

なぜかというと、個人の成長角度は働く環境によって左右されるから。

転職という選択肢を持つことで「今の環境に居続けてもいいのか」が見えてくるもの。

行動次第で選択肢は変わりますからね。

職務経歴書には「あなたのやってきたことと、できること」を書かなければなりません。

今の環境にい続けて何が書けますか?

また、30歳を過ぎると選べる転職先が減るのは事実です。

定期的にキャリアプランを見直して、将来の不安減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめですが。

とりあえず選択肢を知りたいだけなら業界No.2のdodaがおすすめ。

dodaは担当者が物腰柔らかく催促されることはありません。

無料で「プロ」に相談できるので利用しない理由がないんですよね。

転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。

無料登録はこちら(doda公式サイト)

本記事では「終わってる会社」「未来のない会社」の特徴を解説しつつ、あなたにおすすめのアクションプランをご紹介します。

【終わってる】未来のない会社の特徴5選

【終わってる】未来のない会社の特徴5選

「終わってる会社」「未来のない会社」の特徴を解説します。

パワハラの日常化

パワハラが日常化している会社は終わってます。

なぜかというと、モラルがない環境では健全な成長が見込めないから。

人が成長しない = 会社が成長しない

ベテラン従業員はすでに洗脳状態で、新人は社会の厳しさを知ることになります。

「厳しい環境でこそ人は育つ」という人もいるかもです。それも一理あります。

とはいえ。権力や立場を利用して「他人をコントロールする」ことは人として間違っています。ただのジャイアンです。

会社が成長していない

会社が成長していない = あなたの給料は上がらない

当然ですよね。

利益を増やす方法は2つしかありません。

・入ってくるお金を増やす

・出ていくお金を減らす

成長していない会社はお金がたりず、必要な投資も行えず、生産性は下がり、業績悪化します。

システム導入やWEBの活用なんてしてる余裕ないですからね。

資金不足の会社で個人がまともな成長をするのは不可能に近いです。

離職率が高い

離職率が高い会社が抱えている最大の問題は経験値がたまらないこと。

会社でも個人でも当てはまります。

詳しくはサラリーマンのメリットは「経験資産」の貯蓄という記事を参考にしてください。

経験によって生産性が上がったり、コストが下がったりするのは普通です。

経験は資産(スキルや知識やセンス)が累積されることです。

経験が必要ない業界はITに仕事を奪われるか、資金が潤沢な大手が参入してきたら一撃で終わります。

なぜかというと、経験がなくてもできる仕事 = 誰でもできる仕事だから。

従業員含め、会社の経験値を甘く見ている会社は終わってます。

レベルが低い社員ばかり

レベルが低い社員ばかりが集まっていると会社に未来はないです。

なぜかというと、成果が最大化されないから。

「うまいことサボってやろう」なんて給料泥棒がいれば会社の利益は減る一方です。

繰り返しですが、会社の利益が減るということは給料が減るということ。

レベルが低い同僚ばかりであれば、かなり厳しい状況かと。

参考までに職場でレベルが低い人にイライラ!という記事もご一読ください。

普通にブラック企業

・残業100時間超え

・パワハラ・セクハラ

・休日なし

一般的にブラック企業と言われている条件に当てはまる環境で働いているのであれば、今すぐ転職したほうがいいです。

なぜかというと、体が持たないから。

シンプルにしんどいですよね。

・まともな人は辞めていく

・人間性に欠けた人だけ残る

・頑張っても将来が潰される

繰り返しですが、モラルのない会社は終わってます。

詳しくは、残業100時間の実態という記事を参考にしてください。

【終わってる】未来のない会社で働く「あなたの未来」

【終わってる】未来のない会社で働く「あなたの未来」

【終わってる】未来のない会社で働く「あなたの未来」を勝手に予想します。

会社は簡単に潰れない

会社は簡単に潰れません。

なぜかというと、民事再生法があるから。

つまり、あなたが行動を変えないと現状は何一つ変わらないということ。

たしかに行動を変えるのは心身ともに莫大なエネルギーを消費します。

転職にしても、資格を取るにしても一定の覚悟は必要です。

でも、会社は簡単に潰れませんし、簡単に変わりません。

終わってる会社にあなたの未来を握られたまま、身動きが取れなくなるとあなた自身がオワコンになりかねないので注意しましょ。

レベルの低さに気が付かない

レベルの低い環境にいいると「自分のレベルの低さ」に気が付けないものです。

なぜかというと、人間は自分を中心とした半径1kmが世界のすべてだと勘違いしてしまうから。

ブラック企業の特徴は閉鎖的な空間に囲い込むこと。

ありきたりな言葉ですが、世界は広いです。

過去の僕は20人規模の中小企業から200人規模の上場企業に転職したのですが。最初の半年は上司からのご指導ご鞭撻がとどまるところを知りませんでした。笑

転職して環境を変えたことで、自分のレベルの低さに恥ずかしくなって悲しい気持ちになったのは事実でして。

とはいえ。あのまま前の会社にい続けていたら…間違いなく社会人として終わっていました。

選べる転職先がない

転職では「転職後にあなたがどんな活躍をしてくれるか」が重要視されます。

なぜかというと、採用企業はあなたを雇うことで得られる未来(利益)に期待しているから。

終わってる会社で一生懸命働いても「経験できること」が少ないのは事実でして。

経験値が少ない人は転職市場では価値が低いです。

・再現性の高いプロセスを経験

・結果にコミットしてきたか

・どんな働きをしてきたか

レベルの低い環境に居続ければ、歳を重ねるごとに選択肢は減る一方です。

あなたが20代であれば、できるだけ早い段階で環境を変えることをおすすめします。

【終わってる】未来のない会社で快適に過ごす対処法3選

【終わってる】未来のない会社で快適に過ごす対処法3選

「いまの会社は終わってるかも…とはいっても転職には踏み切れない」と言う人に【終わってる】未来のない会社で快適に過ごす対処法を解説します。

思考停止して働く

思考停止して働きましょ。

仕事中は無心でOKです。

終わってる会社に誠心誠意労働力を捧げる必要はありません。

「毎月お金を振り込んでくれる装置」くらいに捉えましょ。

もらったお金とプライベートの時間を使って自己投資してステップアップを目指しましょ。

詳しくは30代におすすめの自己投資!という記事で解説しています。ご一読を…!

結果にコミットする

結果にはコミットしましょ。

なぜかというと、何も文句が言えなくなるから。

目標に達成していればプラスアルファで成果を出す必要はないです。

ただし、いまの会社で上をめざすならガンガン提案したほうがいいかと。

経験値も増えますしね。

プロセスにコミットしない

プロセスにはコミットしなくていいです。

なぜかというと、モラルのない会社でモラルを守る必要はないから。

手段は選ばず、とにかく結果を出しましょ。

仕事に余裕が出てきたら会社を利用してあなたの経験値を増やすべし。

・経費を使って最新ツールの導入

・業界内で人脈を広げる

・新規取引先開拓と称して会いたい人に会いに行く

会社の看板を使って経験値を増やせないか考えて行動すると、実は利用価値があったりするもの。

経験積むのが限界に近づいたら転職してもいいかもです。

【終わってる】未来のない会社で働く人のアクションプラン

【終わってる】未来のない会社で働く人のアクションプラン

「このままこの会社に居てもいいのか」こういった不安を放置すると個人の成長角度は下がります。

なぜかというと、仕事に集中できないから。

仕事で得られる経験値はやはり大切。

とはいっても「この会社終わってるな…」と気がついてしまっては仕事に集中できるはずもありません。

こういった状況を放置するとあなたの社会人としてのレベルは下る一方です。

まずは転職というカードを手に入れるべし。

30過ぎると選択肢は減る一方ですし、レベルの低い環境に長く居た人は転職市場で魅力が下がり続けます。

本気で転職するなら求人数No.1のがリクルートエージェントおすすめですが。

とりあえず選択肢を知りたいだけならが業界No.2のdodaがおすすめ。

dodaであれば転職しなくても利用可能です。

定期的にキャリアプランを見直して将来の不安を減らしましょ。

無料で「プロ」があなたにマッチする求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

選択肢を確認したら「今の会社でもうちょっとレベルを上げる」のか「新しい環境で成長したい」のか、あなた自身で判断してほしいと思います。

確かに転職は面倒ですし、万人におすすめできる方法ではありません。

とはいえ「選択肢を確認する」ことで行動を修正する明確な指針ができるのは事実です。

行動次第で選択肢は変わりますからね。

あなたが後悔のない選択をできることを応援しています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら