仕事を辞める

【品質管理はやめとけ】責任とるときは地獄いき

・品質管理を辞めたい

・品質管理に転職したい

・品質管理がしんどい理由が知りたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 品質管理は辞めたほうがいい理由3選
  • 品質管理が地獄行きになるパターン3選

品質管理といっても業界や立場によって仕事内容は大きく変わります。

例えば食品系の品質管理であれば「食中毒」なんか起きた日には地獄行き決定です。

なぜかというと、会社存続の危機に陥るから。

もちろん、品質管理がすべての責任を追うわけではないですが、なにか起こったときは社内外から厳しい追求を受けることは間違いありません。

では、普段の仕事にやりがいがあるかというとそうでもないですよね。

リスクヘッジに該当する部署は総じて面白くないです。

とはいえ「作業」が多く、思考停止して働けるから「楽」という人も居ます。

結論、品質管理には性格の向き不向きがあるので、おすすめしにくい職業です。

本記事では品質管理は辞めたほうがいい理由と地獄行きになるパターンを解説します。

品質管理は辞めたほうがいい理由3選

品質管理は辞めたほうがいい理由を解説します。

やりがいを感じにくい

前提として品質管理の仕事は業界や商品によって異なります。

とはいえ。仕事は標準化されていることが多いです。

なぜかというと、JIS規格など守るべき最低条件があるから。

淡々と作業をこなし、商品をチェックする。

楽しいですかね?

不良率が下がれば利益に貢献できるかもですが、そもそも不良が発生してはダメな商品もあります。

・車

・食品

・医療機器

不良が発生しないことが前提の商品が品質管理にもとめているものは「完璧であること」。

ノーミスで商品を作らなければいけません。

不良が発生しても重大な事故につながらない商品もありますが、クレーム対応に追われるのがオチです。

・洋服

・家具

・雑貨

品質管理の仕事を選ぶときは業界や商品に焦点を当てるべし。

どちらにせよ、やりがいは感じにくいのが現実ですよね。

評価されにくい

お客様に安全な商品を提供する。

これって消費者からしたら普通のことですよね。

なので世間的には「商品が安全なことは大前提」という風潮があることは事実でして。

社内にも似たような雰囲気が流れています。

なにがいいたいかというと「品質管理は感謝されにくい」ということ。

つまり社内からは評価されにくいです。

不良率が下がれば利益に直結するんですが、数値化しにくいというのも事実ですよね。

不良率が高い業界は、そもそもクレームが起きやすい商品を取り扱っている場合が多いです。

不良を減らすのは並大抵の努力では難しいのが現実。

  • やって当たり前
  • 不良を減らすのは大変

こういう状況で評価を得るのは至難の技かと。

他業種で応用が効かない専門知識が必要

品質管理の仕事は応用が効きません。

なぜかというと、不良を起こさない商品を作ることと、売れる商品を作ることはロジックが別物だから。

たしかに業界や商品に詳しい人には成れるかもです。

でも、業界や商品に詳しいだけで「売ること」は不可能です。

特殊な専門知識を身に着けても転職市場では人材価値が低いのは事実でして。

作業を淡々とこなすだけの仕事は報酬が少ないのも現実です。

品質管理の仕事が楽しいのであれば別ですが、そうではないなら将来性のある仕事を選ぶべきですよ。

関連記事:これから需要が伸びる仕事5選

これから需要が増える仕事5選と業界3選【需要が減る仕事も解説】これから需要が増える仕事につけば、安定して稼げる可能性は高いですが、結論としては人次第だったりします。ぶっちゃげ、どの業界でも安定して稼ぐ会社はあります。努力次第です。...

品質管理が地獄行きになるパターン3選

品質管理担当者が地獄行きになるパターンを解説します。

商品不良によるクレーム

商品不良が発生した場合ないから問い合わせが来るのは品質管理です。

なぜかというと、お客様と接点があるコールセンターの社員は商品に詳しくないから。

もうね。説明するのが、めちゃめちゃめんどくさいですよ。

素人に専門用語を連打しても伝わらないですからね。

クレーム対応で品質管理がフロントに立つことはないかもしれません。

でも、バックエンドのほうが遥かに大変です。

商品クレームが発生したら、製造部門や管理部門と調整が発生しますし、コールセンターの責任者から更にクレームが届きます。

まさに地獄です。

関連記事:電話対応が苦手な理由と対処法5選

お客様に不利益が発生した

・お客様のご自宅に傷が入った

・お客様が怪我した

・食中毒が発生した

想像しただけでも地獄です。

そして、経営危機に陥ります。

さらに、全責任は品質管理が請け負います。

重大事故が発生した場合は社内からも批判が集中します。

味方は「0」。

リスクが高すぎる商品の品質管理担当者はいざというときは「クビ」を覚悟するひとも多いです。

商品回収

商品回収は利益が吹き飛びます。

回収費用は億単位になる場合がザラです。

これほど、リスクと報酬が見合っていない仕事も珍しいかと。

繰り返しですが、品質管理は辞めておいたほうがいいです。

品質管理への転職は、やはりおすすめできない

品質管理なんてやりがいもないし、いざとなったら目の敵にされて、ポジション的には最悪ですよね。

うまみが一切ありません。

とはいえ。不良率が高い業界では品質管理を徹底することで利益が増える企業も多いです。

品質管理を仕事にするときは業界と商品の特徴を徹底的に調べて考え抜きましょ。

まさにリスクヘッジが大切です。

もちろん、品質管理しか経験がない人でも転職で職種を変えることは可能です。

職種を変えたい場合は転職エージェントを使うことをおすすめします。

なぜかというと「プロ」があなたの経歴にマッチする求人を探してくれるから。

もちろん無料です。

転職に不安を感じているのであれば業界No.1のリクルートエージェントがおすすめ。

求人数は圧倒的ですし、地方の転職にも強いです。

無料ですし、エージェントが優秀なので内定の確度は確実にあがります。

ぶっちゃげ、転職するならリクルートエージェントを使わない理由がないんですよね。

あなたがベストな選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら