仕事の悩み

異動できないなら辞める【交渉前に準備する3つのこと】

・今の仕事に飽きた

・部署異動して心機一転頑張りたい

・希望が叶わなかったら転職してもいいか悩む

上記の悩みに答えます。

本気記事の内容は次のとおりです。

  • 異動できないなら辞めてもいい理由
  • 部署異動は転職と同じ感覚で望め
  • 部署異動の交渉前に持っておくべき禁断の武器
  • 異動できないなら辞めてもいいけど次は決めておく

僕も現在部署異動を狙っています。

なぜかというと、仕事に飽きたから。

僕の会社は商品企画とマーケティングが別部署でして。

僕は商品企画を4年やってますがマーケティング領域にも踏み込んで仕事をやってます。

マーケティングの効果はすごいと感じていて、比較して自分の部署が「ちょっとレベル低いな」と思っている状況でして。

なので、僕はマーケティング部へ移動したい….!切実にマーケティングがやりたい。

僕は、部署異動出来なかったら「転職もあり」かなと考えています。だってマーケティングがやりたいから。

僕の場合はdodaに登録して自分の市場価値を知ることから始めました。

自分の今のスペックがどれだけ魅力的なのか知りたかったんですよね。

マーケティングの仕事を紹介してもらえるのか実際に転職活動を開始しています。

部署異動を成功させる禁断の武器は希望が叶わなかったら転職するかもという雰囲気を出すことかと。

実際に転職する or 転職しないは冷静に判断するつもりですが「転職する気がなくても転職エージェントに登録」することは全然問題ありませんよね。

職場は選べるという事実を知っておくだけでも気持ちは楽になるもの。

選択肢が増えれば心に余裕ができますし、他社と比べて「まだマシ」と思えればいい意味で開き直れますからね。

本記事では異動できないなら辞めてもいい理由と交渉のコツを解説します。

異動できないなら辞めてもいい理由

異動できないなら辞めてもいい理由

異動できないなら辞めてもいいです。

なぜかというと、遺恨が残るから。

やはり希望が叶わないというのは面白くないですよね。

多少なりともネガティブな感情があるから異動したいわけなので、新しい仕事を探すというのもありかと。

とはいえ。次の2つには注意が必要です。

  1. 市場価値を見極める
  2. 次の就職先を決める

ちょっと解説します。

市場価値を見極める

市場価値を見極める

転職は企業があなたの採用にメリットを感じないと成立しません。

異動も同様です。

あなたの異動によって会社に利益がでないと意味がないんですよね。

あなたの市場価値を見極めることは重要。

  • なにを経験したか
  • なにができるのか
  • どんな利益を出せるのか
  • 狙った利益の再現性は高いか

とにかく今の部署が嫌だから異動したい…という人は、なおさら注意が必要かと。

部署異動はできたけど、ハードワークで興味のない仕事の担当になった。前のほうがマシだ…なんてよくある話。

希望した異動先に就くためにはあなたの市場価値を見極める必要があります。

辞める前に次の就職先を決める

辞める前に次の就職先を決める

「希望が叶わなかったから辞める」全然いいと思います。

とはいえ。辞める前に次の就職先は決めておいたほうがいいです。

なぜかというと、生活できないから。

在職中に転職活動することは鉄則。

仮に、転職でも希望がかなわないのであれば、現職でレベルアップを目指すことをおすすめします。

転職はあくまで手段の1つです。

選択肢は常に最大数を手元に残すべし。

本気で転職するならリクルートエージェントがおすすめ。業界最大手で求人数が半端ないので登録は必須かと。

異動は転職と同じ感覚で望め

異動は転職と同じ感覚で望め

部署異動の交渉は転職活動とほぼ同じ動きを取ることになります。

なぜかというと、仕事を辞めて新しい仕事を始めるという流れは同じだから。

・仕事を辞めたい理由 = 退職理由

・新しい仕事を始めたい理由 = 転職理由

多少なりともネガティブな感情がなければ部署異動は考えませんよね。

部署異動の動機は、転職する動機にもなりえます。

部署異動したいなら転職も選択肢として持っておくべし。

希望が叶わなかったら転職するかも…という雰囲気を出すことは禁断の武器です。部署異動の確度は確実に上がります。

戦略的に行動しましょう。

部署異動の交渉前に持っておくべき禁断の武器3選

部署異動の交渉前に持っておくべき禁断の武器3選

部署異動の交渉前に持っておくべき禁断の武器を3つご紹介します。

転職という選択肢

「希望が叶わなかったら転職する」という選択肢は交渉するときにあなたの背中を押してくれます。

なぜかというと、交渉に失敗した時の保険がある状態だから。

注意点は「どうぞ転職してください」といった感じで切り捨てられないようにすること。

ポイントは今の仕事で成果を出して社内での評価を上げておくことです。

実際に転職活動すればわかりますが、実績も経験も浅いと市場価値は低いです。

転職でも希望が叶う実力なのか確かめておくことは大切。

交渉時に転職を匂わせていいのは市場価値が高い人だけ。

「異動でも転職でもどちらでもいいんですよ、僕は。どちらにせよ希望は叶うので。」みたいな状態がベストです。

職務経歴書

職務経歴書

職務経歴書はあなたの仕事を振り返るツールです。

転職活動では必須アイテムですが、部署異動の交渉でも使えます。

職務経歴書はSTARというフレームワークをつかうと作りやすいです。

Situation:どんな環境で

Task:どんな任務を持ち

Action:自分は何を実行して

Result:結果どうだったか

上記に加えて「移動後なにをするのか」「将来どうしたいか」まで言及すれば完璧です。

詳しくはブラック企業を脱出した職務経歴書の書き方という記事をご一読ください…!

過去、現在、未来を文章で整理するとあなたが何者か相手に的確に伝えることが可能。

異動であればインサイダー取引に注意する必要もないので、具体的な数字も盛り込みながらポートフォリを作るのもあり。

引き継ぎでも使えますし、作っておいて損はないです。僕も自分の業務と実績をスライドにまとめています。

志望動機

志望動機

志望動機は完璧に仕上げておきましょう。

・なぜ異動したいのか

・異動して何がしたいのか

目的が曖昧だと希望は通らないと思います。

ビジネスですからね。戦略的にいきましょう。

また、ネガティブな理由だけだとかなり印象は悪いかと。

どうしてもいい感じの理由が思いつかないときはネガティブな転職理由をポジティブに変える【退職の本音と建前】という記事をご一読ください。

「異動できないなら辞める」と考えている人へ

「異動できないなら辞める」のはいいけど次は決めておく

異動できないなら辞める。全然いいと思います。

とはいえ。次は決めておかないと生活できませんよね。

次が決まってないけど仕事を辞めるメリットは一切ありません。

ぶっちゃげ転職も部署異動も大差ないですよ。保険とか年金とか源泉徴収のやり取りが発生するかしないか、くらいの差です。

部署異動であれば社内システムも変わらないしスムーズに仕事が変えられると思ってるかもですが、実はそうでもないです。

部署が変われば文化が変わりますからね。異動直後は転職同様ストレスが貯まります。

外から見てると雰囲気がいい部署でも、いざ異動すると「思ってたのと違う…」なんてこともあります。

どうしても今の仕事が嫌だったり、やりたい仕事があるのであれば転職も全然あり。

確かに転職は面倒です。でも行動しないと現状は変わりません。

転職活動で得られるものは未来の選択肢です。選択肢もなしに悩んでも時間の無駄ですよ。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。

dodaとリクルートエージェントは登録して間違いありません。業界No.1と業界No.2なので利用しない理由がないんですよね。

soda

とりあえず選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

dodaは業界No.2。転職する気がなくても利用可能です。エージェントには「いい求人があれば検討したい」と伝えましょう。

自分で求人を探す転職サイトと、転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに登録する/

無料でdodaに登録する(公式サイトはこちら)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは業界No.1。さすがの転職ノウハウは利用価値が高いです。

求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートエージェントに登録する(公式サイトはこちら)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら