仕事の悩み

仕事でありえないミスを連発する人3つの特徴とミスったときの対処法

・仕事でミスをしてしまった

・職場に居づらい

・ミスを連圧する原因を知りたい

・部下のミスを防ぎたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事でありえないミスを連発する人の特徴
  • ミスを誘発する仕事の特徴
  • 仕事でありえないミスを連発した時の対処法
  • 仕事でありえないミスを連発しないための対策
  • ミスが多い人が転職する時のポイント

僕も新卒のときはありえないミス連発でした。

・発注ミス

・取引先とのトラブル

・社内でのトラブル

仕事でミスると怒られるし、職場に居づらくなる気持ちはよくわかります。

ぶっちゃげミスを誘発する仕事には特徴があります。

それは正解がある仕事です。

事務職だと、正確に情報を入力する必要があり、正解は1つしかありません。

逆に、営業マンだと売上を上げる方法は無限なのでプロセスに正解はありません。結果が全てです。

確実性や正確性を求められる作業が苦手であれば思い切って職種を変える選択肢もあります。部署異動もありです。

毎日上司から「馬鹿野郎!」と罵倒され、朝7時から23時まで働き、関係者は漏れなく威圧的な態度でとにかく怖く、挙げ句の果てに取引先からカツアゲされたのは僕です。

職場は選べるという事実を知っておくだけでも気持ちは楽になるもの。

選択肢が増えれば心に余裕ができますし、他社と比べて「まだマシ」と思えればいい意味で開き直れますからね。

本記事では仕事でありえないミスを連発してしまう原因を徹底的に潰すための方法を解説します。

仕事でありえないミスを連発する人の特徴

仕事でありえないミスを連発する人の特徴

仕事でありえないミスを連発する人の特徴はつぎのとおり。

  1. 思い込みが激しい
  2. 謎にプライドが高い
  3. 仕事に集中していない

基本的には自分を過信しているか、仕事をなめてます。

詳しく解説します。

思い込みが激しい

思い込みが激しい

思い込みが激しいとミスを誘発します。

なぜかというと、相手の求めている答えとあなたの行動がずれてしまうから。

仕事がミスと認定される瞬間はお互いが描いた未来が「ずれた」ときです。

お互いの理想がズレないためには求めている結果をあいてに確認する必要がります。

思い込みは人間最大の敵です。

謎にプライドが高い

謎にプライドが高い

謎にプライドが高いとミスが増えます。

なぜかというと、自分が正しいと勘違いしているから。

需要と供給 = 悩みと解決策

正しさではなく相手の悩みを解決するのが仕事です。

謎にプライドが高い人は自己中なので、相手を思いやることができません。

プライドが高い人は仕事の相談など誰にもしないはず。

なぜなら自分が世界の中心だから。

相手の求めていることを永遠に理解できません。

仕事に集中していない

仕事に集中していない

仕事に集中していないとミスります。 当然ですよね。

仕事に集中できない原因はいくつかあります。

  • プライベートで悩みがある
  • 仕事が楽しくない
  • 週末の予定で頭がいっぱい

だいたい仕事なめてる人が多いかと思います。

性格の問題もあるかもですが、仕事がそもそも楽しくないと結構辛いです。

部下のモチベーション管理はマネージャーも悩ましいところ。

仕事に集中できる環境が整っていない場合は職場に問題があるかも知れません。

ミスを誘発する仕事の特徴

ミスを誘発する仕事の特徴

ミスを誘発する仕事の特徴はつぎのとおり。

  • 正解が1つしかない
  • 他人への影響値が大きい
  • プロセスが自由

ミスが多い人は上記の仕事を選んではいけません。しない、させないでOK。

詳しく解説します。

正解が1つしかない

正解が1つしかない

正解が1つしかない仕事はミスります。

なぜかというと、ミスが浮き彫りになるから。

遊びがないガチガチの仕事はミスがミスであることをはっきりと認識できてしまいます。

これくらいでいいか…みたいな中途半端な行動が一切許されないのです。

車のハンドルに遊びがあるのは有名な話。

1cm単位で正確に操作しないと曲がれない状況だと事故が多発します。

多少の遊びも許さない仕事だとミスを誘発する可能性が非常に高いかと。

ヒューマンエラーをしたことがない事務職の人はいないと思います。

他人への影響値が大きい

他人への影響値が大きい

他人への影響地が大きいとミスったときのインパクトが半端ないです。

なぜかというと、迷惑を掛ける量が多いから。

クレーム処理なんかは最たる例ですよね。 会社の評判にも関わります。

ケアレスミスが多い人は他人への影響値が大きい仕事は避けたほうがベターです。

プロセスが自由

プロセスが自由

プロセスが自由、選択が多い仕事はミスを誘発します。

なぜかというと、個人の判断に結果が左右されるから。

プロセスが自由で正解が1つしかなく他人への影響地が大きい仕事の代表は医療系です。

たとえば、献血は血を抜くのが求められている結果です。

でも、どの血管に針をさすかは看護師の自由です。

何度も針をさし直される患者の気持ちは超最悪。

プロセスが自由だと個人の能力に結果が左右されるのでミスを誘発しやすいかと。

仕事でありえないミスを連発した時の対処法

仕事でありえないミスを連発した時の対処法

仕事でありえないミスを連発した時の対処法はつぎのとおり。

  1. 素直に謝る
  2. 原因を追求する
  3. 同じ過ちを繰り返さない

言い訳は無用です。

ミスしたことを素直に受け入れましょう。

詳しく解説します。

素直に謝る

素直に謝る

ミスしたときは言い訳無用です。

なぜかというと、余計に相手を怒らせるから。

何がトリガーになってモンスターに変貌するか、本人すらもわかってません。

繰り返しですが言い訳無用。

素直に「申し訳ありませんでした」と伝えましょう。

ミスった理由は聞かれたときだけ説明すればOK。

原因を追求する

原因を追求する

ミスしたときは原因を追求しましょう。

なぜかというと、同じ過ちを繰り返してしまうから。

自分で解析してもいいですが、他人からのアドバイスを真剣に聞くべし。

客観的に捉えることは成功の確度を上げる基本です。

他人にとやかくいわれたくないときは想像しましょう。

あの人ならなんて言うかな…妄想でもOK。

もし、会社と価値観があわないだけであれば、転職もありです。

同じ過ちを繰り返さない

同じ過ちを繰り返さない

同じ過ちを繰り返すのはNG。

なぜかというと、信用が落ちるから。 当然ですよね。

同じ過ちを繰り返さないためにしっかり対策を練りましょう。

仕事でありえないミスを連発しないための対策

仕事でありえないミスを連発しないための対策

仕事でありえないミスを連発しないための対策はつぎのとおり。

  1. 報告連絡相談を徹底する
  2. ルールを決める
  3. 過去の失敗を資産にする

1人で解決しようとせず、上司や同僚を巻き込みましょう。

なぜかというと、責任を分散できるから。

詳しく解説します。

報告連絡相談を徹底する

報告連絡相談を徹底する

上司や同僚への報連相は必須。

なぜかというと、仕事の責任を分散できるから。

「自信がないときは相談する」徹底しましょう。

相談のポイントは自分の意見も伝えること。

なぜかというと、主体性をアピールできるから。

私はこう思いますが…どう思いますか?

成長意欲を相手に感じさせることで、軽度のミスはおおめに見てもらえる可能性があります。

「あいつは頑張ってる」と相手に思わせたら勝ちです。

ルールを決める

ルールを決める

ミスした後はルールを決めましょう。

なぜかというと、ルールに従った結果であればあなたのせいではないから。

Aという事象が起きたらBという行動をとる。

ルールは相手に確認するべし。

今後Aが起こったらBしていいですか…?

ルールさえ決めておけばあなたのミスではなくなります。

過去の失敗を資産にする

過去の失敗を資産にする

失敗を乗り越えた経験は超重要。

なぜかというと、タフな人間であるという印象を相手に与えるから。

タフさは現代において魅力的な人格です。

予測不能なVUCA時代といわれる現代において、変化に対応するちからは非常に魅力的。

変化に対応するためにはタフな行動が必ず発生します。

自分の変化に対応出来ない人が時代の変化に対応できるとは思えません。

この経験は資産になる…という感覚でしっかり乗り越えましょう!

ミスを連発する人が転職する時のポイント

ミスを連発する人が転職する時のポイント

ミスを連発する人が転職する時のポイントは次のとおりです。

  1. チームワークを重視する仕事を選べ
  2. 成果主義の会社を選べ
  3. 専門性をあげろ

1人で完結する仕事はこの世にありません。

必ず他人と関わる必要があります。

なので、他人との関わりを重視しつつ個人のレベルが上がる環境を目指すべし。

詳しく解説します。

チームワークを重視する仕事を選べ

チームワークを重視する仕事を選べ

チームワークは超重要です。

なぜかというと、1+1が10や20になるから。

会社が従業員を雇う理由は足し算ではなく掛け算です。

チームの成果はあなたの成果、あなたの成果はチームの成果。

他人と一緒に頑張る環境だと仕事の精度が上がります。

ミスできないというネガティブな環境ではなく、チームのために尽力するというポジティブな状況を作りましょう。

個人主義ではなくチーム主義の仕事を探すべし…!

確実に成長に繋がります。

成果主義の会社を選べ

成果主義の会社を選べ

成果主義の会社にいる従業員はモチベーションが高いです。

なぜかというと、仕事をする目的がはっきりしているから。

お金のため…一見ゲスいですが、熱量は高いです。

モチベーションは伝染します。

モチベーションが高ければ多少のミスなんか気になりません。

ミスしたことをいつまでも悔やむよりも次の利益のためにどう動くか、みたいなスタンスを獲得しましょう。

専門性をあげろ

専門性をあげろ

専門性があがる仕事を探しましょう。

なぜかというと、専門家は権威性が高まるから。

この人がいってるなら間違いないな…という状況を作ってしまえばOK。

1つの仕事を極めると重大なミスをする確度も下がります。

専門性を身につける場合は今後どこまで生き残れるか、みたいな判断軸も重要。

IT系の専門知識は将来的に需要が高まることが予測されます。

職種を変えるのであれば、時代にマッチした専門性を伸ばせる会社を探しましょう。

これから需要が増える仕事5選と業界3選【需要が減る仕事も解説】これから需要が増える仕事につけば、安定して稼げる可能性は高いですが、結論としては人次第だったりします。ぶっちゃげ、どの業界でも安定して稼ぐ会社はあります。努力次第です。...

関連記事:これから需要が増える仕事

思い切って転職する

思い切って転職する

仕事でミスが続いたら、思い切って転職するのはありです。

人間関係もリセットできますし、業界が変わると怒られる基準も変わります。

前の会社だとめちゃめちゃ怒られたのに、転職先では全然怒られない、なんてよくある話。過去の僕もそうでした。

ぶっちゃげあなたの能力ではなく環境に問題がある場合もあります。

とりあえずdodaに登録して選択肢を見てみるといいですよ。

無料でプロが求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

\無料でdodaに相談する/

無料でdodaに登録(公式サイトはこちら)

※転職する気がなくても利用可能です。

最後におすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめている記事をご紹介します。

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら