転職活動

【転職回数が多すぎる人へ】本当に転職が不利な人の特徴3選

・転職回数が多すぎて人生詰んだ

・転職回数が多いと転職は不利なのか

・転職したけど失敗したくない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 転職回数が多いとヤバい理由
  • 転職が不利なひとの特徴3選
  • 転職回数を不利にしない方法

転職回数が多くても転職は可能です。

なぜかというと、転職回数よりもあなたの能力のほうが重要だから。

「次世代型サラリーマン」のモデルケースmotoさんは5回の転職で年収5000万円に登りつめています。

要は考え方と取り組み方しだいかと。

無料で相談できます。

転職エージェントはあなたの経歴にマッチした仕事を探してくれます。プロに相談しつつ将来を考えるのはありです。良い求人があれば検討したいとでも伝えましょう。選択肢もなしに悩むのは時間の無駄ですよ。無料で利用できるので登録しない理由がないんですよね。>dodaの無料登録はこちら(公式サイト)

本記事では転職回数が多いとやばい理由と多すぎる転職回数が不利なひとの特徴を経験にもとづいて解説します。

転職回数が多いとやばい理由

転職回数が多いとやばい理由

「転職回数が多すぎて詰んだ」と思っているひとは真剣に転職活動していないだけです。

なぜかというと、転職はマーケットに対するあなたの価値でしかないから。

誰でもできる仕事で、能力を必要としない職場であればいくらでも求人はありますよ。

「人間関係のいい職場で働きたい」「優秀だと認められたい」「年収をあげたい」など求める条件が難しくなるほど、あなたの能力が高くないと実現しません。

転職が多くて人生積んだと感じる理由が「転職回数が多いから」なのか「能力が足りなから」なのか冷静に判断したほうがいいかもです。

人間性を疑われる

転職回数が多いひとに対する一般的なイメージはつぎの通りです。

どうせすぐ辞める

成長意欲を感じない

教育が大変そう

ハラスメントなど過剰反応しそう

メンタル弱そう

成果を出せるか怪しい

間違いなくネガティブなイメージはついてきます。

結果で判断してほしいところですが、そもそも土俵にあがれないかもです。

転職回数が不利にならないひとは、ネガティブなイメージを払拭する「成果」と「プロセス」を経験しているひとだけです。

または圧倒的に希少性の高い「スキル」を持っているか。

言うまでもないかもですが、「成果」「プロセス」「スキル」など強みを活かせる転職先を見つける必要があります。

多すぎる転職回数が不利なひと特徴3選

転職回数が多い事実が「不利になるひと」と「不利にならないひと」がいます。

「転職が多くて不利になるひと」の転職理由はだいたいネガティブです。

第二新卒で初めての転職であれば問題ないのですが、2回目3回目の転職理由がネガティブなものだと「成長してないな…」と思われても仕方ありません。

多すぎる転職回数が不利な人の特徴は次の3つです。

  1. 工夫できない
  2. 転職の失敗から学ばない
  3. 業界選びをミスる

ちょっと解説します。

仕事を工夫できない

工夫できないひとは自分で障害を乗り越えられません。

障害を乗り越える能力が低いひとが転職を重ねると不利になります。

「どうにかならないか」「自分が社長(上司)ならこうする」ということを考えてみましょう。

実行するまで至らなくても、考えるだけでもあなたの思考や行動は変わります。

基準は「どうやったらいくら儲けるか」でOK。

まずは「工夫する」「工夫を考える」クセをつけましょう。

転職の失敗から学ばない

失敗を繰り返すのであれば、事実を振り返って対策を練りましょう。

同じ失敗を繰り返すひとは、気持ちよく働けない理由を「転職先のせい」にしがちです。

転職回数が増えた理由は「あなたのせい」です。

あなたの選択が間違っていたことを認めて、思考をアップデートしてください。

同じ失敗を繰り返したくないのであれば真剣に転職活動に取り組みましょう。

真剣に転職活動に取り組みたいなら「転職の思考法」という本がおすすめ…!

転職に失敗したくないなら必読ですよ。

業界選びをミスる

たとえばパワハラが転職理由であっても、業界選びで解決できます。

パワハラするひとはだいたい暇なひとです。

僕もパワハラを何回もくらってきたのでよく分かります。

結論としては、これから伸びる業界への転職を検討しましょう。

伸びている業界は結果が全てなので、成果につながる行動を邪魔するひとは少ないです。

さらに転職するにしても、業界にあとから参入する企業にとって経験者の価値は高くなります。

市場価値が高い人間を雑にあつかう会社はほぼないですよ。

転職回数を不利にしない方法

転職回数を不利にしない方法はありません…!

転職回数が多いことは不利です。

事実として受け入れましょう。

とはいえ。自分の望み通りの転職が不可能な理由にはなりません。

  1. 戦略を持つ
  2. アドバイスを受ける

戦略に裏付けされていない自信は見抜かれますし、仮に転職できても成果が伴わなければクソあつかいされます。

目の前の仕事で成果を出す。

成果を出すためのプロセスの再現性を高める。

あなたの強みと一致する、または近い強みを持つ会社に転職する。

成果につながらない仕事をしているのであれば、修行のつもりで転職するのもあり。

修行のつもりで転職する時は、その次の転職先まで考えて選びましょう。

アドバイスを受ける

アドバイスは読書でも友人でも転職エージェントでもなんでもOK。

転職回数の不利を上回るだけの市場価値を獲得するには、総合的に戦略を練る必要があります。

1本槍ではなく、総合格闘技みたいに複数の技術を使い分けましょう。

何度も転職で失敗しているのであれば、まずは将来設計から始めてみたほうがいいかもです。

転職は手段です。

どうなりたいのか、実現したい将来のために転職という手段を使うべき。

これから需要が増える仕事に就く

これから需要が増える仕事につけば、経験とスキルを累積できます。

IT/WEB系の仕事は間違いなくこれから需要が増えます。

実は、IT/WEBに取り組みたいけど、どうしたらいいかわからない企業は多いです。

あなたが需要の高いスキルやレアな経験を持っていれば買ってでも欲しい人材ですよね。転職回数は関係ありません。

これから需要が増える仕事に転職するのはありです。

再現性が高いスキルとレアな経験

採用側が最も気にしていることは転職後にあなたたが活躍できるかです。

得意なことを活かして転職しましょう。

・職種は変えずに業界を変える

・業界内で職種を変える

・今の仕事と共通点がある仕事を探す

再現性が高いスキルとレアな経験があれば転職回数は関係ないです。

転職回数が多すぎるけど転職したい人へ

転職回数が多すぎるけど転職したい人へ

結論、転職回数の多さを気にする必要はありません。

気にするべきなのは、いつでも転職できる能力を持っているかです。

実力不足を感じるのであれば、成長できる仕事を選びましょう。

おすすめはIT/WEB系です。

未経験の文系でも活躍できるポジションはありますよ。

兎にも角にも選択肢もなしに悩んでも時間の無駄なので、転職エージェントに相談することをおすすめします。

確かに転職は面倒です。でも行動しないと現状は変わりません。

転職活動で得られるものは未来の選択肢です。選択肢もなしに悩んでも時間の無駄ですよ。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。

dodaとリクルートエージェントは登録して間違いありません。業界No.1と業界No.2なので利用しない理由がないんですよね。

soda

とりあえず選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

dodaは業界No.2。転職する気がなくても利用可能です。エージェントには「いい求人があれば検討したい」と伝えましょう。

自分で求人を探す転職サイトと、転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに登録する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは業界No.1。さすがの転職ノウハウは利用価値が高いです。

求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。