仕事の悩み

転職に後悔しかない人へ【人生ミスる人の特徴は1つだけ】

・転職を後悔している

・人生ミスったかも

・リカバリーする方法が知りたい

上記の悩みに答えます。

転職で後悔しかない原因は次の3つです。

①思っていた仕事と違った → 調査がたりない

②前の職場のほうが良かった → 想像力がたりない

③聞いていたの労働条件と違う → 戦略がない

過去の僕ですね。僕はもういちど転職しました。

現在は上場企業で働いており、仕事への満足度はかなり高いと思っています。

本記事では転職で後悔しかない原因と転職で人生ミスる人の特徴を解説します。

転職で後悔しないためには逆の行動を取ればいいだけですね。

さっそく見ていきましょう…!

転職に後悔しかない3つの原因

転職に後悔しかない3つの原因

転職は後戻りできません。

転職に後悔しかないと当然つらい気持ちになりますよね。

とはいえ。転職を決断したのはあなたです。

まずはあなたの判断が間違っていたことを認めましょう。

受け入れて、過去を振り返り、思考をアップデートすることで同じ失敗を繰り返さないように工夫するしかありません。

転職に対する調査がたりない

転職に後悔する最大の原因は調査不足です。

こんなはずじゃなかった…というのはあなたの予想と大きくハズレた結果ですよね。

全ての選択肢を洗い出しましたか?

転職先の業界調査はしましたか?

関連する業界も調査しましたか?

取引先も調査しましたか?

ちゃんと企業調査をしましたか?

データにもとづいて判断したのであれば、予想と現実のズレは小さくなるはずです。

調査とは「明らかにするために調べること」。

実態もよくわからない業界に転職することは「チャレンジ」ではなく、ただの無謀です。調査しないことは怠慢ですよ。

「チャレンジ」という言葉にカッコつけて、調査を怠ると後悔するのは明らかです。

ぶちゃげ、転職は簡単にできます。

でも、簡単に内定がでる転職先なんてたかが知れてますよ。

なぜかというと、いい会社の人事は優秀だから。

会社が優良であればあるほど人事は優秀です。

優秀な人事であれば中途半端な世間知らずは雇いません。

言葉はあれですが、事実です。過去の僕もそうでした。

転職後の想像力がたりない

深く調査することで、未来が想像しやすくなるものです。

なぜかというと、事実を知っているとリアルにイメージが湧くから。

あなたの働きかたを振り返ればよくわかりますよ。

「あの取引先は資料のここの部分を指摘してくるだろうな…。前も似たような案件で論破されて企画ポシャったし。説得につかえる別のデータも用意しとかなきゃ。」

経験値が増えると先のことを予測して動けるようになりますよね?

転職も同じです。

想像して、妄想して、実際に働く疑似体験を頭の中でイメージしてください。

ポイントはできるだけリアルに想像すること。

そのために調査で事実を集める必要があります。

将来を想像する。

そもそもなんですけど、あなたは将来どうなりたいですか?

即答できないと転職しても後悔する可能性があります。

なぜかというと、転職すると人生が変わるから。

もちょっとリアルな話をすると生活が変わります。

転職して人生をどう変えたいか、どんな生活を送りたいか、夢も希望もない状態で転職はしないでください。

あまりにも過酷な労働環境であれば今すぐ転職したい方がいいとは思います。

僕も過去に毎月100時間以上残業していたので、ブラックな環境から逃げたい気持ちはわかります。

とはいえ。残業がない職場にいって何がしたいですか?

仕事をやめたい理由と転職先に求めるものをイコールにすると、「残業はないけどやりがいがない…。後悔しかない。」という結末になりかねません。

あなたの将来を環境にゆだねるのではなくて、あなたが自分の将来を実現するために転職したいという気持ちが大切です。

転職に対する戦略がない

戦略とは戦いを略すことです。

目指しているゴールに最短でたどり着くためには戦略が必須。

総合的な準備・計画・行動の策を練りましょう。

手順としてはゴールから逆算することをおすすめします。

将来どうなりたいのか、から逆算して事実を集めて、行動の計画を練ります。

実行に移すのは、しっかり戦略を立てた後です。

ポイントは転職を焦らないこと。

一刻も早く状況を変えたい気持ちはわかりますが、転職活動に焦りは禁物です。

繰り返しですが、しっかり戦略を練りましょう。

転職こそPDCA

戦略を立てるために一旦転職活動をするのもあり。

内定がでても納得いかなければ辞退してOKですよ。

実際に転職活動をして、データを集めてから戦略を練り直しましょう。

ポイントは仮説と実行と観察です。

PDCAですね。

転職活動ではOODAも有効かと。

 OODAループとは、Observe(観察)、Orient(状況判断、方針決定)、Decide(意思決定)、Act(行動)の頭文字を取ったもので、問題解決のメソッドの1つです。

出典:あしたの人事

PDCAがよくわからない人は「あしたの人事」のPDCAサイクルはもう古い?PDCAの意味やメリット、デメリット、OODAとの違いについてという記事をご一読ください。

転職で人生ミスるひとのたった1つの特徴

転職で人生ミスるひとのたった1つの特徴

ぶっちゃげ転職に向いているひとと向いていないひとは存在します。

結論から言うと目の前の現状にちょっとした「工夫をする」クセがないひとは転職して人生ミスります。

経済学者のマイケル・ハウスマンの研究によると。スマホに「もともと入っている検索アプリを使っている人」と、「検索アプリを自分でインストールして使っている人」だと、「検索アプリを自分でインストールして使っている人」のほうが離職率は低く仕事の効率もパフォーマンスもよかったそうです。

ちなみに、過去に転職を繰り返している人と、離職率には関係がなかったという論文も存在します。

ポイントは現状に対して「工夫するクセがあるか」です。

詳しく知りたい方はDaigoさんの転職で【人生ミスる人】の特徴という動画をご覧ください。

転職で【人生ミスる人】の特徴

自分で工夫できない

小さいことでも改善する人は、もっと効率よく仕事をするように工夫するクセがあります。

めんどくさいとか、嫌だなと思ったときに工夫するクセがない人は、自分の力で対応ができません。

障害を乗り越えられないから、転職を後悔することになります。

そもそも自分で工夫をできないひとは、仕事で圧倒的な成果を出すことが難しいです。

転職ではあなたの経験や能力が重要視されます。

スタンスに問題があるひとはいい転職ができない可能性もありますよ。

諦めてしまう

低所得者のほうが経済格差を問題だと思わない傾向にあるという、ジョンジョストンというひとの研究結果もありまして。

高所得者より低所得者のほうが17%も、経済格差が当然だと思っている。

貧困層のひとたちのほうが「現状でよくね」、みたいに考えているということ。

現状を受け入れているから貧しいのか、貧しいから現状を受け入れているのか、根拠はありませんが。

とはいえ。工夫できないひとが、現状を打破できる確率は低いと思います。

転職して後悔している人へ

転職して後悔している人へ

結論、もう一回転職してもいいです。

とはいえ。すぐに仕事を辞めるのではなく、先に転職先を決めておくほうがいいです。

無料で相談できます。

転職エージェントはあなたの経歴にマッチした仕事を探してくれます。プロに相談しつつ将来を考えるのはありです。良い求人があれば検討したいとでも伝えましょう。選択肢もなしに悩むのは時間の無駄ですよ。無料で利用できるので登録しない理由がないんですよね。>dodaの無料登録はこちら(公式サイト)

確かに転職は面倒です。でも行動しないと現状は変わりません。

転職活動で得られるものは未来の選択肢です。選択肢もなしに悩んでも時間の無駄ですよ。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。

dodaとリクルートエージェントは登録して間違いありません。業界No.1と業界No.2なので利用しない理由がないんですよね。

soda

とりあえず選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

dodaは業界No.2。転職する気がなくても利用可能です。エージェントには「いい求人があれば検討したい」と伝えましょう。

自分で求人を探す転職サイトと、転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに登録する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは業界No.1。さすがの転職ノウハウは利用価値が高いです。

求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料登録はこちら(公式サイト)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら