仕事の悩み

嫌いな人を辞めさせたい!職場から追い出す方法3選

・嫌いな人を辞めさせたい

・職場から追い出す方法を知りたい

・嫌いな人を気にせず仕事したい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 嫌いな人を辞めさせたい理由3選
  • 嫌いな人を職場から追い出す方法3選
  • 嫌いな人を気にせず仕事する方法3選
  • おすすめのアクションプラン

「なんか嫌い」「生理的に受けつけない」こういう人と働くストレスって半端じゃないですよね。

人間関係の悩みは本当に辛いです。

「嫌いな人を辞めさせたい」誰もが1度は考えたことがあるんじゃないでしょうか?

とはいえ。よほどのトラブルが無い限り自主退職させる以外追い出す方法はありません。

ぶっちゃげ、職場にも問題はあるかと。

職場には似たような人が集まるもの。

採用基準が同じですからね。

嫌いな人の人間としてレベルが低く、また、複数人いるのであればあなたが転職してレベルの高い環境を目指すのはありです。

レベルの高い環境にはレベルが高く人間的に尊敬できるビジネスマンが集まるもの。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントの利用がおすすめ。

リクルートは優秀なビジネスマンが多いため内定の確度は確実にあがります。

質の高い求人も多いのが特徴です。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

とりあえず選択肢が知りたいだけなら業界No.2のdodaがおすすめ。

担当は物腰柔らかく、転職を急かされることはありません。

もちろん求人の質も高いです。

>>doda公式サイトはこちら

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

転職するor転職しないはあとから考えればいいですよ。選択肢を知っておくことで将来の不安を減らしましょ。

本記事では嫌いな人を職場から辞めさせる方法と気にせず働く方法を解説します。

嫌いな人を辞めさせたい理由3選

嫌いな人を辞めさせたい理由を解説します。

仕事に集中できない

「この人嫌いだな」一度そう感じてしまうと無意識にその人のことばかり考えてしまいますよね。

・職場に行くのが億劫

・ミーティングが億劫

・報告連絡相談しにくい

嫌な予感がしてすべての行動が億劫になるもの。

自分の仕事に集中できなくなってしまいます。

「社会人として大人対応しないといけない」とわかってはいるものの、謎にいつもトラブルが発生する。。。

「辞めてもらったほうがマシだ」と考えてしまうことはあるあるです。

生産性が下がる

ビジネスは円滑なコミュニケーションがあってこそ成果が最大化されます。

なぜかというと、シナジー効果(相乗効果)が発生するから。

「1+1=10」みたいなことが発生するのがチームワークです。

苦手な人と無理にコミュニケーションを図ろうとしても割とムダです。

なぜかというと、大体は価値観が違うから。

ビジネスに正解はありません。

ビジネスで大切にしている価値観が違う人とはチームワークを発揮するのは困難です。

タスクが増える

仕事を振ってタスクが減ったはずなのに、トータルでタスクが増えている。

謎ですよね。

理由は次のとおりです。

・説明に時間がかかる

・依頼に口答えする

・戻ってきたタスクが期待を下回る

戻ってきたタスクが期待を下回るだけならまだマシです。

なぜかというと、見当違いな答えが返ってくる可能性もあるから。

嫌いな人に仕事を振るのは困難を極めますよね。

嫌い→コミュニケーションを短く済ませたい→淡白な説明になる→意図がつらたわらない

まさに悪循環です。

いっそ居ないほうがマシと感じてしまうことも、そりゃありますよね。

嫌いな人を職場から追い出す方法3選

前提として、嫌いな人を職場から追い出すのはかなり難しいです。

なぜかというと、他人の人生がかかってるから。

職場から追い出す=転職させる

転職は現実を受け止め、本気で行動しないと面接にすらたどり着きません。

いってしまうと、かなり面倒なんですよね。

また立場によっても変わります。

・上司を辞めさせたい

・部下を辞めさせたい

・同僚を辞めさせたい

上司を辞めさせたいのであれば、かなりの覚悟が必要かと。

なぜかというと、上司は会社からの評価が高いから。

間違って上司の上司に相談でもすれば「お前がやめろ」と言われかねません。

では、どうするべきか。

嫌いな人が辞めたくなる状況を作る

→辞めないなら気にせず働く

→大人対応を極める

これでいきましょ。

嫌いな人が辞めたくなる状況を作る方法を解説します。

評価する

まずは何が嫌いなのか明確にするべし。

・仕事ができない

・空気が読めない

・偉そう(実際に偉いかは置いといて)

仕事ができないくせにゴマすりだけで出世した上司から偉そうに説教されて、得意先との商談中に「こいつはダメなんですよ」と泥を塗られた。などの事実を書き出しましょ。

その上で評価をします。

人事評価制度があるのであれば参考にしつつ、客観的に点数をつけましょう。

評価は相手に伝えなくてもOKです。

気持ちは態度に表れるもの。

まずは嫌いな理由を明確にして文章にしておきましょ。

感情ではなく、事実にもとづいた評価を持っておくことで、いざというときの武器になります。

責任者から「あいつどう?」と聞かれたときに客観的な判断をぶつけるのはありです。

転職を促す

まずは転職の意思を確認しましょ。

雑談するのも億劫かもですが。試す価値はあります。

ずっとこのままこの会社で働くつもりですか?

その上で転職を促しましょ。

〇〇さんならもっといい会社あるんじゃないですか?

これは雑談レベルで行うのがコツです。

とはいえ。上司からこんな事言われたら本人も辛いと思うのであえて今の会社の評価を下げましょ。

今の会社ってさ〇〇なところがダメじゃん?これって今後も変わらないと思うんですよね。XXな会社で働いてみるのはありと思うんですよね。どうおもいます?

ポイントはあなたのために言っているという雰囲気を出すこと。

正論をぶちかましましょ。

嫌な仕事を振り続ける

マイナビの調査によると人が仕事を辞める理由は大きく分けると次の3つです。

・労働条件

・人間関係

・将来の不安

この3つを満たすためには嫌な仕事を振り続けるのが有効かと。

・給料に合わないストレスフルな仕事

・既にトラブルが発生している仕事

・第3者とトラブルになりそうな仕事

過度に仕事を与え過ぎたり、逆に仕事量が少なすぎるとパワハラになるので注意しましょう。

また、給料に合わないストレスフルなトラブル系の仕事をわざわざ作ると担当が居なくなった途端、あなたにも面倒な仕事が増える可能性があるので注意が必要です。

・上司に会社と協議してもらう

・同僚に担当を分け与える

・部下に面倒な仕事をまかせる

違和感ないですよね。

上手な言い訳をつくりましょ。

「なんかこの会社嫌だな」と相手に思わせたら勝ちです。

嫌いな人を気にせず仕事する方法3選

嫌いな人が辞めてくれたらハッピーなのに。

人として最低かもですが、こういった感情は誰もが感じたことはあるかと。

とはいえ。人って簡単に辞めないんですよね。

なので嫌いな人を気にせず働く方法も身につけておくべし。

上司や同僚は選べませんからね。

たとえ、あなたが転職しても同じような状況になる可能性もあります。

詳しく解説します。

極力関わらない

嫌いな人とは関わらないのが吉。

接点をできるだけ減らしましょ。

関わるときは大人対応するべし。絶対にキレちゃダメです。

嫌いな人と話しているとイライラするかもですが、間接的にあなたの評価が下がる可能性もあります。

どうしても仕事上チームとして動かないといけないのであれば持ち場を分けるという手段もあります。

お互いの持ち場を分ける

仕事の価値観がどうしても合わないのであれば持ち場を明確に分けましょ。

なぜかというと、相手との接点が最小限になるから。

1~10の工程のうち「1~5は他人で6~10は自分」というように分けて「1~5」には口出しをやめましょ。

逆に「6~10に一切口出ししないでくれ」と伝えればOK。

持ち場を分けてお互いの好きに動くべし。

相手を尊重しつつ、自分のペースで仕事できるのでおすすめ。

トラブルが発生した場合も誰に原因があるのか明確になります。

嫌な相手と仕事をするより効率はあがるので成果も出やすいかと。

詳しくはエッセンシャル思考という本で解説されています。是非ご一読ください。

あわれむ

人に嫌われるのって悲しいですよね。

あなたに嫌われてる人は「かわいそうな人」です。

心のなかで「かわいそうな人」として認定してあげましょ。

その人も嫌われたくて働いているわけではありません。

そっとあわれんで優しい気持ちで接するべし。

詳しくは職場で無視されても気にしない方法3選【相手を吹き出物と思う】という記事が参考になると思います。ご一読ください…!

おすすめのアクションプラン

おすすめのアクションプラン

辞めさせたいほど嫌いな人が職場にいるときのおすすめプランは次のとおりです

  1. 相手を評価する
  2. 転職を促す
  3. 嫌な仕事を振り続ける
  4. 極力関わらない
  5. お互いの持ち場を明確にする
  6. あわれむ
  7. 大人対応を極める

相手が職場をなかなか離れないときはあなたが転職を検討してもいいかもです。

あなた自身が転職という選択肢を持っておくことで、嫌いな人に転職を促すときも説得力がマシます。

転職者の気持ちが多少は理解できるようになりますからね。

相手を辞めさせる=転職させる

職場には似たようなレベルの人が集まるもの。

レベルの高い環境を目指して転職する人は多いです。

人間関係の悩みはどこにいっても発生します。

とはいえ。価値観が合わない人が優秀であれば「辞めさせよう」とは考えなくなります。

逆にどうやって利用しようかと考えるはずです。

辞めさせたいほど嫌いな人って仕事ができない人なんですよね。

なので、そういった人が集まる職場からは去ってもいいかと。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントの利用がおすすめ。

リクルートは優秀なビジネスマンが多いため内定の確度は確実にあがります。

質の高い求人も多いのが特徴です。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

無料でリクルートに相談する

とりあえず選択肢が知りたいだけなら業界No.2のdodaがおすすめ。

担当は物腰柔らかく、転職を急かされることはありません。

もちろん求人の質も高いです。

>>doda公式サイトはこちら

無料でdodaに相談する

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら