仕事の悩み

考えすぎてしまう性格は直さなくていい5つの理由

・考えすぎて不安になる

・同じことをいつまでも考えてしまう

・行動に移せない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容はつぎのとおりです。

  • 考えすぎてしまう性格のメリット
  • 考えすぎてしまう性格のデメリット
  • 考えすぎてしまうときの対処法5選

僕はかなり考えすぎてしまう性格でして。

もう33歳なんで直らないと思います。

33年も考えすぎてしまう性格と付き合ってきましたが、結論「直さなくていい」です。てか治りません。

考えすぎてしまう性格はメリットもあるので、自分をうまく乗りこなすことを考えたほうがいいです。

本記事では考えすぎてしまうときの対処法5選を経験に基づいて解説します。

考えすぎてしまう性格のメリット

考えすぎてしまう性格のメリット

考えすぎてしまう性格のメリットは次のとおりです。

  1. 最適解を見つけることができる
  2. 落とし所がみえる
  3. プロセスを描くのがうまい
  4. 新しいアイディアを思いつく
  5. 学習能力が高い

考えすぎてしまう性格はメリットもあります。

詳しく解説します。

プロセスを描くのがうまい

プロセスを描くのがうまい

考えすぎてしまう人はスタートからゴールまでのプロセスを描くのがうまいです。

なぜかというと、選択肢を見つけるのがうまいから。

Aさん:①をやれ → 即行動

Bさん:①をやれ → ①をやったら②とか③もやんなきゃだし、その後④も出てくるから、①だけじゃなくて同時に②③もやっといたほうがいいかも。

Bさんは考えすぎる人ですが、1いわれたら10わかる人ですね。

確かにスタートは遅いかもですが、ゴールまでの速度は一緒だったりします。

むしろAさんよりBさんのほうが成果が出やすい場面もありますよ。

課題を見つけるのがうまい

課題を見つけるのがうまい

考えすぎてしまう人はプロセスを考えるのがうまいので、スタートした時点でゴールが見えている場合が多いです。

目指している未来 – 現状 = 課題

ゴールが何となく描けるので、課題を見つけるのがうまいです。

課題を発見する能力はかなり重要でして。

仕事では重宝される人材です。

また落とし所がみえているので、課題を解決するためのタスク管理も上手な人が多いです。

最適解を見つけることができる

最適解を見つけることができる

よく考えることができる人は、あたりをつけて行動できるので最適解を見つけるのがうまいです。

行動しながら考える事ができるので都度都度タスクの追加やゴールの修正も可能。

求められている結果以上の成果を出す場面も多いはずです。

圧倒的な当事者意識を持っている人が多いので、仕事での評価は高いはずです。

新しいアイディアを思いつく

新しいアイディアを思いつく

考えすぎるひとは未来を想像するのがうまいです。

なぜかというと、Aという行動がもたらす未来を複数描けるから。

あらゆる可能性を想像できるひとは、相手の気持ちを考えることもうまいのが特徴です。

想像力が豊かなので新しいアイディアを思いつくことが可能。

アイディアを形にする仕事につくと、かなり成果が出やすいと思います。

僕はOEM(商品開発)やってますが、あきらかに同僚よりアイディアの数が多いです。

なぜかというと、複数の未来を同時に描いているから。

性格と仕事のマッチングがいいと、とてつもない成果を出すことも可能です。

学習能力が高い

学習能力が高い

考えすぎてしまう人は、学習能力が高いです。

なぜかというと、頭の中で経験を積むことが出来るから。

頭の中でスタートからゴールまでを常に反復して複数描いているので普通のひとの倍以上の経験値がたまります。

仮に事業の方向性が変わったとしても即対応できる、みたいな感じですね。

社会人は経験資産が非常に重要でして。

再現性の高いプロセスを経験している人は他社からも人気が高いです。

考えすぎてしまう性格のデメリット

考えすぎてしまう性格のデメリット

考えすぎてしまう性格のデメリットは次のとおりです。

  • 行動が遅い
  • 今に集中できない
  • 結論を出すのが早い

詳しく解説します。

行動が遅い

行動が遅い

考えながら作業するってのはどう考えても効率が悪いです。

なぜかというと、1つのことにエネルギーが集中できないから。

常に頭がフル回転の人はそもそも疲れやすいと思います。

思考にエネルギーを消耗して、行動に使えるエネルギーが減る。

行動が遅くなってしまうのはデメリットです。

今に集中できない

今に集中できない

今に集中できないのは結構辛いですよね。

・過去の失敗をいつまでも引きずる

・悪い未来を想像して億劫

よくわかります…。僕もそうです。

逆に

  • 過去の成功体験から自信がつく
  • いい未来を想像して楽しくなる

上記のような場面もあると思います。

今に集中出来ないのはデメリットですが、いい方向に働く場面もあるので良し悪しですよね。

結論を出すのが早い

結論を出すのが早い

結論を出すのが早いのは一見メリットかもですが、僕としてはデメリットを感じる場面が多いです。

なぜかというと、悪い未来が見えたときは諦めてしまうから。

どうやっても悪い結果しか起きない…と思えても100%起こる未来なんてありません。

結論を出すのが早すぎると損する場面も多いです。

たとえば、1年後に100万円稼げるけど、3年後には稼げなくなる案件があったとして。

「3年後には稼げなくなる」ことを意識して行動しない場合です。

途中では得するんだから引き際だけ見極めればいいものを、最初からやらないという選択をしてしまいがちです。

タラレバですが。結論を出すのが早いと損する場面も多いです。

考えすぎてしまうときの対処法5選

考えすぎてしまうときの対処法5選

考えすぎてしまうときの対処法はつぎのとおりです。

  1. 徹底的に考える
  2. ゴールから逆算する
  3. やりながら考える
  4. 人生をコントロールする
  5. 運を運用する

詳しく解説します。

徹底的に考える

徹底的に考える

徹底的に考えてOKです。

なぜかというと、中途半端に考えると迷いが出るから。

ポイントはいい未来を徹底的に考えること。

  • いい結果を出すためにどうすればいいか
  • 最もベストな結果はなにか

徹底的に考えることで迷いは消えるはずです。

ゴールから逆算する

ゴールから逆算する

まずは、ゴールを決めましょう。

なぜかというと、スタートから考えると選択肢が無限に広がるから。疲れます。

ゴールを決めておけば、選択肢はかなり減ります。

副業を始めるではなく「副業で毎月20万円稼ぐ」などゴールは具体的にするべし。

具体的なゴールがないと意味不明な悩みが増えます。

プロセスはゴールから逆算しましょう。

やりながら考える

やりながら考える

やりながら考えるのは重要です。

なぜかというと、プロセスの途中で思いもよらなかった事象にぶち当たるから。

正確にはやってみて「時々振り返る」です。

1~10までトラブルなく進めることができる仕事なんてありません。

  • 定期的に振り返る
  • プロセスを都度修正する

それくらいの余裕は持ちましょう。

考えすぎる性格の問題ではなく余裕があるかないかの問題です。

なんだか余裕がないな…と思う人は心に余裕がない人へ【ROLANDの思考】という記事も参考にしてください。

人生をコントロールする

人生をコントロールする

自分でコントロールできる「なにか」を持つべきです。

「なにか」は趣味でも、仕事でもなんでもOK。

なぜかというと、人生の幸福度が上がるから。

ちなみに本サイト(チキンライフ)は1人で運営しています。

・仕事で新規プロジェクトを立ち上げてリーダーになる

・副業をはじめる

・ゲームに没頭する

・好きな本を読む

・好きな服を着る

好きなことを考えてるときって楽しいですよね。

考えれば考えるほど幸せが増します。

運を運用する

運を運用する

ぶっちゃげ人生は運ゲーです。

なぜかというと、未来を操作することは誰にも出来ないから。

あなたがどれだけ考えたところで、結果が変わらない事象は山程あります。

とはいえ。いまの行動が未来につながっているのは事実でして。

とにかくサイコロを多くったほうが「6」は出やすいのと同じで、挑戦回数を増やすことの重要性を忘れてはいけません。

考える時間よりも「行動する時間を増やす」というのも意識したほうがいいかもです。

Aさん:考えすぎて行動出来ない

Bさん:思考停止して100回挑戦 

Bさんのほうが成果を上げる確率は高いです。

数撃ちゃ当たる。ときには大切ですよ。

考えすぎてしまうときの対処法まとめ

考えすぎてしまうときの対処法まとめ

考えすぎてしまうときの対処法は悩まないこと。

悩むことと思考することは全く別物ですよ。

考えすぎる性格は直さなくてもいいです。

考えすぎる性格が災いして仕事で成果が出せない…

上記のように悩んでいるのであれば、仕事を選び直したほうがいいかもです。

思慮深い人は戦略を練るマーケティングや、アイディア勝負の企画系に向いています。

たしかに転職は面倒です。

でも、考えすぎる性格を生かした仕事は必ずあります。

選択肢が目の前にあれば未来を想像するのは得意ですよね?

※仕事がつらいなら…

仕事がつらいなら環境をリセットするのはありです。働きやすさは環境に依存しますからね。

確かに転職は面倒ですし、万人におすすめできる手段ではありません。僕が転職した理由は現状と選択肢を比較して「いまよりよくなる」と思えたからです。

転職エージェントに相談することで現実問題どんな選択肢があるのかを知ることができます。無料でプロに相談できるので利用しない理由はないんですよね。

無料相談で選択肢を確認することから始めるべし。転職するor転職しないは、あとから考えればいいですよ。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートに相談する

※登録後もお金は一切かかりません。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら