仕事を辞める

【転職】地元に帰るメリット・デメリット

・東京に疲れた

・やはり地元が好きだ

・とはいえ。地元でまともに転職できるか不安。

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 地元に帰るメリット
  • 地元に帰るデメリット
  • 転職で地元に帰る方法

「転職して地元に帰る」当然メリットもデメリットもあります。

なぜかというと、環境が変わると得られる情報量と質が変わるから。

東京や大阪など都心の企業と地方の企業では情報量や質に差があります。

都心に本社やベンチャー企業が集中するのは情報量と質を高めたいから。

当然。個人の成長角度も変わってきます。

取引先の企業も変わりますし、大きな案件は減りますよね。

とはいえ。慣れ親しんだ地元で暮らすことで精神的には安定します。

仕事や年収を理由に「地元に買えるべきか」悩んでいるのであれば、とりあえず仕事探しを始めてみましょう…!

なぜかというと、未来が具体的に予想できるから。

「地元に帰りたい」と漠然と悩むのではなく「東京に残る or 転職する」というより具体的な選択肢から選ぶべし。

地元に帰ることを優先して求人を探すのであればマイナビエージェントがおすすめ。

素直に「地元に帰るか悩んでいる」ことを伝え、求人を紹介してもらいましょう。

漠然と悩むのは損です。何も解決できません。

求人情報に触れると未来が想像しやすくなります。

なんとなく悩んでいるだけでは時間がもったいないです。

本記事では地元に帰るメリット・デメリットを解説しつつ、求人を探すコツをご紹介します。

地元に帰るメリット

地元に帰るメリット

地元に帰るメリットを解説します。

心が落ち着く

地元が好きな人にとって慣れ親しんだ環境は精神的に安定します。

なぜかというと、素が出せるから。

方言丸出しで喋っても、からかわれることはありません。

昔から通っていた飲食店に訪れたり、地元ならではの文化や食材は、やはりしっくりきます。

居心地は最高。

ベンチャー企業など労働環境が激しい職場であれば尚更地元の良さを実感すると思います。

友達や家族とすぐに会える

苦楽を共にした親友は地元にいることが多いです。

なぜかというと、共通の体験をしている人とは気が合うから。

仕事を通じて仲良くなった人と地元の友達では一味違う関係ですよね。

プライベートな悩みを相談するのは、やはり地元の親友だったりします。僕もそうです。

友人や家族との会話でリフレッシュするのであれば地元に帰るのはありです。

物価が安い

都心に比べ物価が安いことはかなりのメリットです。

福岡件の2LDK家賃相場は6.7万円。

ゲスいですが、実家で暮せば家賃は0円です。

1~2年実家で生活すれば100~200万円くらい貯金することも可能。

仮に転職で年収が下がっても生活水準は変わらない人が多いです。

地元に帰るデメリット

地元に帰るデメリット

地元に帰るデメリットを解説します。

年収が下がる可能性あり

年収は下がる可能性が高いです。

なぜかというと、物価が違うから。

地方と都心で年収差をつけている企業もありますよね。

僕の会社も東京勤務だと給与が1.2倍です。

dodaの47都道府県別/地方別平均年収情報という記事をご一読ください…!

とはいえ。地方は物価が安いのも事実でして。

年収が下がった分、出費も減るということも起こります。

年収だけを理由に転職をあきらめるのは軽率かもです。

求人が少ない

やはり、都心に比べて求人は少ないです。

仮に「また転職」となった時のことまで想定しておいたほうがいいかと。

・需要の高いスキルを持っているか

・マネージャー経験はあるか

・どの業界でも売上を伸ばす再現性の高いプロセスを経験しているか

あなたの市場価値によって転職難易度は変わります。

とはいえ。いまいまどんな求人があるのか気になるのであれば、やはりマイナビエージェントなどから求人を紹介してもらうのが手っ取り早いです。

実際に転職はしなくてもいいので、相談だけでもお悩み解決に近づくかと。

都心での友人とは疎遠になる

都心で作り上げた人間関係は白紙になります。

物理距離は心の距離にも影響しますからね。

都心でできた友人や気の合う同僚とは連絡を取り合い「たまには東京へ遊びに行く」くらいの行動力がないと疎遠になることを覚悟しましょう。

とはいえ。世間は狭いもの。

「二度と合うことはないから」などとあしらわず、都心の友人とは円満な関係のまま地元に帰るべし。

転職で地元に帰る方法

まずは求人を見てみることをおすすめします。

転職サイトから自分で探してもいいかもですが、しっかり納得したうえで地元に帰りたいのであれば転職エージェントをつかいましょう。

なぜかというと、転職エージェントは企業とのやり取りを代行してくれるから。

都心と地方では物理的に距離があります。

企業とのやり取りがスムーズに行えないと転職活動はストレスです。

また、個人と企業のやり取りに不備があれば内定の確度も下がります。

転職エージェントを上手に利用してスムーズな転職活動を行いましょう…!

最後におすすめの転職エージェントをまとめておきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは地方にも拠点があるため地元採用には強いです。

僕も、地元で転職した際に活用しました。

特に丁寧な対応をしてくれる印象でして。

地元に帰るという不安な状況であれば心強い味方になってくれるはずです。

経験が少ない状態でも頑張って書類を通してくれるため経歴に自信がないひとは積極的に活用しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは最大手のサービスです。

求人数は圧倒的に多い印象。地方にも拠点があるため地元採用にも強いです。

独自案件も多いため登録は必須。

マイナビエージェントとリクルートエージェントは併用しましょう…!

より多くの求人の中から選ぶことをおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチは高収入案件に特化したスカウトサービスです。

あなたの職務経歴書に対してスカウトが届きます。

職務経歴書をブラッシュアップする壁打ちとして活用しましょう…!

スカウトの質もレベルが高い印象です。

希望勤務地も選択できるため、地元で高収入案件があれば申し込むのもありです。

注意点は、年収500万円以上の人が対象のサービスであること。

とはいえ。僕が年収400万円のときに福岡県で年収600~800万円のオファーをもらったこともあるので登録しておいて損はありません。

やっぱり地元に帰りたい

やっぱり地元に帰りたい

「やっぱり地元に帰りたい」

まずは、転職したあとの未来を想像しましょう…!

・求人の質はいいか

・生活水準は変わらないか

・プライベートは充実するのか

後悔のない選択をしましょう。

応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら