おすすめの転職サイト

JACリクルートメントの評判と口コミ【求人もエージェントもハイスペック】

・JACリクルートメントの評判が知りたい

・登録したいけど条件はあるのだろうか

・転職活動ではどれくらい有効なのだろうか

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • JACリクルートメントの特徴
  • JACリクルートメントの評判
  • JACリクルートメントの口コミ
  • JACリクルートメントのデメリット
  • JACリクルートメントを利用するべき人

JACリクルートメントは年収6500万円以上のハイクラスと呼ばれる求職者向けの転職エージェントサービス。

最低でも年収が500万円以上ないと求人を紹介すらしてもらえない可能性が高いです。

とはいえ。ハイクラス向けの求人に企業は何を求めているのか感覚的につかめるので面談だけでも価値はあります。

エージェントの質は高くアドバイスは一流です。

JACリクルートメントの特徴は次のとおり。

・ハイクラス(年収600万円以上)

・外資系/グローバル企業への転職に強い

・30~50代がメインユーザー

JACリクルートメントのデメリットは次のとおり。

・求人が少ない

・対応がドライ

・求職者のスペックが低いと求人を紹介してもらえない

ハイクラスを狙うのであれば、ランスタッドも併用しましょう…!同じくハイクラス向けの転職エージェントなので求人の選択肢が増えます。

また、ハイクラスを狙えるか自信はないという人はリクルートエージェントも利用することをおすすめします。

本記事ではJACリクルートメントの特徴と利用するべき人の特徴を解説します。

\無料でJACに登録/

JACリクルートメント公式サイトはこちら

※登録後もお金はかかりません。

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントの強みを解説します。

求人の質が高い

ハイクラス向けの転職エージェントだけあって求人の質は高いです。

管理職・技術職/専門職の転職ならJACリクルートメントを利用して間違いありません。

JACも東証一部上場企業だけあって取引企業は大手が多いです。

企業からの信頼もかなり厚いかと。

大手企業への転職、管理職/専門職のプロフェッショナルとして転職したいのであれば積極的に利用するべし。

外資系企業や海外進出企業への転職支援が強い

外資系企業や海外進出企業への転職支援が強い

ロンドン発祥の日系転職エージェントというインターナショナルな企業文化、英国とドイツ、アジア8カ国に広がる独自のグローバルネットワーク。

これらを背景として、JACは外資系企業や海外進出企業への転職支援で豊富な実績を重ねてきました。

求人企業との強固な信頼関係により、他では見ることのできない求人も多数存在します。

またグローバル転職支援のノウハウは長年にわたって蓄積され、所属するコンサルタントに共有されています。

英文レジュメ作成についてのアドバイスなど、グローバル転職の支援に強みをもっています。

転職のプロフェッショナルがあなたをサポート

転職のプロフェッショナルがあなたをサポート

JACには各業界や職種に特化した総勢約800名のコンサルタントが所属しており、一人ひとりが高い専門性を備えた転職のプロフェッショナルです。

各業界出身のコンサルタントも多く、業界についての専門的な知識も持っていますので、あなたの経験や能力について、その価値を正しく理解することができます。

転職サポートに関しては、やはり優秀かと。コンサルタントとの面談だけでも価値はあります。

また、あなたに求人をご紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報をタイムリーにお伝えすることが可能です。

JACリクルートメントの評判/口コミ

JACリクルートメントの評判/口コミ

JACリクルートメントのコンサルタントは優秀なだけあっていい評判も多い一方「求人を紹介してもらえなかった」などサービスと登録者のミスマッチも多く賛否両論です。

エージェントの対応が素晴らしいという口コミは多いです。

一方で求人を紹介してもらえなかったという口コミも見かけますね。

https://twitter.com/okareder/status/1328103346045997056

ハイクラス向けのサービスのためスキル不足や専門性がない人、現時点で年収が600万円以下だと求人を紹介してもらえない可能性は高いです。

JACがおすすめな人

JACがおすすめな人

JACがおすすめな人は次のとおりです。

  • 年収が600万円以上
  • 専門性が高い
  • 英語力に自信がある

年収600万円以上の方だと紹介してもらえる求人数も多いです。

とはいえ。地方だと役職者でも年収500万円くらいの人も多いはず。

ダメ元で登録してみるものあり。

無料でレベルの高い転職コンサルタントと面談できるので利用しないのは損です。

\無料でJACに登録/

JACリクルートメント公式サイトはこちら

※登録後もお金はかかりません。

JACのデメリット

JACのデメリットは求職者を画一的にふるいにかけていること。

専門性が低かったり、現時点でスペックが低いと担当によっては求人を紹介してもらえない可能性が高いです。

JACをおすすめできない人は次のとおり。

  • 年収が600万円以下(地方なら500万円以下)
  • 第二新卒など経験が浅い
  • 専門性/役職がない

とはいえ。ハイクラスの求人が何を求めているのかを知るだけでも価値はあります。

・年収を上げたい

・裁量権を得たい

・キャリアアップしたい

現職の待遇に不満を持っていて向上心の強いキャリア志向のあなたなら利用してみることをおすすめします。

JACの特徴まとめ

JACの特徴まとめ

・時間を無駄にしたくない

・自分にあった転職エージェントを使いたい

・転職で失敗したくない

上記の悩みは転職でつきものでして。

ぶっちゃげ、複数の転職エージェントを試してみるのが一番おすすめ。

その中でも、JACリクルートメントは試して損はないサービスです。

なぜかというと、転職において自分の可能性は他者が決めるから。

転職における、あなたの市場価値は企業から提示される年収です。

ハイクラスの転職エージェントも試してみて「市場価値は低い」と感じるのであれば、どうすれば「市場価値をかげられるのか」考えることがキャリアプランです。

現実を知って行動を修正しないと「いつまで経っても市場価値はあがりません」。

ダメ元で登録するのは全然あり。

JACに登録するべき人は次のとおりです。

ハイクラスな人材を目指すすべての社会人。

登録は面倒かもですが、無料でプロの意見が聞けるので登録しないのは損です。

応援しています…!

今回は以上です。

\無料でJACに登録/

JACリクルートメント公式サイトはこちら

※登録後もお金はかかりません。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら