仕事を辞める

転職・退職が無責任ではない3つの理由【スムーズに退職する方法3選】

・退職は無責任なのか

・周囲が気になって退職できない

・スムーズに退職する方法が知りたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次の通りです。

  1. 退職は無責任ではない3つの理由
  2. スムーズに退職する方法3選
  3. 話し合いが困難な場合

僕の働いている会社は毎月離職者がいますが、増収を続けています。

ぶっちゃげ、あなたがいなくても仕事は回ります。

というか回さないといけないのです。

本記事では転職・退職が無責任ではない理由を解説します。

転職・退職は無責任じゃない3つの理由

会社に対するあなたの責任

会社の目的は利益を出すことです。

会社に利益を出すためにあなたを雇っているわけですよね。

なので、あなたが会社を辞めたとしても利益がでる仕組みは維持されます。

というか維持しないといけないのです。

あなたが辞めたことで利益が出なくなるのであれば、経営者の責任です。

そう考えると、従業員が会社に果たすべき責任なんてないような気もします。

あなたに責任はない

あなたに責任はない

言い方はあれですが、あなたは利益を残す仕組みの中に配置されたコマです。

たとえば、将棋で飛車角落ちになったとしても勝つときはありますよね。

あなたが最強の飛車だとすれば、確かに戦いにくくはあります。

とはいえ。王将を守りつつ攻めきれれば勝てるわけですよね。

戦略として、あいてから新しい飛車を奪うことも可能。

そもそも手持ちの飛車がいなくなる原因って…と考えるとよくわかります。

繰り返しになりますが、あなたは無責任でもよくないですか?

というか会社に対する責任なんて、そもそも存在しますかね。

会社こそ無責任である

会社こそ無責任である理由

いざというとき会社は個人を守ってくれません。

仮にウツにでもなったらヤバイやつ扱いされて自然と退職の流れをつくられますよ。

しかも、どの会社もいつ潰れるかわかりません。

いまは個人の時代です。

あなたが実現したい未来を、在職している会社で得られないのであれば転職すべきです。

あなたの人生はあなた以外にコントロールできません。

なぜかというと、あなたの体を動かせるのはあなただけだから。

ベタな言葉ですが、人生は一度きりですよ。

会社を辞めれないとあなたが困る

会社を辞めれないとあなたが困る

転職のメリットはあなたの未来をコントロールできることです。

なぜなら環境を変えたりスキルアップすることで未来は確実に変化するから。

上司の姿は未来のあなたです。

もしかしたら、時代の変化とともに良くも悪くもなるかもしれませんが、それはあなたにコントロールできません。

繰り返しですが、あなたの選択と行動で未来は確実にかわりますよ。

あなたが仕事を辞めると上司が困る本当の理由

あなたが仕事を辞めると上司が困る理由

あなたが会社を辞めると上司の評価が下がります。

なぜなら、リーダーとしての資質が問われるから。

とはいえ。会社に利益をのこす仕組みを作れる責任者はメンバーが退職しても評価は落ちません。

なぜなら、会社は利益が残ればいいだけなので、ひとの入れ替わりは関係ないから。

会社としては優秀なひとを確保したいかもですが、結果がよければ全てよしです。

これが会社の本質だったりします。

スムーズに退職する3つの方法

スムーズに退職する3つの方法

退職を焦っていないのであれば時期は考えましょう。

業界や会社によるのでタイミングは測るべきです。

タイミングを間違うとあいてに嫌な気持ちをさせてしまい、結果として八つ当たりしてくるかもです。

スムーズに退職したいのであれば次の3つに配慮しましょう。

(1)繁忙期を避ける

繁忙期は避けるのがベストです。

猫の手も借りたいときに優秀な社員がいなくなれば、会社のメンバーは大変ですよね。

退職の際に揉めたくないのであれば、あいてに余裕があるときを狙いましょう。

転職先の繁忙期をずらすのも手です。

なぜかという転職直後が繁忙期だとゆっくり仕事を覚える時間もない…なんてことになるかもしれないから。

転職先の繁忙期をずらすことも意識しましょう。

(2)プロジェクトをやりきる

(2)プロジェクトをやりきる

プロジェクトの途中でメンバーが変わることは会社にとってリスクです。

なぜかというと失敗する可能性が高まるから。

最後までやりきることで、あなたのスキルも伸びますよね。

お互いにとってデメリットが大きいので中途半端な状況で退職することはおすすめしません。

ただし、切りのいいタイミングを待っていたら転職先に断られた…なんてことがないように注意しましょう。

最高のタイミングはあなたが転職したいと思ったときです。

あなたの未来を最優先しましょう。

(3)引き継ぎをする

仕事を引き継ぎすることはあなたにもメリットがあります。

なぜかというと経験や知識を整理できるから。

引き継ぎ資料をつくってしまえば、ポートフォリオとしても使えますよね。

資料の完成度によってはメンバーにも感謝されるので一石二鳥。

まさに「立つ鳥あとをにごさず」ですね。

退職の話し合いが困難な場合

退職の話し合いが困難な場合

残念な事実として、あなたの都合を理解してくれない相手もいます。

なぜかというと、相手も自分のことしか考えていないから。

本当に退職したいなら次の転職先を決めておくべし。

失礼だとか無責任だととかそういうことは考えなくOK。

あなたの未来が一番大切です….!

新しいスタートを切ることに集中しましょう。

確かに転職は面倒です。でも行動しないと現状は変わりません。

転職活動で得られるものは未来の選択肢です。選択肢もなしに悩んでも時間の無駄ですよ。

最後におすすめの転職サイトをご紹介します。

dodaとリクルートエージェントは登録して間違いありません。業界No.1と業界No.2なので利用しない理由がないんですよね。

soda

とりあえず選択肢を見てみたいのであればdodaがおすすめ。

dodaは業界No.2。転職する気がなくても利用可能です。エージェントには「いい求人があれば検討したい」と伝えましょう。

自分で求人を探す転職サイトと、転職エージェントの機能が1つのアプリで利用できるのでダントツで使いやすいです。

\無料でdodaに相談する/

無料でdodaに登録する(公式サイトはこちら)

※転職する気がなくでも利用できます

本気で転職したいならリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは業界No.1。さすがの転職ノウハウは利用価値が高いです。

求人数は圧倒的。幅広い業界・職種で質の高い求人に期待できますし、約90%が非公開求人です。

\無料でリクルートに相談する/

無料でリクルートエージェントに登録する(公式サイトはこちら)

※登録後も一切お金はかかりません。

おすすめの転職サイトは下記記事でも解説していますのでご一読を…!

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。