仕事の悩み

人手不足で職場崩壊する会社の特徴3選【人を増やしてくれない理由】

・明らかに人手が足りてない

・1人あたりの仕事量が多すぎる

・職場崩壊してるかもしれん

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次の通りです。

  • 人手不足で職場崩壊する会社の特徴3選
  • 人手不足で職場崩壊する根本的な原因
  • 人手不足は会社の責任【人を増やしてくれない理由】
  • おすすめのアクションプラン

人手不足で明らかに1人あたりの作業量が多い。。。こういった悩みを放置していると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。

なぜかというと、職場崩壊している会社は仕事量に見合った給料を払う余裕はないから。

16時間働いたからといって倍の給料もらっている人なんていませんよ。

お金の安定は心の安定に繋がります。

人手不足で職場崩壊する根本的な原因は経営者が従業員を大切にしていないからです。

ぶっちゃげ、そんな会社に未来はないですよ。

職場崩壊しているモラルに欠けた職場で働いていても「あなたの人生がムダに浪費」され続けます。

結論。転職するべし。

とはいえ。仕事量が多いということは経験量も多くなるということ。

あなたのレベルが高まるギリギリまで働きつつ、心身ともに疲弊する前に転職しましょ。

今のキャリアの先にある選択肢は転職エージェントに確認することをおすすめします。

なぜかというと、時間が節約できるから。

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してきてくれるので、転職エージェントを利用しない理由がないんですよね。

本気で転職するなら業界NO.1のリクルートエージェントがおすすめですが。

質の高い求人が多く、担当は優秀なビジネスマンが多いので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

とりあえず選択肢を確認したいだけなら業界No.2のdodaがおすすめです。

dodaは担当者が物腰柔らかく丁寧に対応してくれますし、転職を急かされることはありません。

もちろん求人の質も高いです。

>>dodaの公式サイトはこちら

本記事では人手不足で職場崩壊する会社の特徴と続ける上での注意点を解説します。

人手不足で職場崩壊する会社の特徴3選

人手不足で職場崩壊する会社の特徴を解説します。

単価が低く作業が多い

頭を使う仕事ではなく作業が多いのが特徴です。

なぜかというと、単価が低いから。

単価が低い=量が必要

単価が高い仕事で人手不足ということはありません。

なぜかというと、単価が高い仕事は給料が多いので転職希望者は山ほどいますからね。

・広告業界

・金融関係

・コンサル

こういった業界は人手不足なのではなく1つの案件に係る工数が多いだけです。

純粋に単価が低く人手不足な業界は次の通り。

・建築関係

・卸売

・サービス業

作業が多い割に給料も安ければ、そりゃみんな辞めていきますよね。

無駄な仕事が多い

人手不足で職場崩壊する会社は無駄が多いです。

・見積もり10件中1件だけ受注

・10時間かけた図面が不採用

・不要な報告書

誰のためにやってんのか意味不明な仕事はストレスの原因になります。

なぜかというと、誰の役に立ってるか明確じゃないと承認欲求が満たされないから。

「おかげで助かった」「ありがとう」こういった言葉がなくても「ユーザーが喜んでくれている」という実感があれば多少はマシですが。

現実問題として自分の仕事がどこの誰にどんな影響を与えているか実感がない人は多いです。

人手不足で時間がなければ、思いをはせる余裕もないですからね。

チームワークのかけらもない

慢性的な人手不足が続いているとチームワークは生まれません。

なぜかというと、全員余裕がないから。

チームワークによって成果が最大化されるのがビジネスです。

1人で完結する仕事ならフリーランスを目指したほうがマシですからね。

現実問題として会社の名前があるから仕事を受注できている人もいるかもです。

分業しているからこそ自分の仕事に集中できているという人もいます。

とはいえ。営業なんて誰でもできますし、分業したいなら外注すればいいだけです。

せっかく組織で働いているのにチームワークがないなんてもったいない。

転職市場で管理職の年収が高いのは、優秀なチームを作り上げることに価値があるからです。

チームワークのかけらもない会社に未来はありません。

人手不足は会社の責任【人を増やしてくれない理由】

人手不足で職場崩壊する根本的な原因は会社が従業員を大切にしていないこと。

なぜかというと、経営者は会社に利益が出ればいいから。

従業員の生活やストレスなんてどうでもいいんですよね。

勝手にしてくれって感じです。

作業量を増やすことで1人あたりの生産性を上げ会社に利益を残そうなんて考えているから職場崩壊するんですよね。

人手不足は会社の責任です。

とはいえ。人を増やさないのは会社の利益を最大化させたいから。

人件費はコストですからね。

人を大切にできない経営者は人間として終わってます。

さっさと見切りをつけて転職ましょ。

人手不足で職場崩壊している状況への対処法3選

人手不足で職場崩壊している会社で働くための心構えを解説します。

経験値を積む

人手不足ということは1人あたりの仕事量はとてつもないはず。過去の僕もそうでした。

過去の僕は毎日7時~23時まで働き。まさに社畜でした。

とはいえ。逆に言うと経験値はかなり積めます。

人の倍働くことで成長速度は早くなるかと。僕は2年でギブアップしましたが。

自分で言うのもあれですけど、営業マンとしてのノウハウはレベルが高いと思います。

経験値を積み上げたらさっさと転職しましょ。

課題を解決する

職場崩壊している会社は課題が山積みです。

課題を解決することに注力しましょ。

なぜかというと、課題を解決するスキルは市場価値が高いから。

課題を発見→PDCA→結果を振り返る

目の前の仕事に工夫ができる人は魅力的です。

課題を解決した経験を持っていると転職面接でもアピールポイントが増えますからね。

目の前の課題を解決して自力を上げていきましょ。

ポイントは他社でも通用する課題解決手段を身につけること。

再現性の高いプロセスを持っていると転職では有利です。

無理しない

無理は禁物です。

なぜかというと「鬱」になると回復に時間がかかるから。

従業員を大切にしない会社に忠義を示す必要はないですよ。

あなたの心と体を大切にしてほしいと思います。

そのうえで会社を利用しましょ。

体は最も大切にすべき資本です。

「元リクルート」みたいな人が世の中に溢れているのは、逆に言うと続けることができなかったからです。

レベルが高い環境にハードワークは付き物でして。

見切りをつけるタイミングを間違うと心身ともに崩壊するので気をつけてくださいね。

おすすめのアクションプラン

忙しすぎて吐きそう。。。こういった状況で働き続けても疲弊するだけです。

他社でも十分通用するスキルを持っているなら転職しましょ。

人手不足を理解しながら放置している会社は次のどちらかです。

・人を雇うお金がない

・人を雇うお金がもったいない

どちらにしても終わってます。

さっさと見切りをつけましょ。

「残された人に申し訳ない」と思うかもですが。

あなたの人生のほうが遥かに大切です。

たしかに転職は面倒ですし。万人におすすめできる方法ではありません。

とはいえ。選択肢を持っているか持っていないかで未来は変わります。

なぜかというと、行動次第で選択肢は変わるから。

求人をみて「まだスキルが足りない」と感じるならもう、少しいまの仕事を続けてもいいと思います。

まずは、選択肢を確認することから始めましょ。

本気で転職するなら業界NO.1のリクルートエージェントがおすすめ。

質の高い求人が多く、担当は優秀なビジネスマンが多いので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

リクルート公式サイトへ

とりあえず選択肢を確認したいだけなら業界No.2のdodaがおすすめです。

dodaは担当者が物腰柔らかく丁寧に対応してくれますし、転職を急かされることはありません。

もちろん求人の質も高いです。

>>dodaの公式サイトはこちら

doda公式サイトへ

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら