仕事の悩み

早く帰りたい!仕事が退屈な理由と対処法

・早く帰りたい

・仕事が退屈すぎる

・早く帰れないときはどうしたらいいですか?

上記の悩みに答えます。

  • 早く帰りたい理由
  • 早く帰れない理由
  • 時間が早く感じる方法
  • 早く帰る方法

さっさと家に帰りたい…誰もが仕事中に思ったことのある感情だと思います。

なぜかというと、仕事がクソつまんないから。

退屈な仕事は時間が長く感じてしまうものですよね。

毎日上司から「馬鹿野郎!」と罵倒され、朝7時から23時まで働き、関係者は漏れなく威圧的な態度でとにかく怖く、挙げ句の果てに取引先からカツアゲされたのは僕です。

職場は選べるという事実を知っておくだけでも気持ちは楽になるもの。

選択肢が増えれば心に余裕ができますし、他社と比べて「まだマシ」と思えればいい意味で開き直れますからね。

今すぐ転職する気がなくても、転職サイトだけでも登録するべし。

リクナビNEXTを見てみてください。

残業20時間以下で年間120日以上の休日を掲げている会社なんて腐るほどありますよ。

本気で転職するならエージェントを使ったほうがいいですが、まずはリクナビNEXTに登録して「選択肢はある」ということだけでも知っておいてください。

\無料登録!5分で完了/

リクナビNEXT公式サイトはこちら

※登録後もお金はかかりません。

リクナビNEXT(ネクスト)の強みと弱み【特徴と使い方を解説】リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運用する、知名度No1の転職サイト。転職希望者からだけではなく中途採用を検討している企業からの信頼も厚いため、紹介する求人情報の量は圧倒的です。転職するならとりあえず登録して間違いないでしょう。転職に関するコンテンツも多く、情報収集の場としても活用できます。...

関連記事:リクナビNEXT(ネクスト)の強みと弱み【特徴と使い方を解説】

本記事では早く帰りたい理由を解説しつつ実践できる対処法をご紹介します。

早く帰りたい理由

早く帰りたい理由

職場から早く家に帰りたい理由は次の2つです。

  1. 仕事がつまらない
  2. プラベートに気がかりがある

退屈な作業ばかりだと時間が長く感じるもの。

仕事に慣れてしまって飽きた…そら早く帰りたいですよね。

あとは仕事でミスをしてしまったり職場が気まずい場合もあるかもですが、仕事が楽しければ問題なし。そうじゃないから早く帰りたいんですよね。

詳しく解説します。

仕事がつまらない

仕事がつまらない

仕事の楽しさは緊張と緩和のバランスで決まります。

常に緊張感が漂っている職場はストレスですよね。

一刻も早くこの場から立ち去りたい…だけど仕事だから我慢しないといけない。辛いです。

逆に暇を持て余す仕事もしんどいのは事実でして。

・1~2年目のときは8時間かかっていた仕事が5時間で終わるようになった

・70%のちからで120%の成果が出せるようになった

仕事がイージーモードになってしまった場合は退屈で仕方ありません。

仕事がつまらないと感じるのであれば、緊張と緩和のバランスを見極めるべし。

緊張感が常に漂っている職場であれば転職もありです。

参考までに、仕事が長続きする職場の特徴5選という記事もご一読ください…!

プライベートに気がかりがある

プライベートに気がかりがある

早く帰りたい理由が明確な場合は辛いですよね。

・育児

・デート

・サッカー日本代表のテレビ中継

帰らないといけない…けど帰れない。こんな辛いことありますかね。

ライフワークバランスは超重要。

なぜかというと、働くために生きているわけではないから。

仕事が人生を充実させるのは事実。とはいえ。人生を不幸にする仕事もあります。

「早く帰らないといけない…けど帰れない」という状況であれば転職しましょう。

残業がない仕事を探すべし。

早く帰れない理由

早く帰れない理由

あなたが早く帰れない原因は職場にあります。

「そうではない」という人は仕事が終わり次第さっさと帰ればOK。

・締切がある

・まわりに迷惑をかける

・職場の雰囲気を悪くしてしまう

締め切があるし、まわりに迷惑をかけてしまうから帰れないのは仕方がないこと。とはいえ。まわりと調整している人が職場にいないから出来ないだけですよね。

先駆者がいればあなたも真似するだけ。

やはり、早く帰れない職場には少し闇があります。

詳しく解説しますね。

帰りが遅いのが当たり前の文化が職場にある

帰りが遅いのが当たり前の文化が職場にある

・誰一人として定時で帰らない

・営業マンが外回りから17時ころ帰ってくる

・定時後にミーティングが設定されている

職場で自分1人だけが定時ダッシュすると目立ちますよね。

なぜかというと、早く帰りたいのはみんな同じだから。

「早く帰りたいけど帰れない」雰囲気を作ってしまう職場はちょっとやばいです。

1ヶ月に1回くらいなら事前に根回しをして「今日は早く帰ります」と宣言しておけばいいかもですが。

「毎日早く帰りたい」と思っているのであればその職場は辛いです。

なぜかというと、自分の気持ちとは逆の動きをすることになるから。

環境を疑うべし。

あなたが人生で最優先にするべきことが、プライベートの時間であれば、今の苦痛は一生続きます。

残業しないと終わらない仕事量

残業しないと終わらない仕事量

「残業は正義」という謎の価値観が蔓延している環境は多いです。

仕事量が多い仕事の特徴は次のとおりです。

・競合が多い

・利害関係者が多い

・利益目的で運営している

言ってしまうと損得を最も重要視している会社の仕事量はヤバいです。

なぜかというと、儲けるための打ち手は無限にあるから。

ぶっちゃげ仕事なんてやろうと思えばいくらでもやれます。キリがありません。

残業しないと終わらない仕事量を与えている会社は悪です。

仕事量は自分だけで調整できないのは事実でして。

売り上げが2倍になったのに事務員の人数は変わらない。こんな会社ちょっとありえないです。

とはいえ。周囲を調整して自分の思い通り動かす技術は個人の能力にも左右されることは否定できません。

詳しくは、残業しないと終わらない仕事量3つの対処法という記事を参考にしてください。

時間が早く感じる方法

時間が早く感じる方法

仕事が退屈だと時間は長く感じるもの。

げ、まだ15時かよ。気持ちは18時だぜ。って場面はサラリーマンあるあるです。

時間を早送りする方法はないのですが、時間を早く感じる方法はあります。

それは仕事に集中すること。

詳しく解説します。

仕事に集中する

仕事に集中する

仕事に集中すると時間の経過は早く感じます。

なぜかというと、余計なことを考えなくて済むから。

ゲームなんかあっという間に時間が過ぎますよね。それは集中しているからです。

とはいえ「無条件で集中できれば苦労はしない」という人も多いはず。

仕事がつまらなすぎて集中できないのであれば、集中できる仕事を自分で作るしかないです。

仕事をつくる

仕事をつくる

興味の持てる仕事を自分で作る方法は目の前の仕事にちょっとした工夫をすること。

なぜかというと、新しいことに挑戦する瞬間はタスクが多いから。

たとえば。伝票をただ打つだけではなく「毎週必ず入力する項目をリストにして、コピペするだけの状態にする」などなど、ちょっとした工夫をするといいかと。

ちょっとした工夫をするときは頭をつかいますし、調べることも多いです。

新しい仕事を作って効率アップできれば会社からも感謝されますよね。まさに一石二鳥。

今の仕事で工夫できることはないか検討するべし。

ポイントは自分主体で動くこと。

自主的に考えて行動すると自然とモチベーションは上がります。

早く帰る方法

早く帰る方法

仕事から早く帰る方法は2つしかありません。

  1. 思い切って帰る
  2. 残業がない仕事に転職する

仕事の効率を上げれば早く帰れると思うのであれば実践するべし。

とはいえ。まわりは定時ダッシュしてるのに「あなただけ残業」しているのであれ、その状況を放置している会社にも問題はありますよね。

詳しく解説します。

思い切って帰る

ぶっちゃげ思い切って帰る以外に方法はないかと。

なぜかというと、早く帰れないのは心理的な問題だから。

職場の雰囲気がわるくなるから帰れないなんて、ただのチキンハートです。

タスクを完璧にこなしているから帰る。普通です。

「毎日定時ダッシュしたい」という人は定時ダッシュする4つのポイントと注意点という記事を参考にしてください。

仕事量が多すぎて帰れないという人は残業がない仕事を選ぶのもありです。

残業がない仕事に転職する

残業がない仕事に転職する

残業がない仕事なんて山程あります。

なぜかというと、業界が変われば生産性が変わるから。

IT業界は効率化が最も重要でして。残業なしの会社は多いです。

IT化が進んでいない企業やスタートアップ企業だと確かに残業は多いかもです。

建築業界は毎月100時間残業なんて当たり前だったりします。

とはいえ。あなたの今いる業界の常識は他業種では非常識かもです。

常識を疑うときは比較するべし。

いまと変わらない給料で残業がない会社を探してみましょう。

早く帰りたいけど帰れない時の対処法まとめ

早く帰りたいけど帰れない時の対処法まとめ

早く帰りけど帰れない…自分の気持と逆の行動を取り続けるのは辛いですよね。

ぶっちゃげ精神的な疲れは環境を変えることで解消できます。

なぜかというと、環境が変われば習慣が変わるから。

毎朝7時出社なんて普通じゃないですよ。毎月100時間の残業なんて異常です。

たしかに転職は面倒かもです。

でも、転職しないことと「転職という選択肢を捨てる」ことはイコールではありません。

人生の選択肢は多いほうがいいです。

なぜかというと、コントロールしている事象が増えるほど幸福度は増すから。

転職サイトに登録することで、あなたの選択肢は増えます。選択肢を比較した時に「今の職場の魅力」に気づくこともあるはず。

納得したうえで今の仕事を続けるのであれば問題なし。

逆に早く帰りたいとは思うけど会社に不満はない」という人は転職サイトに登録する必要はありません。

転職はあくまで選択肢でして。人生を良くする手段でしかないんですよね。

あなたの悩みが解消できることを祈っています…!

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。