仕事の悩み

上司に嫌われたら終わりな3つの理由と対処【金の切れ目が縁の切れ目】

・上司に嫌われているようで、働きにくい

・上司への報告・連絡・相談が怖い

・職場にいるのが辛い

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 上司に嫌われたら終わりな理由
  • 上司に嫌われた時の対処法

上司に嫌われるとかなりしんどいです。

理由は次のとおり。

・出世や昇給に悪影響

・上司の懐に入るのは骨が折れる

・自分の意志に反した行動を取ることになる

かなりタフな立ち回りが予想されます。

新人は上司からの評価がシビアになりがちなのも事実でして。部署異動でも同様かと。

なぜかというと実績がないから。

上司から嫌われている時の対処法としては「懐に入るor単独行動で成果を出す」あたりがベター。

ぶっちゃげ、あまりにも「上司や同僚から嫌われている&部署異動などの逃げ場がない」のであれば転職もありですが、全員におすすめできる手法ではありません。

なぜかというと、転職先の上司や同僚は選べないため、運要素が強いから。

転職先と今の仕事を天秤に掛けるのはありです。

本記事では上司に嫌われたら終わりな理由と対処法を経験を元に解説します。

上司に嫌われたら終わりな3つの理由

上司に嫌われたら終わりな3つの理由

上司に嫌われたら、正直しんどいです。

なぜかというと、本来必要のない気苦労が増えるから。

上司の存在が気になって仕事に集中するのが難しいですよね。

僕は新卒で入社した職場の上司も先輩も怖すぎて、怒らせないように気を使いながら仕事していましたが、やはり人間関係のストレスは半端じゃありませんでした。

特に従業員が50人以下の中小企業や、10人以下の営業所など閉鎖的な空間では辛さが倍増します。「今いる世界がすべて」みたいな錯覚を起こしてしまうからです。

本記事では上司に嫌われたら終わりな3つの理由を解説します。

人事評価への悪影響

人事評価への悪影響

上司に嫌われると昇進や昇給などキャリアアップへの道は遠のきます。

なぜかというと、あなたの人事評価は上司がするから。

非常に残念な事実として、感情で人事評価する人はいます。 仕事で圧倒的に成果を出しても、難癖つけて評価を下げてきます。重箱のスミをつつくように。

ただの嫌がらせですね。

嫌いな人を出世させても上司が働きやすくならないのも事実でして。

操作しやすく成果を出す人間を手元に置きたいと思っている人は多いです。

繰り返しですが、上司に嫌われると人事評価を上げるための立ち回りがタフな戦いになります。

素で仕事できない

素で仕事できない

上司に嫌われて辛いなら、上司に気に入られるか「普通の存在」まで持っていきたいですよね。

すでに嫌われているのであれば、あなたの発言や行動を修正する必要があります。

いってしまうと、素で仕事が出来ない状態になります。

サラリーマンに演技力は必要。嘘も方便です。

とはいえ。仕事中ずっと演技していると非常に疲れます。

気が抜けない状態、ミスできない嫌な緊張感が漂い、精神的につらいもの。過去の僕もそうでした。

僕が転職して環境を変えてわかったことは、素で話せる同僚が1人いるだけで気持ちが軽くなること。

僕は200人が1フロアの職場に同い年の同僚が10人いるので、気持ちが楽です。お互い素で愚痴れますからね。

職場で素になれる瞬間が1秒もないのであれば、環境を変えるという手段も全然ありかと。

不本意な行動を取ることのストレス

不本意な行動を取ることのストレス

人事評価を上げるために上司にアピールしつつ、全力でクソみたいな愛想笑いしていると疲れます。そりゃそうですよね。

不本意な行動を取ることのストレスは半端じゃないです。

上司の好みに合わせるためにプレゼン資料を変更したりしていると「俺がやる必要ないよな。誰でもよくね。」といったように自分の価値を感じられなくなるもの。

自分の実力で勝負したいのに「発揮できない」状態だとストレスは溜まる一方です。

もちろん上司の方が経験は豊富なので勉強になることも多いです。

とはいえ。上司も万能ではないので「そこは違うだろ…」みたいな場面があるのも事実でして。でも従うしかないですよね。

繰り返しですが、不本意な行動を取ることのストレスは半端じゃないです。

上司に嫌われた時の対処法5選

上司に嫌われた時の対処法5選

上司に嫌われた時の対処法は「心を殺す」こと。

ぐっとこらえて、徹底的に上司の懐に飛び込むべし。

自分自身をドMと錯覚するほどに耐える必要があります。

なぜかというと、相手に合わせるという行為はビジネスの必須スキルだから。

営業にしてもマーケティングにしても、ユーザーを中心に仕事を進めますよね。 社内の立ち回りも同様です。

相手を気持ちよくさせたら勝ち」くらいで捉えましょう。

詳しく解説します。

懐に入る

懐に入る

「上司の懐に入る」ということを意識してください。

なぜかというと、観察する焦点を絞れるから。

・上司の仕事に対するスタンス

・上司の仕事に対する価値観

・上司好みの判断

・上司好みの行動

あえていうと、ゴマをする必要はなし。

上司の脳内を探れってことです。

上司の思考を先回りして行動すれば自然と評価は上がるはずです。

徹底的に報告・連絡・相談

徹底的に報告・連絡・相談

上司への報告・連絡・相談は徹底しましょう。

なぜかというと、あなたから頼られていると上司が錯覚するから。

頼ってくれる人を一方的に嫌う上司は単純にダメ人間のクソ野郎かと。

もちろんコミュニケーションの中から上司の思考を探ることも忘れずに。

繰り返しですが、報告・連絡・相談は徹底しましょう。

上司の好みに合わせた判断&行動をとる

上司の好みに合わせた判断&行動をとる

嫌かもですが、一番効果的なのは上司の好みに合わせること。

仕事上の判断や行動は上司を基準に決めていきましょう。嫌かもですが。

・上司ならどう判断するか

・上司ならどう行動するか

・報告に対して上司はどう思うか

常に上司を意識して行動していくと、相手から嫌われる確度は下がります。

繰り返しですが、上司の好みに合わせて判断と行動をしましょう。嫌かもですが。

上司を上手に利用する

上司を上手に利用する

相手を上手に利用する。 ゲスいかもですが、サラリーマンとしては必須スキルでして。

なぜかというと、1人の力には限界があるから。

部下:この案件部長から他部署に話通してもらえませんか?やはり、僕だと力不足過かなと思っておりまして…。部長からだと相手も納得してくれると思うんですよね。

部長:おー。電話入れておいてやんよ。

部下:ありがとうございます!

部下:部長!ありがとうございました!話進みそうです。さすがですね。

部長:だろ。

部下:さすがですぅ…。ありがとうございました!

とてつもなくあざといですが、相手が活躍できる場を作ってあげましょう。 得するのはあなたです。

上司の裁量権や権力は徹底的に利用するべし。

繰り返しですが、相手を上手に利用しましょう…!

理不尽な要求にも耐える

理不尽な要求にも耐える

理不尽な要求にも耐える…辛いですが、仕方ないです。

なぜかというと、忠誠心が目に見えるから。

サラリーマンは会社がやれというならやるしかないんです。

口答えしたり、言い訳したりしない。 命令に対してとにかくやる、です。

ただし、残業しないと終わらない仕事量だったり、明らかに分が悪い勝負を強要されるのであれば、間違いなく経営判断が悪いです。

ストレスで精神崩壊する前にどこかで線引は必要かと。

あまりにも理不尽な要求が続くようであれば転職という手段があることも忘れないでください。

【上司から嫌われる最大の原因】金の切れ目が縁の切れ目

上司に嫌われた時の最終手段

上司から嫌われる最大の原因は金の切れ目です。

どういうことかというと、稼げない部下を上司は嫌います。

なぜかというと、部下の出来が悪いは上司の責任だと会社が判断するから。

悲しいですけど、金の切れ目が縁の切れ目です。お互い様ですね。 

上司に嫌われた時の最終手段は転職です。

なぜかというと、人間関係を修復する労力は半端じゃないから。

上司によっては、どれだけこちらが歩み寄っても一方的に厳しく接してくる人もいます。僕も何回もやられました。

あなたの努力だけでは解決できない問題もあります。

ストレスに耐えるのも限界がありますからね。

転職を検討するなら上記大手3社に登録しておけばまず間違いありません。

無料で利用できますし、各社非公開の独占求人を持っているため利用価値が高いです。

特にどこがいいかといわれれば圧倒的にリクルートエージェントです。業界No1なので。

とはいえ。本気で転職するならすべて登録しましょう。

確かに転職は面倒かもです。

サラリーマンであれば上司の懐に入らなければ行けない場面は必ず来ます。

とはいえ。「本来のパフォーマンスを十分発揮できない」「上司に気を使いすぎて成果が伸びない」状況に悔しい気持ちを感じる向上心の強いあなたなら、もっといい職場が見つかるかもです。

「どうせ自分なんて大した転職先は期待できない」なんて蔑む必要はありません。意外といい求人を紹介してらえるので驚きますよ。過去の僕もそうでした。

転職エージェントを利用するメリットは将来の選択肢が増えること。自ら選択肢を捨てるなんて損です。

あなたがベストな選択を出来ることを祈っています…!

最後におすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめている記事をご紹介します。

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。