転職活動

面接が死ぬほど嫌いな人へ。転職を成功させる対処法3選

・面接が嫌い

・死ぬほど嫌い

・でも転職したい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

・面接が死ぬほど嫌いな理由3選

・面接が死ぬほど嫌いな人の対処法3選

・面接対策が完璧な転職エージェント3選

面接はスキルです。

なぜかというと、ポテンシャルだけで勝負して内定を勝ち取れる人間なんていないから。

喋りが達者で優秀な営業マンでも面接対策と練習は徹底的に行います。

シンプルにソッチのほうが印象が良いんですよね。

準備して望んだ or 準備不足

面接官は何千人と見てきたモンスターです。

準備不足は一瞬で見抜かれますよ。

・コーポレートサイトを見てるか

・業界・職種について調べてきたか

・声に出して面接練習したか

面接対策しない人は「普段の仕事でも準備しないんだろうな」と思われて不採用です。

「そうはいっても死ぬほど面接が嫌いなんだが。。」という人も多いはず。

でも、だからこそチャンスです。

ビジネストークに自信がある中途半端な人間たちが準備不足で面接に望んで知る中、バッチリ準備したあなたが現れたら目を引くはず。

本記事では、面接が死ぬほど嫌いな人の対処法を解説します。

「そんなことはいいから面接対策できる転職エージェントが知りたいよ」って人は面接対策が完璧な転職エージェント3選という部分から読んでくださいね。

面接が死ぬほど嫌いな理由3選

面接が死ぬほど嫌いな理由を解説します。

緊張する

シンプルに緊張しますよね。

ドキドキが止まりません。

なぜかというと、話す内容で合否が決まるから。

試される場面というのは誰でも緊張するものです。

とはいえ。どんなに喋りが達者で優秀なビジネスマンが完璧に面接対策をして望んでも落ちるときは落ちます。

なぜかというと、優秀さだけで内定を出すわけではないから。

・社風にあうか

・仕事の価値観

・おもしろい人材(だと面接官が思う)か

結果を出せる再現性の高いプロセスを語れるとたしかに強いですが、シンプルに「社風にあうか」だったり「一緒に働きたいか」とか感覚的な部分も内定に影響します。

あなたにコントロールできる部分ではないんですよね。

確かに面接は緊張しますが。ある程度は気楽にいきましょ。

めんどくさい

面接はめんどくさいですよね。

「自分のことを知らない人に自分の説明をする、しかも短時間で」これほどめんどくさい状況ありませんよね。

とはいえ。相手も同じ気持ちです。

リスペクトを忘れずに。

しっかりと準備して望むことで相手に失礼のないようにしましょ。

準備から当日まで面接はめんどくさいことが続きます。

「しっかり大人として対応できるか」みたいな部分は確実に見られています。

何を準備したらいいかわからない

面接の正解がわからない。

だれもが悩ましい部分だと思います。

とはいえ。面接に正解はありません。

面接官:なぜこの弊社への転職を希望していますか?

あなた:年収を上げたいからです!なぜなら~

この回答は不採用になるか採用になるか際どいとは思います。

「なぜなら~」「そのために~」以降の文脈も重要になります。

繰り返しですが、面接に正解はないです。

もうちょっというと、ビジネスにも正解はありませんよね。

準備するものは模範解答と自己分析です。

大人として模範解答もできることをアピールしつつ人生のスタンスを明確にすることで魅力を伝えましょ。

採用・不採用は相手次第です。ある程度気楽に行きましょ。

面接が死ぬほど嫌いな人の対処法3選

面接が死ぬほど嫌いな人の対処法を解説します。

模範解答を準備しておく

ベターですが質問を想定して模範解答は準備しましょ。

なぜかというと、状況を想定して準備できる人じゃないと仕事を任せられないから。

いってしまうと自走できる人ですね。

上記Tweetは就活ようですが、転職にも十分応用できます。

実は転職系の質問集は情報が少ないのが現実なんですよね。

とはいえ。就活でいう「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」は転職でいう「前職で力を入れたこと」なんですよね。

志望動機なんかは必ず聞かれますし。

過去の実績や失敗、経験したプロセスや将来の希望なんかは定番の質問です。

繰り返しですが、最低限のマナーとして質問を想定して模範解答は準備しておきましょ。

声に出して練習する

模範解答は声に出すべし。

何回も何回も声に出して練習しょ。

死ぬほど嫌いな面接。でも、乗り越えないと内定は獲得できません。

とにかく練習です。

意外とやらない人が多いですが。

ストレッチも素振りもせずにバッターボックスに立つようなもの。それで、ダルビッシュからホームラン打てますかね?

繰り返しですが、声に出して練習しましょ。

人生の棚卸しをしておく

実は面接で最も重要なことは人生の棚卸しをしておくことです。

なぜかというと、回答の根幹になるから。

おすすめは次の2つ。

・時系列に沿って過去を振る変える

・SWOT分析

時系列に沿って過去を振り返るときは事実とともにその時の感情も書き出しましょ。

・ポジティブな気持ちになったとき

・ネガティブな気持ちになったとき

面接は確かにあなたが試される場ですが、あなたが企業を試す場でもあります。

ネガティブな事象が多そうであれば辞退しても構いません。

どっしり構えてお互いを見極めるべし。

SWOT分析は強み・弱み・市場機会・脅威を2X2のマトリクスに落とし込むフレームワークです。

swot

参考:Urumo

実際面接では強み以外に弱みも聞かれます。

強みを活かせる市場機会があるからこそ、志望動機が見えてきます。

あなたのSWOTを書き出しておきましょ。

実は面接では優秀さよりも仕事のスタンスが重要。

過去を振り返り何に喜びを感じ、何が弱いのか。

弱みをどうやって克服したいのか。しないのか。

それはなぜか。なぜ、なぜ、なぜ….。

WHYを掘り下げて書き出しておくと面接で言葉に詰まることはなくなります。

面接対策が完璧な転職エージェント3選

面接対策が完璧な転職エージェント3選を解説します。

無料で「プロ」が内定までサポートしてくれるので利用しない理由がないんですよね。

積極的に活用しましょ。

ウズキャリ

ウズキャリは面接対策が完璧です。

YouTubeでも対策風景が見れるので参考にしてみてください。

ウズキャリは1人あたり平均20時間サポートしている実績もあり、頼りになります。

また、企業毎に面接対策をカスタマイズしてくれるので内定の確度はかなり上がるかと。

無料なので利用しない理由がないんですよね。

>>ウズキャリ公式サイトはこちら

無料でウズキャリに相談する(公式サイトはこちら)

【ウズキャリの特徴と評判】ニート対応!10代20代の第二新卒・既卒におすすめウズキャリからの紹介なら、ブラック企業に当たる確率は非常に低いです。なぜかというと、全ての企業に訪問して確認しているから。サポートも手厚いため、20代で転職したのであれば利用してまず間違いありません。...

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職エージェント。

経験が浅い20代に特化しているからこそ面接対策もかなり手厚いです。

求人に応募するときは面接対策まで、しっかりサポートしてほしいことを担当に伝えましょ。

 >>マイナビジョブ20’sの公式サイトはこちら

無料でマイナビジョブ20’sに相談する

【20代限定】マイナビジョブ20’sの評判と特徴!第二新卒の転職に強いマイナビジョブ20’sの魅力は第2新卒・20代を採用したい企業の求人しかないこと。内定の確度も高いですし、転職後のミスマッチも少ないです。9つの側面から求職者のパーソナリティーを測定する適性診断を元に、自分の強みや弱み、どんな仕事が向いているのかなど、 キャリアアドバイザーと一緒に自己分析ができるので、納得のいく転職活動が可能です。...

リクルートエージェント

あまり知られていないのですが、リクルートエージェントは模擬面接も対応してくれます。

とはいえ。エージェントと模擬面接を行いたい際はあなたから申し出る必要があります。

リクルートエージェントの担当は優秀な人が多いです。

業界NO.1だけあって、そのノウハウは最高レベル。

無料で「プロ」のサポートを受けられるので利用しない理由がないんですよね。

まだ、登録していない人は是非活用してください。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

無料でリクルートエージェントに相談する

【転職3回でわかった】リクルートエージェントの特徴と使い方【業界No.1】リクルートエージェントに対する企業からの信頼は厚いです。内定の確度が上がるため利用しないのは損。転職活動中は頼りになる相棒になってくれる印象です。本記事ではリクルートエージェントの特徴と使い方を詳しく解説します。...

面接が死ぬほど嫌いな人は死ぬ気でやるべし

面接であなたが死ぬことはありません。

なので死ぬ気でやりましょ。

中途半端だから嫌な気持ちになるんですよね。

開き直って全力でやりきりましょ…!

実際企業は最終的に「情熱」で採用を判断します。

なぜかというと、情熱にかけている人は一緒に働いても楽しくないから。

がんばります!心から言える状況を作るべし。

もちろん不採用になることもあります。でも死にません。

確かに転職は面倒です。

でも、あなたの将来は確実に変わります。

「ポジティブな未来を獲得するために全力で行動する」最高じゃないですか。

面接は企業を試す場でもある。

他人に評価されて試されて不合格になるなんて辛いですよね。

でも、逆も起こるのが転職です。

下手な企業で働くくらいなら断ってもOK。

面接ではあなたが企業を評価する場でもあることを忘れないでください。

最後に今回ご紹介した転職エージェントをまとめます。

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています。

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら