自己投資

【flier(フライヤー)の評判】本の要約がおすすめな3つの理由

・flierの評判が知りたい

・本の要約をサクッと読みたい

・気になる本を試し読みしたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • flier(フライヤー)の評判と口コミ
  • 本の要約がおすすめな3つの理由
  • flier(フライヤー)のメリット・デメリット
  • flier(フライヤー)がおすすめな人

flier(フライヤー)は本の要約を10分で読めるようにまとめているサイト。アプリ版もあります。

ビジネス本を読もうと思ったら3時間くらいはかかるもの。10分で要所だけを抑えることができるので最高です。

本の要約を読むメリットは次のとおり。

・短い時間でサクッとインプットできる

・ハズレを引いて時間を無駄にすることがない

・数多くの名著に触れることが出来る

flier(フライヤー)なら今読むべきトレンド本を毎日1冊ピックアップしてくれるので非常にありがたいです。本のチョイスにセンスを感じます。

忙しいビジネスマンには最高のインプットツール。

しかも、今なら月2,000円のゴールドプランが7日間無料体験できるので利用しない理由はありません。使ってみないのは普通に損です。

本記事ではflire(フライヤー)の評判とメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

早速いってみましょう…!

\かんたん3分で登録/

無料体験はこちら(公式サイト)

※無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。

flier(フライヤー)で読める本

flier(フライヤー)で読める本

flier(フライヤー)で要約が読める本をご紹介します。

ビジネス系の本を中心に充実しているため、カテゴリー検索から本を探すのがおすすめ。

「今週の要約ランキング」でトレンドを抑えつつ「絶対に読んでおきたい名著」を読み進めるのもありです。

手軽にインプットが可能。

マジでおすすめなので、是非チェックしてくださいね…!

※ご紹介する内容は2020年1月時点の情報です。

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考

FACT FULNESS

FACT FULNESS

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

アウトプット大全

アウトプット大全

ニュータープの時代

ニュータープの時代

今回ご紹介した5冊を普通に読むと15時間くらいかかりますけど。flier(フライヤー)なら1時間で読めます。

ちなみに全てバチクソに面白いです。

これだけの名著が10分で読める。ひかえめにいって最高です。

要約を読んで「もっと詳しく知りたい」と思ったときは買いです。僕はAmazonのカートボタンと友達です。

気になっていた「名著」をサクッと読んでチェックしてみてください…!もうほんと最高なんですよ。

\かんたん3分で登録/

無料体験はこちら(公式サイト)

※無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。

本の要約がおすすめな3つの理由

本の要約がおすすめな3つの理由

忙しいビジネスマンに「本の要約」がおすすめな理由を解説します。

短い時間でサクッとインプットできる

「名著」と言われる本は無数にあります。

すべてを網羅して読むなんてぶっちゃげ無理ゲーです。

いってしまうと、時間がないんですよね。

「読みたい本が多すぎて見きれない」「まとまった時間がとれない」過去の僕もそうでした。

本の要約でサクッとインプットしつつ幅広い知見に触れておくと「仕事の瞬発力」が上がるのは事実でして。

忙しいビジネスマンには本の要約で手軽にインプットすることをおすすめします。

ハズレを引いて時間を無駄にすることがない

ハズレを引いて時間を無駄にすることがない

タイトルめっちゃ面白そうだし、冒頭もいい感じだったのに、「中身薄っ」てか全然面白くないじゃん。

本を「はずした」ときの気持ちって本当に最悪ですよね。お金と時間を無駄にしている典型かと。

要約を先に読んでおけば「はずす確度」は下がります。

万人が面白いと思える本って存在しないんですよね。

なぜかというと、本の面白さは「あなたの感覚とビジネスレベル」に影響するから。

要約を読んで「面白いという確信に近いもの」を買うべし。

お金と時間を無駄にするのは、もうやめましょう。

スキマ時間にスマホで読める

スキマ時間にスマホで読める

スキマ時間にスマホでインプットできるのは最高です。

AmazonのKindleUnlimitedとかでもいいんですけど、通勤時間で1冊完読するのは難しいですよね。

本の要約であれば10分で読み終えるので「通勤電車のお供」としては最適です。

スキマ時間を有効に使えると「人生得した感」は半端じゃないです。

\かんたん3分で登録/

無料体験はこちら(公式サイト)

※無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。

flier(フライヤー)のメリット

flier(フライヤー)のメリット

flier(フライヤー)のメリットを解説します。

本が厳選されている

要約されている本は厳選されています。

ぶっちゃげ、flier(フライヤー)で要約されている本にハズレはほぼないです。中の人のセンスを感じます。

「ためになる情報をサクッとインプットしたい」という人には最適。

本が苦手でも読みやすい

読書はしたほうがいいんだろうけど、ちょっと苦手なんだよね。

上記のような人でも「10分でポイントだけを抑える」ことができるので読みやすいです。

本を読んでいるというよりも「コラムを見ている」みたいな感覚に近いかもですね。

長時間文章を読むのが苦手な人でもとっかかりやすいです。

音声読み上げも対応

flier(フライヤー)は音声読み上げにも対応しています。

これからは「音声の時代がやってくる」ともいわれていて、voiceなんかはその代表ですよね。

需要が高いということは「魅力を感じている人が多い」ということ。

音声でのインプットも是非試してほしいと思います。

flier(フライヤー)のデメリット

flier(フライヤー)のデメリット

flier(フライヤー)のデメリットを解説します。

ビジネス本が中心

flier(フライヤー)のコンテンツはビジネス本が中心です。

ビジネス本が好きな僕としては、コンテンツが探しやすいので最高なのですが「雑誌も読みたい」「漫画も読みたい」という人にはミスマッチです。

ビジネスレベルを上げるインプットツールという捉え方がベターです。

要約コンテンツは約2000冊

2000冊の要約が「多い」と捉えるのか「少ない」と捉えるのかは、あなた次第です。

毎月30冊ほど追加されているものの「気になっていた本が要約されていない」ということもあります。

とはいえ。厳選されたビジネス書やリベラルアーツ(教養)系の本が充実しているので、僕は品揃えに不満を感じたことはありません。

要約されている本のセンスがいいんですよね。いってしまうと、ハズレがほぼないです。

有名どころをしっかり抑えたい人にはおすすめです。

プランが3つある

flier(フライヤー)はプランが3つあります。

月額0円のフリープランだと20冊程度しか読めません。

月額500円のシルバープランでも有料コンテンツが読めるのは5冊までです。

1コンテンツが10分程度で読み終えるので、ちょっと物足りないですよね。

ゴールドプランであればすべての要約コンテンツが読み放題ですが料金は2,000円です。

ビジネスマンの自己投資としては「高くはないけど、安くもない」って感じですよね。

Amazonのkindle unlimitedなら980円でビジネス本が読み放題なので、気になる人は下記記事も参考にしてみてください。

【ビジネス本読み放題】kindle unlimitedの評判をまとめてみた。kindle unlimitedはAmazonが提供する「本読み放題」のサブスク。普通に買ったら1,000円超える名著が980円で読み放題でして。ひかえめにいって最高です。...

flier(フライヤー)の7日間無料体験はゴールドプラン。

2000円のプランがタダで使えるので試して見る価値はあります。というか、利用しないのは損です。

\かんたん3分で登録/

無料体験はこちら(公式サイト)

※無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。

flier(フライヤー)の評判と口コミ

flier(フライヤー)の評判と口コミ

flier(フライヤー)の評判と口コミをまとめます

https://twitter.com/nicomii_gokigen/status/1350275336978771968

flier(フライヤー)がおすすめな人

flier(フライヤー)がおすすめな人

flier(フライヤー)がおすすめな人は次のとおり。

・短い時間でサクッとインプットしたい

・読みたい本が多すぎる

・とりあえず名著はおさえたい

「読書が苦手」という人にもおすすめ。

時間はないけどインプットは欠かしたくない育休中のママにもおすすめです。

10分で名著が読めるというサービスは、ひかえめにいって最高です。

無料体験もできるので試してほしいと思います。僕は好きです。

\かんたん3分で登録/

無料体験はこちら(公式サイト)

※無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら