仕事の悩み

営業をやりたくない3つの理由【経験してよかった3つのこと】

・営業だけは絶対にやりたくない

・希望していなかった営業部に配属になってしまった

・営業マンになりたくない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 営業をやりたくない3つの理由
  • 営業を経験してよかった3つのこと
  • 営業をやりたくないときの3つ対処法

営業は体育会系で上下関係が厳しいです。

なぜかというと、お客様に失礼をしてしまったら重大なクレームにつながるなるから。

営業マンのプレッシャーは色んな種類があり、ストレスの原因が多いことは事実でして。

僕も元営業マンなので「やりたくない」気持ちはよくわかります。

本記事では経験を基に営業をやりたくない理由と解決策を解説します。

営業をやりたくない3つの理由

営業をやりたくない3つの理由

営業をやりたくない3つの理由

  1. コミュニケーションが苦手
  2. 体育会系なノリが苦手
  3. 「売る」という行為が苦手

営業であれば「コミュニケーション」「体育会系」「売るという行為」は避けることが不可能です。

上記3つが苦手であれば営業を「やりたくない」と考えてしまいますよね。

詳しく解説します。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手

営業をやりたくない理由で最も多いのが「コミュニケーションが苦手」という悩みです。

なぜかというと、人間関係を作り上げて「感情によってものを買わせる」のが営業マンだから。

なにを喋っていいのかわからない…という場面も多いですよね。

必要ないものを買わせるのはぶっちゃげ超難しいです。

営業はコミュニケーション以上の戦略が必須。誰もが頭を悩ませる問題です。

解決策としては超単純で「必要な人にだけ売る」です。

数撃ちゃ当たるで、淡々と商品力だけで勝負してもOK。

商品に興味があるひとは、めっちゃ質問してきます。

相手に合わせて会話するだけなので、実は大したコミュニケーションは必要なかったりします。

「売る」という行為が苦手

売るという行為が苦手

「売る」という行為が苦手。気持ちはわかります。

なぜかというと、相手の迷惑になるから。

買いたくない人に買ってくれとお願いするのは辛いです。

解決策はマインドを変えてみること。

こんなにいい商品なら家族や友達に進めたいな…という延長線で考えればOK。

「買ってほしい」ではなく「おすすめの理由を伝えたい」に変えましょう。

相手は商品の魅力を知らないだけかもです。

商品の魅力を伝えるのが営業の役目ですよ。

体育会系なノリが苦手

体育会系なノリが苦手

体育会系なノリが苦手。僕もです。

なぜかというと、ムカつく相手にも愛想笑いしつつ頭を下げないといけないから。

ストレスが半端ないです。

お客様第一。

営業マンといえば上下関係が厳しいイメージですよね。

お客様に対して失礼のないようにってのはわかりますけどね。

社内の先輩に対しても上下関係は厳しいのが営業の世界。嫌ですよね。

仕事を円滑に進めるためには社内営業も重要です。

営業を経験してよかった3つのこと

営業を経験してよかった3つのこと

僕が「営業を経験してよかった」ことはつぎの3つ。

  1. 課題を発見して解決する
  2. 結果がすべて
  3. 営業経験は転職で有利

僕は営業を経験していて本当によかったなと思っています。

なぜかというと、営業の仕事はビジネスの基本が詰まっているから。

詳し解説しますね。

課題を発見して解決する力

課題を発見して解決する力

営業マンの本質は課題を発見して解決することです。

営業の仕事は「売上を作ること」ではありません。

なぜかというと、売上はお客様からのあなたに対する評価だから。

言ってしまうと売上はあとから付いてきます。

課題を発見するためにはお客様に寄り添うことが重要。

観察して課題を発見する → 課題解決のために商品を提案する

この流れが理解できるとすべての仕事に応用ができます。

結果がすべて

結果がすべて

良くも悪くも営業は結果が全てです。

なぜかというと、会社は営利目的で運営しているから。

利益さえ出ればプロセスはどうでもいいんですよね。

なので仕事の進め方は自由度が高いです。

結果にコミットすればやりかたは自由。

案外あなたが思っている以上にやりがいはありますよ。

自分で考えた戦略が綺麗にハマったときの感覚は割と楽しいです。

利益を優先しつつ戦略を立てることはすべての仕事で重宝されるスタンスです

営業経験は転職で有利

営業経験は転職で有利

営業職を経験していると転職で有利です。

なぜかというと、「商売感(ビジネスセンス)」が磨かれるから。

営業はPDCAを回して思考し続ける事が重要。

会社の利益を考えつつ計画を立て行動する → 結果に対して行動を修正

どの職種でも成果が最大になる思考が自然と身につきます。

転職ではかなり有利です。

営業をやりたくないときの3つ対処法

営業をやりたくないときの3つの対処法

どうしても「営業をやりたくない」ときの3つ対処法はつぎのとおり。

  1. とりあえずやってみる
  2. 部署異動する
  3. 思い切って転職する

「とりあえずやってみる」ってスタンスはどの場面でも重要です。

なぜかというと、未来は予測できないから。

とりあえずやってみる → 違ったら軌道修正

フットワークが軽い人は重宝されますよ。

詳しく解説します。

とりあえずやってみる

とりあえずやってみる

とりあえずやってみる…フットワークの軽さは変化が激しい時代を生き抜くために重要なスタンスです。

なぜかかというと、今は予測不能なVUCA時代だから。

iPhoneが発売されてたった10年で世界は大きく変わりました。

時代の変化なんて誰も予測できません。

「とりあえずやってみる」「なにごとも経験だ」というスタンスはビジネスマンにとって重要な感覚です。

部署異動する

部署異動する

とりあえずやってみたけどやっぱり営業は無理だ…ということであれば部署異動を申し出ましょう。

なぜかというと、やりたくない仕事をやり続けることほど辛いものはないから。

苦手なものを克服するときの労力は半端じゃありません。

ある程度規模が大きくないと部署異動は難しいかもですが、会社に相談するという行為は超有効です。

もしかしたら、営業職のまま課題が解決できる可能性もあります。

壁を乗り越えた経験を持っているビジネスマンは強いです。

成長の機会と捉え、上司や先輩、人事に相談してみましょう。

思い切って転職する

思い切って転職する

部署異動は会社の規模が大きくないと不可能。

 たとえば「営業 → 営業事務」といったストレスが軽減しにくい部署異動もありえます。

「営業が苦手」なのに「営業マンと仕事で関わり続ける」のであればストレスは減らないですよね。

思い切って転職もありです。

詳しくは文系は仕事が選べない【営業職以外に転職する方法5選】という記事で解説しています。

営業をやりたくないまとめ

営業をやりたくないまとめ

僕は営業を経験してよかったと思っています。

とはいえ。やりたくない仕事をやり続けるのは辛いものがあります。

転職もありです。

転職活動はぶっちゃげしんどいです。

とはいえ。「このままじゃ嫌だ」「もっと自分を活かせる仕事をやりたい」と強く願っている向上心の強いあなたならきっと頑張れるはず。

僕も営業からOEMの商品企画・商品開発に転職できました。

転職は世界が一気に広がりますよ!

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら