仕事の悩み

仕事に行きたくない。朝から泣く人へ【精神を安定させる方法 】

・仕事に行きたくない

・朝から泣いてしまった

・会社にいくのがつらい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事に来たくないと朝泣いたときの対処法
  • 精神を安定させる方法

毎月100時間以上残業し、毎日上司から「お前はバカか」と罵られ、取引先にカツアゲされても仕事を頑張った結果、ある朝僕は泣きました。涙が止まりませんでした。

僕は会社を退職し、3回の転職を経て、今は上場企業でモチベーション高く働いています。

とはいえ。会社にいきたくないな…という感情は定期的に訪れます。

一度精神的に崩れてしまうと完全回復には時間がかかりますし、その後の人生にネガティブな影響を与えるもの。僕はそうでした。チキンハートになってしまいます。

経験上、泣くほど辛い仕事はやめたほうがいいです。それもできるだけ早めに。

仕事に来たくないと朝泣いたときの対処法は次の3つ。

  1. とりあえず休む
  2. とりあえず仕事を辞める
  3. 1日でも早く転職活動を開始する

少しでも心に余裕があるなら転職活動を始めるべきかと。

職場は選べるという事実を知っておくだけでも気持ちは楽になるもの。

選択肢が増えれば心に余裕ができますし、他社と比べて「まだマシ」と思えればいい意味で開き直れますからね。

本記事では仕事に来たくないと朝泣いたときの対処法と精神を安定させる方法を経験をもとに解説します。

仕事に来たくないと朝から泣いたときの対処法

仕事に来たくないと朝泣いたときの対処法

仕事に来たくないと朝から泣いてしまったときの対処法を解説します。

とりあえず休む

とにかく休んでください。

・まだ間に合うなら、今日は休みましょう

・もう間に合わないなら、明日は休みましょう

まずは心と体を大切にしてほしいと思います。

精神的な理由で休むのはズル休みではないです。

とはいえ「精神的につらいので休みます」とはいいにくいもの。

変な噂がたつと会社に行きたくなくなりますからね。

・体調が悪いので休ませてください。

・風邪を引いたので休ませてください。

相手に伝える理由はこれだけで十分です。 なんなら2~3日休んでもOK。

既成事実として風邪のフリして病院にかかってもいいかと。

詳しくは風邪で会社を2~3日休むのは問題なしという記事で解説しています。

正直言うと、朝から泣くなんて異常事態ですよ。

あなたの脳は完全に疲れています。過去の僕もそうでした。

繰り返しですが、とにかく休むべし。

参考になると思うので、精神的な理由で仕事を休みたいときの対処法という記事もご一読ください。

とりあえず仕事を辞める

とりあえず仕事を辞める

とりあえず仕事を辞めてOKな人は脳みそが疲れている人です。

なぜかというと、冷静な判断ができない状態だから。

過去の僕も脳みそが疲れ切っていました。

毎日上司から「お前はバカか!」と罵られるうちに「僕は馬鹿なんだな。どうしたらいいんだろう。」みたいに事実ではないことを事実であるかのように錯覚していました。正に洗脳状態。

僕が仕事辞めて正解だったわと思った瞬間は質の悪い緊張感からの開放です。

他人からのプレッシャーで感じる緊張ほど、タチが悪いものはありません。 とにかくしんどいです。

繰り返しですが、朝から泣くほどつらいならとりあえず仕事を辞めてもいいかもです。

いい感じの退職理由が思いつかない場合は確実に退職できる理由12選という記事をご一読ください…!

1日でも早く転職活動を開始する

1日でも早く転職活動を開始する

とりあえず仕事を辞めるでもいいのですが、やはり、転職活動は1日でも早く始めたほうがいいです。

なぜかというと、働かないと生活できないから。

お金の不安は精神的に相当ダメージを喰らいます。

マイナビエージェントに登録して今すぐ転職活動を開始しましょう。

「実家に帰って英気を養う」でもいいのですが、いつかは働かないといけませんよね。

とりあえず仕事辞める → 転職エージェントに登録 → 実家暮らしをしつつ転職活動

僕が次を決めずに仕事をやめたときは実家に帰りました。貯金なかったんで。

退職と転職は同時進行が吉。

次が決まってない状態で仕事を辞めるメリットは一切ありません。

繰り返しですが、転職活動は今すぐ開始するべし。

上記の大手3社に登録しておけばまず間違いないです。

精神を安定させる方法

精神を安定させる方法

ぶっちゃげ、心療内科に通うのはあり。

心の病気には処方箋がありますからね。僕も一時期お世話になってました。

とはいえ。精神的を安定させるには基本ルールがあります。

詳しく解説しますね。

回復が最優先

回復が最優先

まずは心の健康状態を回復させるのが最優先です。

僕が医者から言われたことは次の通り。

予定は入れないこと。

予定があると考えることが増えるんですよね。

「何も考えない」脳みそを休ませる環境を作ることが大切。

まずは心と体と脳みそを少しづつ回復させます。

「なにかしていないと気が落ち着かない」という人もいるかもですが当日の行動は当日考えればOK。

余裕があるときは外出したり、映画を見たり、お酒を飲んだり、気のむくまま行動してみましょう。

繰り返しですが、あなたの脳みそは確実に疲れています。

脳みそを回復させることに集中するべし。

僕は友人からの誘いも、先の予定であれば全て断りました。

心に余裕があるときはこちらから誘っていたので、友人は減っていません。

残業がなく、休日が多い職場を選ぶ

残業がなく、休日が多い職場を選ぶ

「残業がなく、休日が多い職場」これは最低条件です。

仕事はエネルギーの消費が半端ないですよね。

長時間労働は悪。

とくに精神的にしんどいときに長時間働いていれば余計につらいもの。当然ですよね。

僕が転職するときは「残業がなく、休日が多い職場」が最低条件であることを転職エージェントに伝えました。

地元福岡県内で残業なしの営業職を50以上紹介してもらった記憶があります。当時(2012年)はリクルートエージェントを使って転職しました。

繰り返しですがです。「残業がなく、休日が多い職場」これは最低条件です。

世代が近い同僚多い職場を選ぶ

世代が近い同僚多い職場を選ぶ

世代が近い同僚が多い職場は精神的に安定します。

なぜかというと、お互いの気持ちが何となく理解できるから。

僕は平均年齢30歳の企業も、一番年の近い同僚が20歳以上離れている職場も経験しています。

共通の体験をしている同世代が職場にいると、悩みへの解決策が見つかりやすいのも事実でして。

・部長の発言どう思う?

・KPIに対してどんな打ち手で動いてる?

・このプロジェクトどうやって進める?

上記のように気軽に相談可能。

仕事や人生に対する同世代の価値観も参考になる場面が多いです。

仕事選びに迷ったら、同世代が多い職場を選ぶべし。

朝から泣いてしまうほど弱っている人へ

朝から泣いてしまうほど弱っている人へ

朝から泣いてしまうほど弱っているのであれば、転職で環境を変えるのは非常に有効な手段です。

僕は転職で環境を変えて正解だったと思ってます。とはいえ。万人向けではないかもです。

なぜかというと、精神的に弱っているときは判断能力や行動力が低下するから。

転職エージェントにあなたとマッチする企業探しをしてもらい、ある程度判断を他人に委ねるのもあり。僕が転職したときもそうしました。

ただし、転職はかなりエネルギーを消費するので、それでも耐えられる人だけ転職活動を開始しましょう。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら