仕事を辞める

仕事辞めたい診断!セルフチェック5つのポイント

・最近仕事が楽しくない

・本当に仕事を辞めていいのかわからない

・今の会社で一生働くポジティブなイメージがわかない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事辞めたい診断【セルフチェック5つのポイント】

仕事を辞めたいとは思っているけど、どれくらい本気なのか自分でもわからない人は多いと思います。

なぜかというと、転職は大変だから。

もっとも大切なポイントは転職で悩みが解決するのかです。

例えば、どの大学のどの学部を受験するか決めていないと、何を勉強していいかわらないですよね。

ゴール設定がないと何を行動すべきかわからないもの。

仕事を辞めたい = 転職したいです。

現状を把握するのは確かに大切ですが、退職したあとの未来はもっと重要です。

退職したあとの未来を具体的にイメージする方法は転職エージェントに求人を紹介してもらうこと。

本記事では仕事を辞めたい診断をセルフチェックする方法を解説します。

仕事辞めたい診断【セルフチェック5つのポイント】

仕事辞めたい診断【セルフチェック5つのポイント】

ぶっちゃげ「仕事辞めたい診断」を探している時点で、仕事を辞めたいと多少は思っているはずです。

これからご紹介する5つの質問に答えることで「仕事を辞めるべきか」判断の精度を高めてください。

退職は後戻りできません。冷静に判断してください。

紙などに書き出して客観的に捉えることをお勧めします。

早速ですが、みていきましょう…!

人間関係はいいか

人間関係はいいか、普通か、悪いか

仕事の楽しさは人間関係が決めると言っても過言ではありません。

なぜかというと、人間関係の悩みは解決が難しいから。

職場の上司や同僚は選ぶことができません。ガチャ要素強めです。

人間関係が「いい」「普通」であれば仕事に対するやりがいが「ある」か「ない」かで判断したほうがいいかもです。

仕事にやりがいはあるか

仕事に対するやりがいがあるか、普通か、ないか

仕事にやりがいを感じる基準は人それぞれです。

なぜかというと、モチベーションを感じる動機は個人の価値観によって決まるから。

Aさん:接客業は楽しい!お客様の喜ぶ顔がみれるから。

Bさん:接客業は辛い!お客様に気を使い続けるのがしんどい。

ぶっちゃげ、ビジネスは結果が全てなので仕事にモチベーションは不要。

「給料さえ貰えれば仕事内容はどうでもいい」という人もいます。

とはいえ。やりがいを感じない仕事を続けることはかなりしんどいです。

仕事にやりがいを感じないのであれば、環境に目を向けてみましょう。

環境は整っているか

環境は整っているか、普通か、悪いか

働く環境は大切です。

なぜかというと、人生の3分の1は仕事の時間だから。

毎月100時間残業しつつ、圧力的な建築業界で取引先から罵られ、社員寮では先輩にパシられ、休日もろくにリフレッシュできない。最悪です。

過去の僕ですね。

環境は大きく分けて2つあります。

  • 外部環境
  • 内部環境

外部環境の良し悪しを判断する基準は次のとおりです。

・業界全体が伸びている

・取引先の質がいい

・社会貢献度が高い業界

内部環境の良し悪しを判断する基準は次のとおりです。

・労働時間が短い/休みが多い

・スキル/能力/経験資産が増える

・同僚や上司のレベルが高い

ビジネスマンとしての成長角度は環境によって変わることは事実でして。

給料以外に何も得るものがないと働いていて楽しくないですよね。

感謝の数は多いか

感謝の数は多い、普通、まったくない

仕事自体が楽しくなくても他人から感謝される量が多いと仕事にやりがいを感じるもの。

感謝の量が多いほど人生の幸福度が増すことは事実です。

・同僚や上司から「ありがとう」と言われるか

・ユーザーは喜ぶか、その姿は目に見えるか

・社会から必要とされているビジネスか

ヘルパーズハイと言う言葉もあるくらいです。

他人からどれだけ感謝を集めることが出来るのかを「仕事を辞めたい」判断基準にすることはありです。

次にやりたいことがあるorない

次にやりたいことはあるorない

仕事を辞めたいと薄々感じながらも、現状に妥協して行動できない人は多いです。

なぜかというと、辞めたあとの未来がわからないから。

仕事を辞めて、次は何をやりたいのか。大切なことです。

やりたいことが見つからない人は現実問題としてどんな選択肢があるのか確認するべし。

転職エージェントに相談することは選択肢を洗い出す有効な手段。

現時点のあなたの経歴にマッチした求人を紹介してくれますからね。

「仕事をやめたあとの未来」を知っておくと、どんな行動を取るべきかがわかります。

・今の職場でスキルを伸ばす

・部署異動して新しい専門性を磨く

・転職する

選択肢を知り、行動を変える。

ゴールを設定すると行動が変わります。

紹介された求人に納得行かなければ、あなたの市場価値を上げる方法を考えるべし。

仕事を辞めたいか診断したい人へおすすめの本

仕事を辞めたい診断をしたい人へ

仕事を辞めたいか自分ではよくわからないから誰かに診断してほしい。

気持ちはよくわかります。

とはいえ。最後に決断するのはあなたです。

人生の選択を他人に委ねることほど馬鹿らしいものはありません。

・親がこうしろというから

・友達からは辞めたほうがいいと言われる

気持ちは揺らぐかもですが、冷静に状況を判断するべし。

仕事を辞めるべきか悩んでいる人へおすすめの本をご紹介します。

科学的な適職

科学的な適職という本は仕事の満足度を決める事象を科学的に解説しています。

本書では「どういった基準で仕事を選ぶべきか」根本的な部分を言及されています。

  • 好きを仕事にしてはいけない
  • 給料の多さで選んではいけない
  • 適正にあった仕事を求めてはいけない

仕事選びの常識が覆ります。

是非参考にしてみてください。

【19分で解説】科学的な適職|幸せホルモン分泌しまくりハッピー職業の正体とは?

転職の思考法

転職の思考法という本は全サラリーマン必読書と言っても過言ではありません。

あなたの市場価値(年収)を決める基準が明確に解説されています。

また、どんな会社を選ぶべきかということにも言及されており、転職における知識を深めることが出来ます。

本書に書かれている会社選びの3つの基準は次のとおり。

  • マーケットバリューは上がるか
  • 働きやすいか
  • 活躍の可能性は十分か

マーケットバリューに関しては業界もそうですが、あなたの市場価値もさしています。

どんな会社を選ぶべきか迷ったら必ず読んでおくべき本です。

【10分で解説】転職の思考法①【自分のマーケットバリューをどう高めるか】

仕事を辞めたい診断まとめ

仕事を辞めたい診断まとめ

自分は仕事を辞めたいのかよくわからない。

それは選択肢を持ってないからです。

・辞めたあとの選択肢

・辞めない時の選択肢

未来を想像してください。

未来 – 現在 = やるべきこと

仕事を辞めたあとの未来は転職エージェントに教えてもらいましょう…!

今すぐ転職する気がなくても利用可能。もちろん無料です。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら