仕事の悩み

【電話対応が苦手】辞めたいときの対処法5選とおすすめの職業

・電話対応が苦手

・苦痛で仕方ない

・ストレスに耐えられない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次の通りです。

  • 電話対応が苦手な理由
  • 電話対応が苦手なときの対処法
  • 電話対応がない仕事の探し方
  • おすすめのアクションプラン

電話対応が苦手でつらい…。

こういった悩みをかかえたまま仕事を続けると最悪「鬱」になりかねません。

仕事のストレスって本当に辛いですよね。

誰にでも向き不向きはあるもの。無理は禁物です。

コールセンターや営業など電話が多い仕事についているのであれば、職業を変えるという手段もあることも忘れないでくださいね。

とはいえ。どんな職業でもコミュニケーションは重要はスキルです。

・かかってくる電話が苦手なのか

・掛ける電話が苦手なのか

・BtoBかBtoCか

状況によっても大きく変わってきます。

本記事では電話が苦手な理由と対処法を解説します。

電話対応が苦手な理由

電話対応が苦手な理由を解説します。

内容が理解できない

・名前が聞き取れない

・何言ってるかわかんない

・何を求められてるか理解できない

BtoBの仕事であれば「慣れ」も大切。

なぜかというと、特定の人物から専門的な内容を尋ねられる場合が多いから。

時間とともに専門知識が増えて人間関係も構築されるのであまり気にしなくていいですよ。

とはいえ。電話対応の恐ろしさは電話を受けたあとに、なにか行動しないといけないこと。

見当違いな行動を取るとクレームに繋がる可能性もあるため「内容を理解できない」苦痛は計り知れません。

相手の反応が気になる

・癇に障ることを言っていないか

・上司に変われとせっつかれる

・あきらかに対応がのってない

電話対応は相手の表情を見ることができません。

なので「相手がどう思っているか」得られる情報が少ないんですよね。

あなたから掛けた営業電話であればビジネストークで相手を引き寄せる必要があり、スキルやテクニックが求められます。

いろいろと考えを巡らせるとネガティブ思考に陥りがちです。

相手の反応が気になって「電話なんてしたくない」という気持ちにもなりますよね。

クレームの可能性がある

電話で受けるクレームほど厄介なものはありません。

なぜかというと、電話だと超絶強気になる人が多いから。

電話でとんでもない怒号を浴びせられ、謝罪訪問すると「謎に穏やか」みたいなこともあります。過去の僕の話です。

お互い顔が見えないと「いいたい放題」いってくる人も居ます。

辛いですよね。。。

電話でクレームを受けるときのコツは次の3つ

・丁寧な口調で穏やかに

・事実と要求を確認する

・一旦電話を切って折り返す

相手からの要求は上司に相談して会社としての意見をもらいましょ。

あまりにも激しクレームであれば「責任者」から折り返しさせるのもありです。

社内からの反応が怖い

電話対応後に上司から「ああしろ」「こうしろ」言われることもありますよね。

電話対応が不十分だと社内で怒られることもあります。

社内からの反応が気になって余計電話が億劫になるかもですが、気にしなくていいですよ。

電話対応が未熟という理由で怒ってくる上司は人間としてレベルが低いです。

「伝えた内容」に問題があれば修正をかければいいだけの話。

電話対応は慣れです。

そもそも論として、いちいち説教をしてくる上司は人間的に問題があります。

臨機応変な対応が苦手

臨機応変な対応が苦手な人は多いです。

なぜかというと、経験が浅いから。

確かに電話対応は辛いかもですが「経験」が貯れば「なんて言えばどうなるか」が感覚的につかめるもの。

回答には知識が必要な場合もあります。

1つづつ知識と経験をためていきましょ。

繰り返しですが、電話対応が苦手な理由は経験不足の可能性が高いです。

電話対応が苦手なときの対処法5選

電話対応が苦手なときの対処法を解説します。

数をこなす

まずは数をこなしましょ。

電話対応が苦手な理由は経験不足の可能性が高いです。

とはいえ。苦手意識がある仕事を数こなすのは辛いですよね。

まずは、苦手だけど「トラブルは起きない」という状態を目指しましょ。

トラブルが起きなければそれで問題ありません。

仮にトラブルが起きても同じ過ちを繰り返さえなければ問題ありません。

テンプレ化する

電話対応はテンプレ化できます。

あなたから電話をかけるときは台本をつくりましょ。

電話を受けるときもテンプレはできます。

なぜかというと、かかってくる電話は種類が限られるから。

・取り次ぎ

・注文

・トラブル

電話の内容に対して確認するべき事項と台詞を決めておきましょ。

最初のうちはテンパるかもですが、慣れてきたら「〇〇と言われたらXXを確認する」などオリジナルの台本を作っておくといいですよ。

要点を整理して確認する

電話で相手が話している内容はメモを取りましょ。

電話を切る前に今回の用件とあなたが「どう動くか」要点を整理して相手に伝えます。

確認するという行動はミス予防です。

必ず相手に要点を整理して確認しましょ。

それだけで、電話対応のトラブルはかなり減ります。

折り返す

その場で結論を出さずに、折り返しましょ。

なぜかというと、台本が作れるから。

・事実の洗い出し

・要件の整理

・上司に確認

折返しは最強です。

確かにその場で結論を出して欲しい相手もいるかもですが、中途半端に答えると火に油を注ぐこともあります。

「申し訳ありません。確認して折り返しお電話させていただいてもよろしいでしょうか?」

スッと言葉が出てくるまで何回も声に出しておきましょ。

上司を真似する

電話対応が上手な人の真似をしましょ。

真似るは学ぶの語源ともいわれています。

・口調

・語尾

・話す内容

まずは真似することから始めるべし。

特に上司の真似をすると社内からの評価も上がりやすいです。

なぜかというと、上司はすでに会社から評価されているから。

行動を真似しているうちに上司をリスペクトしている感じが社内に伝わります。

社内政治的な話にはなりますが、媚といて損はないです。

電話対応がない仕事の探し方

電話対応が苦手な人がコールセンターで働くのは無理がありますよね。

なぜかというと、電話の数が半端じゃないから。

「電話対応が辛い」なら「電話対応がない仕事」についたほうがいいですよ。

電話対応がない仕事は探せば結構あります。

・WEBデザイナー

・システムエンジニア

・WEBマーケティング

とはいえ。小さい会社だとどんな職種でも電話対応が発生する可能性が高いです。

結論、転職エージェントに相談しましょ。

「電話対応がしたくない」ということと、その他の希望条件を伝えれば「あなたにマッチした求人」を探してくれます。

無料で「プロ」が仕事を探してきてくれるので利用しない理由がないんですよね。

あなたが知らないだけで電話対応がない仕事は結構ありますよ。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントおすすめです。

求人の質も高くエージェントが優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>無料でリクルートエージェントに相談する

リクルート公式サイトはこちら

おすすめのアクションプラン

電話対応が苦手で今すぐやめたい…。とはいえ。ある程度は電話対応できるようになっておいたほうがいいです。

なぜかというと、電話対応がない仕事のほうが少ないから。

「苦手だけどトラブルは起こさない」くらいにはなっておきましょ。

・電話を切る前に内容を相手に確認

・重要な案件は折り返す

・数をこなして慣れる

それでも電話対応が苦手で、電話の数が多いのであれば転職はありです。

苦手な仕事を続けていても辛いだけですからね。

あとは、環境にもよるかと。

BtoCのクレームなんて精神的にしんどいですけど。

BtoBの電話対応だと優しい人も多いです。

BtoBでも建築業界だと圧力的で辛いですが。

まずは、転職エージェントに相談するべし。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたが後悔のない選択をできることを祈っています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら