転職活動

【元には戻れない】出戻りは後悔しか生まない3つの理由

悩むひと
悩むひと
前の会社に戻りたい…。転職したことを後悔しています。とはいえ出戻りするとよくないですかね?出戻りして失敗したらどうしよう…。
アドバイザー
アドバイザー
出戻りしても以前と同じように働くことは不可能です。 ネガティブな理由の出戻りは絶対にやめましょう。
本記事の内容は次のとおりです。

  • 会社に出戻りすると後悔しか生まない3つの理由
  • 会社に出戻りして後悔したときの対処法

転職したことを後悔して、前の会社に出戻りしたい気持ちはよくわかります。

とはいえ。出戻りしても以前と同じように働くことは不可能です。

なぜかというと、仕事を取り巻く環境は変わり続けるから。

転職して前の会社に戻るくらいなら、別の会社に転職したほうがマシです。

選択肢は無限ですよ。

本記事では会社に出戻りすると後悔しか生まない理由と出戻りして後悔したときの対処法を解説します。

会社に出戻りは後悔しか生まない3つの理由

会社に出戻りは後悔しか生まない3つの理由

出戻りは、後悔しか生みません。断言します。

なぜかというと、環境に心地よさを求めているだけだから。

自分で工夫して障害を乗り越えられなければ、人生は運任せになりますよ。

まずは、あなたが将来どうなりたいか、真剣に考えましょう。

無料で相談できます。

転職エージェントはあなたの経歴にマッチした仕事を探してくれます。プロに相談しつつ将来を考えるのはありです。良い求人があれば検討したいとでも伝えましょう。選択肢もなしに悩むのは時間の無駄ですよ。無料で利用できるので登録しない理由がないんですよね。>dodaの無料登録はこちら(公式サイト)

退職にネガティブな感情がある

退職にネガティブな感情がある

そもそも、なんで転職したんですか?

振り返ってみてください。

会社を辞めるときにネガティブな感情がまったくなかった…なんてひとはいないと思います。

不満もなくすごく楽しいんだけれども、「新しいチャレンジがしたくて転職した」だけです!

→ 前の会社では新しいチャレンジができないことが不満だったわけですよね?

「前の会社に不満はなかった!」とあなたが主張してもまわりの受け取り方は違うかもしれません。

円満退社だとしても、あなたが退職した事実にネガティブな感情を持っている同僚は必ずいます。

そういう環境に飛び込んでハッピーになるわけないです。

出戻りはマイナススタート

出戻りはマイナススタート

出戻りは仕事ができて当たり前と思われます。

むしろ、「レベルアップして帰ってきたんだよね!?」と過剰な期待もありえます。

プレッシャーに耐えられますか…?

仕事なんてうまくいかない時もありますよね。

出戻りというだけで「結果を出して当たりまえ」というふうに思われますよ。

想像力が足りない

想像力が足りない

出戻りしたいほど転職を後悔しているひとは想像力が足りてないです。

転職後の働く姿を映像でイメージできるくらい想像しましたか?

出戻り後に働く姿を映像でイメージできるくらい想像していますか?

転職活動は、ちゃんと調査して、戦略を持って動きましたか?

悩むひと
悩むひと
前の職場の方が人間関係が良かったから戻りたいだけなんです…。
アドバイザー
アドバイザー
人間関係はもとには戻りませんよ。

あなたは「辞めて戻ってきた人」という肩書を一生背負うことになります。

また辞めるんじゃないか…

あなたが辞めたあと大変だった…

あなたの代わりに雇った人をどうするか…

ネガティブな感情は一生ついてきます。

覚悟しましょう。

僕だったら新しい職場を探します。

転職活動は不安だと思いますけど、それは普通です。

転職活動の不安がなくなることはない【不安しかないときの対策 】という記事で転職の不安に対して解説していますので、ご一読を…!  

会社に出戻りして後悔したときの対処法

会社に出戻りして後悔したときの対処法

・転職して後悔した

・出戻りして後悔した

上記の悩みは転職で解決する以外ありません。

将来について真剣に考えましょう。

ぶっちゃげ、転職は何回でも可能です。

理論上、人生に失敗なんて存在しません。

詳しくは転職失敗して人生終わりなひとへ【キングコング西野亮廣の思考】という記事をご一読ください…!

本気で転職活動する

本気で転職活動する

本気で転職活動するということは、将来について真剣に考えるということです。

転職は求人情報と転職先の業界を的確に捉えて、しっかり判断する必要があります。

思考をアップデートして、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

本気で転職するなら転職エージェントの利用がおすすめです。

無料でプロの見立てを聞けるので利用しない理由がないんですよね。

後悔のない選択をしてほしいと思います。

出戻りは後悔しか生まない理由と対処法まとめ

出戻りは後悔しか生まない理由と対処法まとめ

出戻りはマイナススタート。人間関係もポジションも、元に戻ることは不可能です。

すでに出戻りして公開しているのであれば、もう一度転職してやりなすしか方法はありません。

同じ失敗を繰り返さないように、プロに相談しつつ転職活動を進めてください。

最後におすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめている記事をご紹介します。

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

関連記事:20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

関連記事:30代におすすめの転職サイト・転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

関連記事:文系で未経験のIT業界に転職する際に利用するべき転職サイト

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら