仕事の悩み

【ダメ社長の発言まとめ】頭おかしい社長の特徴3選

・社長の発言に違和感がある

・頭おかしい社長とは働けない

・うちの社長はダメかもしれん

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • ・ダメ社長の発言まとめ
  • ・頭おかしいダメ社長の特徴3選
  • ・ダメ社長の対処法3選
  • ・おすすめのアクションプラン

「うちの社長はダメかもしれん」こういった悩みを放置していると最悪あなたも「ダメ社員」になってしまうかもしれません。

なぜかというと、個人の成長は環境に依存するから。

尊敬できない人の元で働いていても楽しく働けないですよね。

人間関係の悩みは辛いです。。。

ダメ社長に振り回されてストレスが溜まっているのであれば思い切って転職という手段もあり。

面接で社長の性格を見極めて尊敬できる人の元で働くべし。

本気で転職するなら業界No.1のリクルートエージェントがおすすめですが。

とりあえず求人を見てみたいだけならdodaがおすすめです。

dodaは転職サイトと転職エージェントが一体型になったサービスでして。

エージェントは物腰柔らかいので転職を急かしてくることはありません。

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してきてくれるので利用しない理由がないんですよね。

doda公式サイトはこちら

本記事ではダメ社長の発言をまとめつつ、ダメ社長の特徴を3つご紹介します。

あなたの会社の社長が「ダメ社長」かもしれないと思うのであれば転職も検討してみてください。

ダメ社長の発言まとめ

ダメ社長の発言をまとめます。

頭おかしいダメ社長の特徴3選

頭おかしいダメ社長の特徴3選をまとめます。

一方的

ダメ社長は一方的な人が多いです。

なぜかというと、意見を取り入れないから。

ワンマン社長が経営している会社に未来はないです。

ダメ社長が経営している会社の特徴は次の通り。

・成長していない(むしろ衰退)

・従業員の給料が低い

・長時間労働

「なぜ売上が上がらないんだ!」などとツメてくる社長は間違っています。

なぜかというと売上が上がらない理由は経営戦略とマーケティングに影響するから。

あなたの給料は会社の業績に連動しています。

ダメ社長が経営している会社で働いていても給料が上がることはありません。

自分が世界の中心

「自分が世界の中心」だと勘違いしている社長は多いです。

ビジネスの中心はユーザーですよね。

ユーザー中心に物事を考えられない人は終わってます。

ユーザーを中心とした議論をせずに「社長の感情」で戦略を決めている会社は頭おかしいですよ。

・社長の好みで商品を選ぶ

・社長の機嫌が良くなる発言を強要

・社長が納得するプレゼンをする

完全に間違っています。

正しくは次の通り。

・ユーザーの好みで商品を選ぶ

・ユーザーが心地いい情報を発信

・ユーザーが納得するプレゼンをする

「世界の中心は俺」などと思い込んでいる社長はヤバいです。

たいてい無意識でしょうが。

態度に出てます。

人間性に問題がある

・性差別

・モラハラ

・パワハラ

こういったことを平気でやっちゃう社長は頭おかしいです。

なぜかというと、社長は会社の顔だから。

会社の評判が落ちると社外で動きづらくなるのは従業員ですよね。

人間性に問題がある社長は経営戦略にも問題がある場合が多いです。

とはいえ。利益が出てるからといって自分の行動を気にしない社長が多いのも事実でして。

そういった社長は従業員を使い捨ての「コマ」のように扱います。

「自分さえ良ければそれでいい」

ユーザーや従業員を大切にしないダメ社長は終わってます。

ダメ社長の対処法3選

ダメ社長にあたってしまったときの対処法を解説します。

聞き流す

社長の発言は適当に聞き流しましょ。

なぜかというと、内容が薄いから。

中小企業だとしても社長と接する時間って短いですよね。

毎日社長と1時間以上話す人ってそんなに居ないと思います。

仮に1店舗しかない小売店で社長と接点が多く「こいつクソだな」と思うなら転職しましょ。

大して接点が多くもない人のことをいちいち気にしていても時間の無駄です。

現場で裁量権を奪う

現場のことは現場が一番良くわかってます。

現場で裁量権を奪いましょ。

「結果良ければ全て良し」

たいていのダメ社長は「なぜ結果が出たのか」ロジカルに説明できません。

いろいろ口出しはしてくるかもですが。

結果を出している人には強く当たれないものです。

明らかに結果が出にくい指示を出していくる社長がいれば「理由」を聞いてみましょ。

意味不明な答えが返ってきたら無視するか。

転職を検討しましょう。

会社を利用してスキルアップする

ダメ社長のために働く必要はないですよ。

ユーザーのために働きましょ。

お客様が喜んでくれることが一番重要です。

とはいえ。最も重要なことはあなたが気持ちよく働けるかです。

・自己成長につながる経験を積む

・会社の経費で新しいツールの導入

・立場を利用して会いたい人に会う

なんやかんやいっても会社の利用価値は高いです。

僕は3回転職していますが、人脈や経験のおかげで転職先の業績を伸ばすことができています。

「今の会社で働いて得られるものはなにか」ここに焦点を当てると会社の利用価値が見えてくるはずです。

得られるものがなにもないのであれば転職を検討してもいいかもです。

ダメ社長と働く人へおすすめのアクションプラン

ダメ社長と働く人へおすすめのアクションプラン

ダメ社長が経営している会社で働いて、何が得られますか?

ストレス以上のメリットがないのであれば働いていて辛いだけですよね。

会社を利用して得たものを使って何をしますか?

使いみちがないスキルや経験は人生のムダですよ。

「あなたの経験やスキルにどれほどの価値があるのか」答えは転職エージェントが知っています。

まずはあなたの市場価値を確かめるべし。

転職するor転職しないはあとから考えればいいですよ。

選択肢を知ることで「いま何をすべきか」見えてくるもの。

なぜかというと、行動次第で選択肢は変わるから。

本気で転職したいなら求人数No.1のがリクルートエージェントがおすすめ。

エージェントが凄腕のビジネスマンなので確実に内定の確度が上がります。

とりあえず市場価値を確かめたいだけなら業界No.2のdodaがおすすめです。

求人の質も高いですし。エージェントが物腰柔らかいので転職を急かしてくることはありません。

あなたが後悔のない選択をできるように応援しています…!

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら