仕事を辞める

第二新卒がやばい理由と転職で不利にならない方法

・なんだか仕事向いてない気がするな…会社からの指示に納得感がない

・社会人経験1~2年で転職とかやばいかな

・第二新卒でも転職できるんですかね?

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 第二新卒はやばいと言われる理由
  • 第二新卒を採用する企業側のリスク
  • やばい会社はすぐ辞めるべき?
  • 第二新卒でも転職に不利にならない方法

第二新卒は最終学歴から3年以内の社会人のことを指します。

第二新卒がやばいと言われる理由は、当事者意識を持って仕事に取り組むスタンスを身に着けていない場合が多いから。

「主体的に動ける人」「成果にこだわる人」「質のいいプロセスを経験している人」であれば経歴が浅いことは不利になりません。

いってしまうと、大事なことは中身です。

・仕事に取り組むスタンス

・全体を俯瞰して見る経営目線

・PDCAを回して行動できる

上記のようなアピールポイントがあれば経験が多少浅くても問題ありません。

あなたの状況が転職で不利なのか見極める方法は転職エージェントに登録することです。

エージェントから紹介される求人の質で、あなたの市場価値がわかりますからね。

もちろん、応募はしなくてもOK。

リクナビエージェントから紹介される求人に魅力的なものがあれば今の会社と比較してみましょう…!

ちなみにですが、面接で魅力的な回答ができれば「第二新卒だからやばい」と思われることなく内定はでます。

「転職する or 転職しない」は内定が出たあとに考えればOK。

第二新卒にどれだけ市場価値があるのか体感してみると、現在の職場があなたにとって適切な環境か判断できるはずです。比較対象ができますからね。

本記事では、第二新卒でも転職に不利にならない方法を詳しく解説します。

\無料で使える転職エージェント/

20代におすすめの転職エージェントランキングはこちら。

※登録後もお金はかかりません。

第二新卒がやばいと言われる理由

第二新卒がやばいと言われる理由

「第二新卒を採用するのはやばい」そう考えている採用担当者は少なくありません。

なぜかというと、1~2年の社会人経験ではポテンシャルしか測れないから。

中途採用では確実性の高い利益を求めている場合が多いです。

言ってしまうと「あなたを採用することでいくら儲かるのか」が一番気になっています。

第二新卒がやばいと思ってしまう採用担当者の見立てを解説します。

仕事を辞めた判断基準が甘い

仕事を辞めた判断基準が甘い

退職理由は面接で必ず聞かれます。

なぜかというと、理由によっては本人に問題がある可能性があるから。

・仕事に向いていない

・成果が出せない

・仕事を任せてもらえない

上記のような悩みは1~2年で解決できる問題ではありません。

働き始めて日が浅いのに「いきなり大活躍」というわけにはいきませんよね。

誰もが最初は素人同然。

仕事を辞めた判断基準が甘いと「こいつやばいな」と思われる可能性は高いです。

詳しくは、いい会社だけど辞めたい【取るべきたった一つの行動】という記事でも解説しています。ご一読を…!

我慢ができない

我慢ができない

どんなに過酷な状況でも1~2年は耐えられないと大人としてまずいです。

なぜかというと、どんな仕事も我慢する場面は必ずあるから。

「やりたいことをやること」と「やりたくないことをやらないこと」はイコールではありません。

やりたいことのために、やりたくないことを一生懸命こなすことは非常に重要なスタンス。

大学に受かるために一生懸命勉強しましたよね?叶えたい結果のために努力することは普通です。

成果を出すためにやりたくない仕事や作業は必ず発生します。

繰り返しですが、どんな嫌なことでも1~2年我慢できない人は魅力的ではありません。

経験が少ない

経験が少ない

企業が中途採用する理由は会社に利益を出したいからです。

経験が少ない中途社員は利益の期待値が低いことは事実でして。

第二新卒を雇う企業のメリットは最低限の教育が終わっていることくらいです。

「第二新卒だから雇う」理由なんてほぼありません。

大事なことは「あなただから雇う」と相手に思わせること。

第二新卒という状況を不利にしないために中身で勝負できるように転職準備を行いましょう。

第二新卒を採用する企業側のリスク

第二新卒を採用する企業側のリスク

第二新卒を採用する企業側のリスクを知ることで内定の確度は上がります。

なぜかというと、相手の不安を取り除けば「第二新卒フィルター」は外せるから。

企業側のリスクを知って対策を打つことで内定の確度を上げていきましょう。

企業が抱えている不安を詳しく解説します。

またすぐに辞めてしまうのではないか

またすぐに辞めてしまうのではないか

採用してもすぐに辞めてしまうのではないかという不安は拭えません。

なぜかというと、すぐに辞めた実績(過去)があるから。

社会人は過去の実績で評価されるもの。

採用後すぐに会社を辞められたら、採用コストや教育コストが回収できません。

また、会社の成長戦略を修正することになる可能性もあります。

すぐに辞めてしまう懸念がある人の採用は難しいです。

自責より他責

自責より他責

ぶっちゃげ、第二新卒は会社のせいにして仕事を辞める人が多いです。 僕もそうでした。

・毎月100時間の残業

・圧力的でモラルのない業界

・ハラスメントが日常的な職場

上記のような過酷な環境であれば確かに会社に問題があります。

とはいえ。過酷な環境の中でもやってる人はやってます。

当事者意識を持って自分にできることはないか考えて行動できる人は魅力的です。

すべてを会社のせいにして、環境さえ変われば人生が良くなると思っているうちは「ヤバイやつ」扱いされます

即戦力にはならない

即戦力にはならない

第二新卒は即戦力になりません。

なぜかというと経験が浅いから。

逆に、PDCAをしっかり回して主体的に動いた経験を持っていればアピールポイントになります。

再現性の高いプロセスを持っていて、採用後に即結果を出せることをアピールできれば内定の確度は上がります。

やばい会社はすぐ辞めるべき?

やばい会社はすぐ辞めるべき?

悲しいことに「やばい会社」が実在するのは事実でして。

なぜかというと、今の状況に満足している大人が多いから。

従業員がつらい思いをしていても、会社は儲かっているから気にしてない…なんてよくある話です。

「やばい会社」はなかなか体質改善できないのも事実でして。

やばい状況を放置している会社は少なくありません。

「即やめろ」と言いたいところですが、冷静に判断するべし。

詳しく解説します。

転職で解決する問題か

転職で解決する問題か

転職は人生を良くするための手段です。

なぜかというと、転職の目的は明るい未来を実現させることだから。

転職によって得られた環境で、どう働くのか具体的にイメージしましょう。

たとえば「裁量権が欲しいから転職する」という理由であれば考え直してください。

なぜかというと、転職では解決しにくい問題だから。

質の高い経験と納得感のある実績が伴わないと社内で裁量権を得ることは難しいのが現実でして。

経験の浅い人間にいきなり役職を与える会社は怪しすぎます。

逆に、労働環境の改善などは転職で解決することは可能。

・残業が多い

・休日が少ない

・スキルが増えない

上記のような問題を抱えているのであれば転職によって解決できる可能性はあるかと。

転職によって何を改善したいのか明確にするべし。

過酷な労働環境であれば即辞める

過酷な労働環境であれば即辞める

過酷な労働環境は悪です。

なぜかというと、精神的にやられるから。

どうしても耐えられない状況であれば即辞めを検討しましょう。

とはいえ。獲得したい明るい未来のために耐えるという選択肢もあります。

あなたは何を目指していて、何を得たいのか明確にするべし。

リミットを決める

リミットを決める

過酷な労働環境でも得られるものがあるなら耐えるべきです。

とはいえ。リミットは決めておきましょう。

なぜかというと、時間は有限だから。

しょうもない環境でダラダラすごすだけなんて時間がもったいないです。

「3年で辞める」などリミットを決めておけば多少辛くてもゴールに向かって頑張れるはず。

「この会社やばいな」と感じたら期限を決めておくのはありです。

リミットはスキルや能力でもOK。

転職でキャリアアップを目指す人は多いです。

・Aスキルを身に着けたから、転職してBスキルを得られる業界に転職しよう

・営業マンとしてビジネスの基礎は身につけたから、今度はマーケティングを極めたい

リミットを決めることはキャリアプランを描くことです。

詳しくは【秒速で作る方法】キャリアプランが「ない」なんてありえないでも解説しています。

\無料で使える転職エージェント/

20代におすすめの転職エージェントランキングはこちら。

※登録後もお金はかかりません。

第二新卒でも転職に不利にならない方法

第二新卒でも転職に不利にならない方法

第二新卒でも転職で不利にならない最も有効な方法は、あなたの市場価値をあげることです。

「あなたに是非来てほしい」相手にそう思ってもらえれば、経歴なんて関係ありません。

ただし、新卒2~3ヶ月の転職はめちゃめちゃ不利であることは頭に入れておきましょう…!理由は後述します。

絶対に外してはいけないポイントは在職中に転職活動することです。

詳しく解説します。

大事なことは中身

大事なことは中身

転職活動で最も大事なことは中身です。

なぜかというと「あなただから採用したい」と思わせることで入社後に働きやすくなるから。

「第二新卒だから採用した」なんて企業はありませんよ。

ポイントはあなたの魅力を最大限伝える職務経歴書を作ることです。

ただし、職務経歴書を書くためには仕事での経験値を書く必要がありまして。

業界によっては1年くらいで大活躍するサラリーマンもいるかもですが、やはり新卒2~3ヶ月とかだとめちゃめちゃ不利です。

新卒2~3ヶ月での転職は可能ですが、学歴や就職先によってはハードな状況です。

言ってしまうと、転職の前に中身を磨くことを優先すべき人もいます。

職務経歴書を充実させる働き方

職務経歴書を充実させる働き方

職務経歴書はあなたの魅力を企業に伝える最も重要なツールです。

スカウトサービスのビズリーチは職務経歴書に対してスカウトがかかります。

魅力的な職務経歴書を作るためには働き方が重要でして。

職務経歴書を作るときはSTARというフレームワークを使ってください。

  • Situation:どんな環境で
  • Task:どんな任務を持ち
  • Action:自分は何を実行して
  • Result:結果どうだったか

内容が充実していて、なおかつ再現性が高いプロセスと納得感のある結果があれば内定の確度は上がります。

転職すべきか迷ったら、まずは職務経歴書を書くべし。

職務経歴書がかけない!4つの対策という記事で職務経歴書の書き方を詳しく解説しています。ご一読ください…!

在職中に転職活動する

在職中に転職活動する

在職中に転職活動することは鉄則。

なぜかというと、選択肢が増えるから。

エージェントから紹介された求人に魅力を感じないのであれば、今の仕事でPDCAを回して職向経歴書をブラッシュアップさせましょう。

採用は2~3ヶ月のサイクルで行う企業が多いです。コストが掛かりますからね。

言ってしまうと、求人情報は2~3ヶ月で入れ替わります。

転職はいい企業に巡りあることも重要でして。

目の前にある選択肢だけで転職先を決めると、失敗する可能性が出てきます。

普段から情報をキャッチアップして転職に対してしっかりアンテナを張りましょう。

第二新卒は自分の状況を把握するべし

第二新卒は自分の状況を把握するべし

「第二新卒」といっても状況は様々です。

まずは自分の状況を把握しましょう。

・なぜ辞めたいのか

・転職によって何を改善したいのか

・転職先に求めることはなにか

いざ転職となったとき、仕事を選ぶことはできるのか。気になるのであれば転職エージェントに登録しましょう。

あなたの市場価値は採用側が決めます。

「第二新卒だけど転職できるのか不安」であれば相手に聞いてみるのが一番早いです。

エージェントから求人を紹介されても転職しなければいけないわけではありません。

状況を把握して、選択肢を探す。そのあとに、「転職 or 転職しない」を判断すればOK。

選択肢がないと悶々と悩むだけで、何も解決できません。

とにかく選択肢と手段を徹底的に探すべし。

最後におすすめの転職エージェントをまとめておきます。

後悔のない選択ができるように応援しています…!

今回は以上です。

\無料で使える転職エージェント/

20代におすすめの転職エージェントランキングはこちら。

※登録後もお金はかかりません。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。