転職活動

ブラック企業から転職するべき理由と方法3選【洗脳を解け】

・明らかに労働時間が長い

・圧力的な上司に耐えられない

・業界全体が狂っている

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • ブラック企業から転職するべき理由
  • ブラック企業から転職する方法3選
  • ブラック企業経験者が転職で注意するべきこと

結論ブラック企業からは転職するべし。

なぜかというと、人生の消耗が激しいから。

体力・精神・時間を削って得られるものが給料だけなんてむなしすぎます。

毎日上司から「馬鹿野郎!」と罵倒され、朝7時から23時まで働き、関係者は漏れなく威圧的な態度でとにかく怖く、挙げ句の果てに取引先からカツアゲされたのは僕です。

職場は選べるという事実を知っておくだけでも気持ちは楽になるもの。

今すぐ転職する気がなくても、転職サイトだけでも登録するべし。

「選択肢はある」ということだけでも知っておいてください。

本記事ではブラック企業からは転職するべき理由と方法を解説します。

ブラック企業から転職するべき3つの理由

ブラック企業から転職するべき3つの理由

ブラック企業の定義について軽く触れておきます。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

引用:厚生労働省

いってしまうと労働力を使い捨てにする職場はブラック企業と判断していいです。

労働者を家畜のように扱う企業からはそっと離れるのが吉。

詳しく解説します。

長時間労働は悪

長時間労働は悪

長時間労働は悪です。

なぜかというと、時間 = 人生だから。

強制的に長時間拘束されている状況は、まさに命を削られているのと同じこと。

平気で人の時間を奪う行為は最低最悪です。

「会社のために」労働力を捧げても平気な人は確かにいます。

会社のビジョンを成し遂げたいという情熱は悪いことではありません。

とはいえ。労働者の情熱を搾取する行為は企業としてやってはならないこと。

従業員の労働時間を管理して、いつでも十分なパフォーマンスを発揮できるように環境を整えるのがマネジメントです。というか普通です。

長時間労働は確実にパフォーマンスが下がります。普通に疲れますからね。

繰り返しですが、長時間労働は悪です。

圧力的な業界は人格を変える

圧力的な業界は人格を変える

威圧的な環境で働いていると人格が変わります。過去の僕もそうでした。

・ネガティブ思考になる

・情緒不安定になる

・攻撃的になる

威圧的な業界にいると精神的に何かが狂ってくるんですよね。

「最近なにか変だ」と自分自身で気がついていない人はちょっと危険かもです。洗脳されてないですかね?

「なんか最近変わったね」と友人から言われ、恋人とギクシャクしだした時点で会社を辞めるべきでした。過去の僕の話です。

僕は建築業界で地獄を経験しました。

ブラック企業は人生を狂わせます。もちろんプライベートも。

繰り返しですが、圧力的な業界からはそっと離れたほうが吉です。

体に異常が出たら赤信号

体に異常が出たら赤信号

体に異常が出たら赤信号です。

なぜかというと、職場に拒否反応を起こしている証拠だから。

生理的に受けつけないってやつです。

僕は謎に足が臭くなりまして。足の裏に肌荒を発症しました。病院(皮膚科)に言ったら多汗症という病気だと言われまして。原因はストレスによる自律神経の乱れとの診断でした。

体に不調が出たときは「脳がNO」といっている証拠。

「最近ボーっとする」「うまく笑えない」「動悸がする」「判断が悪い」「行動力の低下」もしかしたらストレスが原因かもです。

何か異常を感じたら病院にかかりましょう。

まずは体を大事にしてほしいと思います。

そのあとは転職です。

ブラック企業から転職する方法3選

ブラック企業から転職する方法3選

ブラック企業で働いていたことが転職で不利になることはありません。

なぜかというと、内定を左右するのは「あなたは何が出来るのか」だから。

むしろ、タフな環境でも成果を出せていたのであれば加点です。

過去と比較して「まだまし」という感覚になれますからね。

注意点は面接の時間を確保しにくいことかと。

詳しく解説します。

転職サイトに登録する

転職サイトに登録する

転職サイトは自分で求人に応募するサービスです。

他社にはどんな環境があるのか視野を広げるところから始めましょう。

どんな環境で働きたいか先入観を外して、今の会社と比較しつつ求人を見るべし。

転職サイトはリクナビNEXTで十分です。

無料で利用できますし、網羅的に幅広く求人が揃っているので視野を広げる作業にはもってこいです。

注意点は転職活動をすべて自力で行わなければならないこと。

求めている環境や労働条件がなんとなく見えてきたら、実際の転職活動はエージェントを使います。

転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する

転職エージェントはあなたの転職活動をサポートしてくれます。

無料でプロの見解を聞けるうえに、転職サポートを受けつつ、内定後の給料交渉まで面倒を見てくれるので使わない理由はないんですよね。

特に企業とのやり取りは思った以上に時間を使います。

直接応募で万が一「採用試験とは関係ない部分に不備」があれば内定の確度は下がります。

転職エージェントからの後押しがあれば書類通過の確度も上がりますし、無料なので利用しないのは損です。

エージェントのサポート内容…

  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたにあった仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削&面接対策のサポート
  4. 推薦状付きで応募してくれる
  5. 面接日程を調整してくれる
  6. 内定獲得後の給料交渉をしてくれる

無料でサポートしてくれます!

転職エージェントを利用しない場合は上記をすべて1人で対応することになります。

時間がない中で企業に気配りをしながら転職活動を進めるのはストレスです。

転職エージェントを利用すれば、情報収集や面接対策に集中できますよ。

転職エージェント利用の流れ

  1. 公式サイトから無料で登録
  2. エージェントと面談
  3. 紹介された求人を確認
  4. 職務経歴書の添削(エージェントに相談)
  5. 求人へ応募
  6. 面接対策(エージェントに相談)
  7. 企業との面接
  8. 内定後エージェント経由で給料交渉と入社日の調整

※求人に納得できな場合は無理に応募する必要はありません。内定を断ることも可能です。

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

ちなみにですが、登録したからといって無理に応募する必要はありません。

転職先を決めてから辞める

転職先を決めてから辞める

今すぐ会社から離れたいかもですが、転職先を決めてから退職することをおすすめします。

なぜかというと、退職の決意が固くなるから。

ブラック企業は常識が通用しない人たちが多いです。

「損害賠償」だの「辞めさせねーぞ」だの、最後の最後まで圧力をかけてくるケースもあります。

次の転職先が決まっていればあなたも強気で戦えるはずです。

退職しないと転職できないですからね。

在職中の転職活動は普通です。

転職に焦りは禁物。

2度と失敗しないように慎重に転職先を選んでほしいと思います…!

ブラック企業から転職したい人へ

ブラック企業から転職したい人へ

仕事は無限にあります。

どこを選ぶかだけです。

「スキルがないから選べる立場ではない」という人もいるかもですが、そんなことはないです。

僕は3回転職しましたが、少しづつ環境のいいところに異動しつつスキルを伸ばしてきました。

転職で得られるものは環境です。

環境が変われば働き方も変わりますし、スキルも伸びます。

専門性が高くなるほど選べる環境が増えるのも事実です。

いまは、選べる仕事が少なくても将来的に市場価値が上がる働き方をしていけば、いずれ天職を見つけることが出来るはずです。

まずは質の悪いレベルが低い環境から脱出するべし。

後悔のない選択をしてほしいと思います。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

30代におすすめの転職エージェント

【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら