仕事の悩み

考えがまとまらない言葉が出てこない理由と対処法3選

・考えがまとまらない

・言葉が出てこない

・言いたいことが相手に伝わらない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 考えがまとまらない理由3選
  • 言葉が出てこない理由3選
  • 考えがまとまらない対処法3選
  • 言葉が出てこない対処法3選
  • 考えがまとまらない、言葉が出てこないときのアクションプラン

考えがまとまらず、とっさに言葉が出てこないと仕事に支障をきたします。

言いたいことが相手に伝わらない状況って辛いですよね。

実は、コミュニケーションはスキルです。

練習して経験して場数を踏んで上達するもの。

コミュニケーションに自身がないひとはコミュトレなど専門のスクールに通うという手段もあります。

とはいえ。上司や職場など特定の場面だけ「考えがまとまらず言葉が出てこない」状況であれば環境を疑うことも忘れないでください。

ストレスフルな状況だと、あなたのコミュ力に関係なく会話が難しくなってしまうのは事実です。

本記事では考えがまとまらず言葉が出てこないときの理由と対処法を解説します。

考えがまとまらない理由3選

考えがまとまらない理由を解説します。

経験不足

考えがまとまらない最も大きな理由は経験不足です。

なぜかというと、未来を予想する材料が少ないから。

過去に失敗した経験が多いほど、リスクヘッジは上手になります。

成功体験が多いほど、説得力が増すのも事実ですよね。

とはいえ。誰でも最初から経験値を持っているわけではありません。

失敗することもありますよ。ノーミスで生きていくのは無理ゲーです。

「失敗してもいい」と考えて「馬鹿なふり」して開き直ることも必要ですよ。

文脈や背景が複雑すぎる

考えがまとまらない理由は文脈や背景が複雑過ぎることです。

なぜかというと、仕事では配慮する相手が多いから。

Xプランで進めたい

A部長:OK

B部長:NG

サラリーマンあるあるですよね。

AさんもBさんも納得する答えをだそうとすると「あなたが納得できない」ということもありえます。

全員が納得する答えを探すと矛盾が発生して「考えがまとまらない」という状況はサラリーマンあるあるです。

最終的には一番偉い人の意見で動くことになるとは思いますので、決裁者(意思決定者)の考えに寄せていくという手段はあり。

ストレス

ストレスが原因で考えがまとまらない可能性は大いにありえます。

なぜかというと、ストレスが多いと自律神経がダメージを受けるから。

・単純に上司が怖い

・失敗するとアホほど怒られる

・ノルマをツメられる

ネガティブな未来に脳が拒絶反応を起こすと思考停止します。

こういった悩みを放置すると最悪「鬱」になりかねません。

転職という選択肢も持っておくべし。

なぜかというと、行動次第で選択肢は変わるから。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめですが。

とりあえず選択肢を見てみたいということであれば業界No.2のdodaがおすすめ。

dodaであれば転職する気がなくても利用可能。

担当者が物腰柔らかいので催促されることもありません。

転職するor転職しないはあとから考えればいいですよ。

とはいえ。上司は選べないのも事実でして。

選択肢として転職を持っておくのは「いいこと」ですが、最低限どこの職場でも通用するコミュニケーションスキルは身につけておいたほうがいいですよ。

言葉が出てこない理由3選

言葉が出てこない理由を解説します。

練習不足

言葉が出てこない理由は単純に練習不足です。

なぜかというと、発言はスキルだから。

最初からキレキレのコミュ力を持った人なんていません。

・台本を書く

・上司への報告前に後輩に説明する

・能無で報告相手と会話する

不測の事態も起こるかもですが、事前に練習しているか練習していないかで結果は大きく変わります。

想像不足

言葉が出てこない人は相手の気持ちを想像することに欠けている場合が多いです。

なぜかというと、受け取り手によって話し方や内容は変えるべきだから。

TOPSによって言葉を選ぶべし。

TPOSとはTime(時),Place(場所),Occasion(場合),life Style(生活様式)のこと。

場面を想定しましょ。

とくに仕事のスタイルは人によって様々です。

「Aと発言したとき、どんな反応をするか」相手の気持ちを考えましょ。

相手の気持ちを考えるコツは「よく観察すること」。

相手の過去の行動を振り返って、仮設を立てて動くべし。

サンプルの数が少ない

言葉が出てこない人は圧倒的にサンプルの数が少ない傾向にあります。

なぜかというと、あなたの言葉は「他人の言葉」でできているから。

誰かの口癖がうつってしまった経験はありますよね?

・言葉が上手なYouTuberを見まくる

・同僚との雑談を増やす

・本を読む

言葉の在庫を増やして「いざ」というときに備えるべし。

考えがまとまらない対処法3選

考えがまとまらないときの対処法を解説します。

ファクトに焦点をあてる

考えがまとまらないときは、事実に焦点を当てましょう。

なぜかというと、ムダとムラを排除できるから。

ネガティブな未来を想像して考えがまとまらないとかムダですよ。

相手の気持ちに左右され続けると「人によって」説得力にムラが出てしまいます。

とにかく事実に焦点をあてること。

考えがまとまらないときはファクトを書き出すことから始めましょ。

気持ちは一切排除します。

MECE(モレなく、ダブりなく)思いつく限りの事実を書き出すべし。

大きく分ける

ファクトを書き出したら部類しましょ。

MECE(モレなく、ダブりなく)事実を書き出したら2つ(または3~4つ)に大きく分けてみましょう。

・ネガティブかポジティブか

・売上のことか利益のことか

・商品のことかマーケティングか

切り口は何でも構いません。

事実はお互いに相関関係にあるかもですが、思考を深めるときは1つづつ集中して考えることがポイントです。

上司への報告も然り。

「報告が2つあります」「この提案のポイントは3つです」etc…

大きく分けるとわかりやすいです。

「分けると解る」という概念をつかいましょ。

ロジックツリー

ロジックツリーはビジネスシーンでよく見かけますよね。

なぜかというと、わかりやすいから。

こういうやつです。

・理由を深堀りするWHYツリー

・ファクトを深堀りするWHATツリー

使い方は様々ですが、簡単にいうと深堀りするということです。

ファクトに焦点を当てると下記のような使い方もできます。

考えがまとまらないときは深堀りして情報を整理していきましょ。

言葉が出てこない対処法3選

言葉が出てこないときの対処法を解説します。

真似する

トークが上手な人っていますよね。

とにかく真似しましょ。

学ぶの語源は「真似る」とも言われています。

守破離という言葉もあるくらいです。

上手な人を真似する → 自分のモノにする → オリジナル性を出す

まずは徹底的に真似することから始めましょ。

対象はYouTubeでもテレビでも友人でも上司でもOK。

上司のトークを真似すると「同調している=尊敬している」と勘違いされるため評価もあがりやすいです。

同調する

言葉が出てこないときは周囲に同調しましょう。

なぜかというと、深堀りされることがないから。

・同意見です

・おっしゃるとおりですね

・付け加えると〇〇という事実もあります

仮に怒られている場面でも使える手法です。

なんでできないんだ!

おっしゃるとおりです。すみません。

同調さえしとけば、なんとかなります。

キラーフレーズを持っておく

キラーフレーズはどんどん増やしていきましょ。

なぜかというと、言葉は使い回しができるから。

・わからないことがあったら「確認します」

・怒られているときは「申し訳ありません」

・意見を求められたら「おっしゃるとおりだと思います」

言葉の在庫は見てきたサンプルの数に依存します。

実際に誰かと話してもいいですし、YouTubeもおすすめです。

考えがまとまらない、言葉が出てこないときのアクションプラン

「考えがまとまらない」「どれだけ練習しても言葉が出てこない」こういった悩みを放置すると最悪「鬱」になりかねません。

人間関係の悩みって本当に辛いですよね。

結論は2つ。

・やっぱり練習する

・会話が少ない環境を選ぶ

やっぱり練習するならコミュトレに通ってもいいですし、修行と思って職場で鍛えましょ。

最低限のコミュニケーションは、やはり必要ですからね。

会話が少ない環境を選ぶなら転職しかないです。

「上司が怖すぎてまともに会話ができない」という状況であれば転職で解決できるかもしれません。過去の僕もそうでした。

とりあえず選択肢を確認するところから始めましょ。

転職するor転職しないはあとから考えればいいだけですよ。

とりあえず選択肢を知りたいのであれば業界No.2のdodaがおすすめ。

まとめると「練習する→それでもだめなら環境を疑う」です。

あなたが後悔のない人生を送れることを応援しています…!

今回は以上です。

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...
【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...
【3回の転職でわかった】30代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!企業が30代の中途採用に求めているものは間違いなく即戦力です。再現性の高い経験は必ず求められることを自覚しましょう。また転職に求めることの違いで転職エージェントを複数使い分ける必要があります。本記事では30代の転職におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介します。...

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら