仕事の悩み

【年収500万円は難しい】中小企業で目指す方法3選

・年収が500万円を超えそうにない

・目指したいが難しい気がする

・目指せる職業を知りたい

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次の通りです。

  • 年収500万円が難しい理由
  • 年収500万円を目指せる職業3選
  • 年収500万円を目指せる業界3選
  • 中小企業で年収500万円を目指す方法
  • 年収500万円は勝ち組

dodaの平均年収ランキング調査によると全国の平均年収は409万円。

最も多い関東男性の平均年収でも478万円。

35歳男性の平均年収は501万円ですが、どう考えても高所得の人が数字を引き上げているようにしか思えません。

福岡県で6年営業マンを経験して、4年間EC業界に身をおいた僕の肌感ですが、地方で年収500万円を超えてたら勝ち組です。

これが現実ですよ。まじで辛いですよね。

年収を決める要素は次の3つです。

  1. 業界
  2. 職種
  3. 役職

収益性の高い業界で、専門性が高い職種の役職者は年収が高い傾向にあります。

ぶっちゃげ業界を変えるだけでも年収はかわります。

「転職で年収が上がるわけない」と思っている人もいるかもですが。

僕は転職で年収300万円→年収400万円に上がりました。

とはいえ。年収500万円の壁はやはり高いです。

転職して年収を上げたい人はdodaに相談しましょ。

求人票を見れば年収500万円のオファーはどんな能力が求められるのか一撃で判明しますからね。

転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。

doda公式サイトはこちら

本記事では年収500万円が難しい理由と目指せる職業を解説します。

年収500万円が難しい理由

年収500万円が難しい理由

年収500万円は難しいです。

特に地方で中小企業とかだと無理ゲーです。

なぜかというと、年収500万円になるための条件は曖昧だから。

企業によっては給与テーブルが用意されているかもですが、そのランクに求めている能力まで明確にしている企業は少ないのが現実です。

元も子もないですが「どうやったら年収500万円を超えることができるのか」明確な条件は会社に聞いたほうが早いです。きっと明確な答えは返ってきませんが。

結論。業界と企業の体質しだいなんですよね。

従業員の給与は企業にとってコストでしかありません。

コストはできるだけ抑えるのが常識ですよね。

では従業員に「いくらコストを掛ける」ことができるか?

繰り返しですが、企業の年収基準によって大きく変わります。

あなたの上司が年収500万円なら、同じポジションで同じ成果を出す以外目指す方法はないんですよね。

年収500万円を目指せる職業3選

dodaの調査にもとづいて年収500万円を目指せる職業を解説します。

やはり、専門職が目立ちますね。

コンサル

コンサルティングファームの20代平均年収は497万円。30代で652万円です。

コンサルはハードワークですが、その分年収も高い傾向にあります。

とはいえ。実際はピンキリでして。

ECコンサル/ITコンサルとかだと企業によっては労働条件がホワイト企業並みで平均年収は高い傾向にあります。

企画/管理系

企画/管理系の20代男性の平均年収は395万円。30代で523万円です。

内部監査や法務、経営企画/事業計画など経営のコアな部分を担う仕事が多いです。

とはいえ。専門知識と実務経験が必要ですので転職して目指すのは難しいです。

エンジニア

エンジニアは年収がピンキリですが。

実は副業の案件が山程あります。

クラウドワークスなどで受注し、副収入を得ている人はかなり多いかと。

 TechAcademy [テックアカデミー]などで勉強してキャリアチェンジする人も多く、これから更に人気が出る職業なのは間違いありません。

確実に需要が増える職業なので供給とのバランスで年収は上がり続けています。

食いっぱぐれはないです。

年収500万円を目指せる業界3選

年収500万円を目指せる業界を解説します。

メーカー

メーカーは財務が安定しているため年功序列がいまだに存在します。

30代~40代で年収500万円を狙っていくイメージですね。

メーカーの中でも収益性が高いジャンルは次の通り。

  • 電子系(キャノンなど)
  • 電機系(パナソニック電工など)
  • 家電系(シャープなど)

30代で役職が付けば年収500万円は十分狙えます。

金融

金融系は年収が高いです。

投資系や証券会社はもちろんですが、銀行も未だに高水準です。

最近では金融系もIT化が進められているため、金融のプロ以外のポジションも誕生しつつあります。

WEB集客や社内のITインフラなどが得意であればdodaでポジションを探してみるのはありかと。

IT系/WEB系

IT系の平均年収は低いです。

とはいえ。副業でプラスアルファの収入を狙うこともできます。

ITやWEB業界は人手不足も懸念されているため需要は確実に伸びます。

本業で得たスキルを活かして副収入を得る人はかなり増えています。

中小企業で年収500万円を目指す方法

中小企業で年収500万円を目指す方法

中小企業で年収500万円を狙う方法を解説します。

上司の給料を調べる

上司が年収500万円を超えていなければ絶望的です。

なぜかというと、会社が年収500万円を与える体質ではないから。

あなたの未来の姿は上司です。

未来のあなたが上司の年収を超える可能性は限りなく低いのは事実です。

役職を取りに行く

中小企業のプレーヤーで年収500万円を超えるためには役職を取りに行くのが早いです。

なぜかというと、マネジメント能力は市場価値が高いから。

転職市場では役職者、マネージャーの年収は高いのは事実でして。

会社としては戦力を失いたくはないですし、給料交渉もしやすいです。

Aさん:個人の利益を1億にする

Bさん:部署の利益を5億にする

より大きな利益を残せるのはやはりマネージャーです。

より多くの利益を会社に残してに年収アップを狙うべし。

仮に部長にでもなっておけば転職市場での価値はかなり高くなります。

転職する

繰り返しですが、年収は業界や企業の体質によって変わります。

なぜかというと、1人あたりの生産性が高いほど利益が残るから。

ホテル業界:男性平均年収370万円

ITコンサルティング:男性平均年収524万円

参考:doda

業界によって平均年収が違うのは利益率の差です。

また企業や役職によっても年収は大きく変わります。

ホテル業界の平均年収は370万円ですが。僕の福岡の友人のホテルマン(33歳男性)の年収は280万円です。

転職によって年収が上る人はいますよ。

こういった情報は実際に求人を見てみることをおすすめします。

本気で転職したいなら求人数No.1のがリクルートエージェントおすすめですが。

とりあえず選択肢を見てみたいのであれば業界No.2のdodaがおすすめです。

地方なら年収500万円は勝ち組

地方なら年収500万円は勝ち組

地方なら、年収500万円は勝ち組です。

なぜかというと、ポテンシャルだけでは超えることができないから。

努力して結果を残した証拠かと。

利益率の高い業界は人気なので倍率が高く、転職も大変ですからね。

とはいえ。将来的に年収を上げるために、一時的に年収を下げてでも利益率の高い業界に転職するのはあり。

計画的に経験値を積んでいけば年収500万円は十分狙えます。

地方なら年収500万円あれば余裕で1軒家が買えますよ。

30歳を過ぎると転職先の選択肢が年々減っていくのは事実でして。

定期的に選択肢を確認して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職したいなら求人数No.1のがリクルートエージェントおすすめですが。

とりあえず選択肢を見てみたいのであれば業界No.2のdodaがおすすめです。

無料で「プロ」があなたにマッチした求人を探してくれるので利用しない理由がないんですよね。

dodaはエージェントが物腰柔らかいので催促されることはありません。

転職するor転職しないはあとから考えればいいですよ。

無料でdodaに相談する(公式サイトはこちら)

あなたが後悔のない選択をできるように応援しています。

今回は以上です。

「ストレスが多く、将来が不安。本当にこのままこの会社にいていいのか。」こういった悩みを放置すると心身ともに疲弊して最悪「鬱」になりかねません。仕事のストレスって本当に辛いですよね。。。

少しでも現状に違和感を感じているのであれば「転職という選択肢」を持っておくべし。「転職という手段を持つ」ことで「今やるべきことが見えてくる」ものです。なぜかというと、行動しだいで選択肢は変化するから。現実問題として30歳を過ぎると年々選択肢は減る一方です。定期的にキャリア設計を見直して将来の不安を減らしましょ。

本気で転職するなら求人数No.1のリクルートエージェントがおすすめ。リクルートのビジネスマンは優秀なので確実に内定の確度が上がります。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイト

とりあえず、選択肢が知りたいのであれが業界No.2のdodaがおすすめ。求人の質も高く、担当が物腰柔らかいので催促されることはありません。

dodaあれば転職する気がなくても利用可能。転職するor転職しないはあとから考えればOKですよ。無料であなたにマッチした求人を「プロ」が教えてくれるので利用しない理由がないんですよね。

>>dodaの公式サイトはこちら

\無料でdodaに相談する/

doda公式サイトはこちら