仕事の悩み

仕事で怒られてばかりの20代が取るべき行動3選 【思考停止は火に油】

・仕事で怒られてばかりでつらい

・上司や同僚から馬鹿にされて悲しい

・怒られるのが怖くて上司に相談できない

上記の悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 仕事で怒られる理由
  • 仕事で怒られてばかりの20代が取るべき行動3選

今年33歳になる僕も20代は怒られてばかりでした。

怒られるのが怖くて上司に相談できない…いまでも多少のトラウマ感があります。笑

仕事で怒られるとつらいですよね。

新人時代は誰もが怒られるという経験をするもの。

20代で3回転職してわかったのですが、怒られる原因は仕事へのスタンスと環境に依存します。

・仲間意識が低い

・当事者意識が低い

・社会人として適切な立ち振舞ができていない

上記のような状態だと怒られやすいです。

とはいえ。仲間意識を持って主体的に動きつつ適切に立ち振る舞っても、怒られる場合があります。

なぜかというと、あなたの職場がそういう文化だから。

実は、どんなにミスしても怒られない職場があるのも事実でして。

ただの文化の違いです。

怒られることで仕事が出来るようになるなら、全員が同じ成果を出せるはずですが、現実問題そうではないですよね。

実は「怒り方」も「怒る頻度」も職場や上司の教育方針によって全く違います。

本記事では仕事で怒られる理由と仕事で怒られてばかりの20代が取るべき行動を経験を元に解説します。

仕事で怒られる理由

仕事で怒られる理由

理由もなく理不尽に怒られるなんて溜まったもんじゃないですよね。

なぜかというと、理由がわからないと成長ができないから。

振り返って行動を修正して成果を出す過程で人は成長します。

まずは、怒られた原因を知り対策を講じるべし。

詳しく解説します。

マナーやルールを守れていない

マナーやルールを守れていない

社会人としてのルールやマナーが守られていないときは激しく怒られることがあります。

なぜかというと、仕事は人間関係が大切だから。

・言葉遣い

・態度

・尊敬の念

1つでも欠けていたらトラブルに発展しかねません。

過去の僕も、言葉遣いはかなり注意されましたし、態度に関しても相手が不快に思うような行為は徹底的に正されました。

・ポケットに手を入れたまま話さない

・丁寧な言葉づかいで謙虚な態度で会話する

・目上の人に話しかけられたら席を立って近づく

当然っちゃ当然なんですが、やるとなると難しい人もいます。過去の僕もそうでした。

ルールやマナーに関してはどこの職場も共通なので慣れるまで繰り返し気を配るしかありません。

仕事の品質が基準を満たしていない

仕事の品質が基準を満たしていない

仕事の品質が基準を満たしていないと注意されます。

なぜかというと、あなたの仕事を元に他人が動くから。

例えば取引先に中途半端なプレゼン資料を提出すれば会社の顔に泥を塗る事になります。

取引先からしてみれば、あなたは会社の代表です。

あなたの意見は会社の意見と捉えられるため、レベルが低い仕事をしていると取引先になめられます。

最低限の品質をクリアすることは大切。

プラスアルファでオリジナルの魅力が詰まった仕事をできるようになると怒られる頻度は減っていきます。

怒る文化の職場

怒る文化の職場

元も子もないのですが、怒る文化の職場にいる限り永遠に怒られ続けます。

なぜかというと、経営は命がけだから。

たとえば、営業マンとして取引先と折衝するのであれば、売上低下は会社存続の危機です。

命の危機に対して感情的になることは当然かと。

「大問題に発展する前に緊張感と恐怖を刷り込みするべきだ」というスタンスの会社が多いのは事実でして。

とはいえ。それって文化や価値観ですよね。

逆に「怒るよりも丁寧に説明して行動を修正したほうが効率的に生産性が上がる」と考えている会社もあります。

たとえば、チャレンジ精神の強いベンチャー気質の会社は失敗したことよりも挑戦したことを褒める文化があったりします。

IT系やWEB系だとチャレンジを褒める文化は多いかと。

とはいえ。怒られるか怒られないか、は組織の文化に依存するので割とガチャ要素もあり運ゲーだったりします。

仕事で怒られてばかりの20代が取るべき行動3選

仕事で怒られてばかりの20代が取るべき行動3選

仕事で怒られてばかりの20代は成長機会と捉えるべし。

なぜかというと、期待してない人には怒らないから。

「こいつはだめだ」と諦めてる人は適当にあしらわれて終わりです。

確かに怒られるとつらいですが、できないことができるようになることが成長でして。

冷静に状況を俯瞰したほうがいいかもです。

詳しく解説します。

同じ過ちを繰り返さない

同じ過ちを繰り返さない

同じ過ちを繰り返さないことは大切。

なぜかというと、また怒られるから。

「この前も言ったよね」みたいな説教ほどつらいものはありません。 自己嫌悪に陥りますからね。

同じ失敗を繰り返していると「こいつ成長してないな」という印象を与えることになります。

失敗したら、2度と同じ過ちを繰り返さないと誓いましょう。

報告・連絡・相談が最強

報告・連絡・相談が最強

報告・連絡・相談は最強です。

なぜかというと、事前に上司の思考を取り入れて行動できるから。

上司の思考に基づいて行動するので、失敗しても上司のせいです。

注意点は「確かに指示したけど、それで良しとしたのはお前だよね」などと説教される可能性があることかと。

相談のポイントは自分の意見も用意すること。

事前に2~3個選択肢を用意して「僕はこう思いますが、どう思いますか?」といった感じで、自分の意見を混ぜながら相談するべし。

相手の印象は「こいつはよく考えて喋っている」です。

繰り返しですが、報告・連絡・相談は最強です。

上司の思考を先回りする

上司の思考を先回りする

報告・連絡・相談を繰り返していくうちに上司の思考のクセが何となく見えてくるもの。

上司の思考を先回りして相談を用意すると相手は気持ちよく意見を言うことができます。

これは、営業マンにも言えることでして。取引先が望む答えを先回りして思考し続けると売上は伸びます。

ユーザーの気持ちを読む行為はマーケティングにおいも基本であり奥義です。

余談ですが。Googleの会議室には誰も座らない椅子があるらしいです。その椅子はユーザーの椅子。

議題について答えが出ないときはユーザーに聞く(気持ちを想像する)ことを行うそうです。

上司の思考を先回りしつづければ確実に成長します。

僕がブラック企業から上場企業に転職できた理由も正にこれだと思っています。

仕事で怒られてばかりの20代ヘ

仕事で怒られてばかりの20代ヘ

ぶっちゃげ、相談できないほど上司が怖いのであれば転職もありです。

なぜかというと、仕事が成立しないから。

怯えながら働くなんてつらすぎます。過去の僕もそうでした。

仕事で100%のパフォーマンスを発揮できないとストレスは溜まる一方。

「このままじゃ嫌だ」「もっと活躍したい」と考えている向上心の強いあなたなら、転職先でも十分活躍できるはずです。

恐怖政治が強い職場は精神的にしんどいのは事実でして。

ある程度最低限のマナーやルール、上司(ユーザー)の思考を先回りして考えるクセがついたら転職して人間関係をリセットするのはあり。

20代であればキャリアチェンジも難しくありません。

転職する気がなくても、転職先としてどんな企業があるのか選択肢を確認するだけでも価値はあります。

転職という選択肢をもっているといい意味で開き直れますからね。

転職を検討するなら上記大手3社に登録しておけばまず間違いありません。

無料で利用できますし、各社非公開の独占求人を持っているため利用価値が高いです。内定の確度も確実に上がります。

確かに転職は面倒です。とはいえ。「本来のパフォーマンスを十分発揮できない」「上司に気を使いすぎて成果が伸びない」状況に悔しい気持ちを感じる向上心の強いあなたなら、もっといい職場が見つかるかもです。

「どうせ自分なんて大した転職先は期待できない」なんて蔑む必要はありません。意外といい求人を紹介してらえるので驚きますよ。過去の僕もそうでした。

転職エージェントを利用するメリットは将来の選択肢が増えること。自ら選択肢を捨てるなんて損です。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント…

・『リクルートエージェント』

特徴:業界No.1。求人数は圧倒的。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

・『doda』

特徴:求人の質、サポートともにトップクラス。

公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』

特徴:良質な中小企業求人が豊富。IT系にも強い。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【20代限定】

・『マイナビジョブ20’s』

特徴:マイナビが運営する20代・第二新卒専門の転職エージェント。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

・『ウズキャリ』

特徴:1人あたり約20時間のサポート。個別に面接対策をカスタマイズ。IT/WEB系に強く未経験案件も豊富。

公式サイト:https://uzuz.jp/

【年収600万円以上のハイクラス】

・JACリクルートメント

特徴:質の高いハイクラス求人が豊富。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

転職成功者は平均4.2社の転職サイトや転職エージェントを利用しているというリクルートのデータもあります。

※登録したからといって無理に応募する必要はありません。

各社非公開求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録したほうがいいです。単純に選択肢が増えますからね。

とはいえ。とりあえず1社に絞るならリクルートエージェントです。

業界No.1なので使わない理由がないんですよね。

\無料でリクルートに相談する/

リクルート公式サイトはこちら

※登録後もお金は一切かかりません。

状況ごとにおすすめの転職エージェントは下記記事でも解説しています。ご一読ください…!

未経験のIT転職におすすめの転職エージェント

【リアル体験談】文系が未経験のIT業界に転職!おすすめの転職サイト・転職エージェント3選文系が未経験のIT業界に転職する方法を解説します。実際に利用したおすすめの転職サイト・転職エージェント3選も解説。...

20代におすすめの転職エージェント

【20代限定】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント6選【ランキング形式で解説】初めての転職であれば、転職エージェントを使うべし。無料でプロの見解が聞けるため利用しないのは損です。本記事では20代におすすめの転職エージェントと転職で抑えておくべきポイントを解説します。...

あなたの転職活動を応援しています…!

今回は以上です。

kindle unlimited

月額980円でいつでもどこでも本読み放題。ビジネス書や小説、雑誌など幅広いジャンルを好きなだけ楽しめます。

30日間無料でkindle unlimitedを体験することがができます。無料体験中に解約すればお金はかかりません。解約は3ステップで完了するので安心です。

  • いつでもどこでも「ビジネス本」が読み放題
  • スマホやタブレット、PCなどお好きな端末から読める

 

\かんたん1分で登録完了/

kindle unlimited30日間無料体験を始める

※30日以内に解約すればお金は一切かかりません。